NTTフレッツ光の契約、光コラボレーションとの比較

光回線

光回線は、どこがいいのか?

光回線の全国エリアは、NTTフレッツ光です。

NTTフレッツ光は、東西NTTが運営しているインターネット回線です。

超高速NURO光やauひかりなどはエリアがまだまだ全国ではありません。

高速インターネットの契約を考えているが、住んでいるところには、NTTフレッツしかない!という場合がまだまだあります。

NTTフレッツ光回線を利用した光コラボレーションがあります。

フレッツ光回線の本家NTTから光回線を借り受けて、プロバイダーなどが付加価値をつけて再販売している光回線です。

本家のNTTフレッツ光よりも料金的に安くなっています。

光回線の契約では、一般家庭では、プロバイダなどが代理販売をしている光コラボレーションが、主流になってきました

光コラボレーションは、プロバイダが行っている場合が多いので、プロバイダ料金が基本料金に含まれていて安くなっています。

光回線そのものは、NTTのフレッツ光を利用しているので通信品質は同じものです。

NTTフレッツ光と光コラボレーションの比較

NTTフレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本という二つの会社がそれぞれ独自に運営しているので、料金やサービスに違いがあります。

それぞれに料金、サービス面で多少の違いがありますが、だいたい同じものとして、光コラボレーションとの比較を見てみます。

NTTフレッツ光の契約ではプロバイダ契約の料金が途必要

NTTフレッツ光の契約内容は、光回線そのもののだけで、インターネットにつなげるためのプロバイダが別に必要です。

NTTフレッツ光の契約料金、プロバイダ料金とが必要で割高になります

光コラボレーションの場合はプロバイダ料金コミコミ

料金面では、光コラボレーションの方が、プロバイダ料金が光回線の料金と1本で割安です。

料金的には安く、光回線そのものもフレッツ光と同じものですから、光回線をNTTから直接契約するメリットが、あまりなくなっています。

NTTフレッツ光のメリット・プロバイダを自由に選べる

光回線の契約で、NTTフレッツ光を直接契約するメリットは、プロバイダを随時変更できるところです。

NTTフレッツ光の速度は、1Gbpsと高速な光ファイバー網です。

しかし、インターネットにつなげるプロバイダの部分で、夜間の回線速度が遅くなるという傾向としてあります。

多くの人が一度にネットにつながる時間帯で回線が混み合うと遅くなります。

地域別の人口や、利用者の多い時間帯によって、ネットの速度が、まちまちになります。

混み合う夜間帯にデータ速度1Mbpsを切ってしまう

人口密集地で、夜間帯での速度が、1Mbpsを下回るというプロバイダもざらにあります。

1Mbpsの速度程度では、なんとかYouTubeなどの動画は見ることができます。

しかし、遅いネット回線ということになります。

NTTフレッツ光ならプロバイダ変更が可能だが割高

NTTフレッツ光を使っていて、夜間帯などデータ速度で不満がある場合は、プロバイダを変更すると、速くなる場合があります。

高速なデータ通信を保証しているプロバイダがあるからです。

しかし、高速データ通信を保証しているプロバイダは、料金が高い傾向があります。

光回線契約で、NTTフレッツ光の料金、高速プロバイダ料金と、合計で考えると、NURO光やauひかりなど他社の高速インターネット光回線の方がお得です。

NTTフレッツ光を契約する意味としては、エリア的にNTTフレッツ光しかない場合です。

また、事業所などで、光固定電話を2回線以上必要な場合です。

それ以外は、NURO光などの高速ネット回線に乗り換える方がお得です

NTTフレッツ光の料金

料金は、NTT東日本とNTT西日本で違います。サービスコースもいろいろあるので代表的な料金だけ掲載します。

  • NTT東日本・・・戸建てタイプ6270円(税込)、マンションタイプ4785円(税込)
  • NTT西日本・・・戸建てタイプ5940円(税込)、マンションタイプ4950円(税込)

月額基本料金から、「光もっともっと割」「ギガ推し割引」などの2年契約での条件で各種割引があります。

割り引制度には、契約期間中に解約すると高額な解約金が必要になります

他社の光回線の契約内容でも割引期間の解約金制度はあります。

NTTフレッツ光ではプロバイダが別途必要

繰りかえしになりますが、NTTフレッツ光の場合は、光回線の契約だけでは、インターネト回線を利用することができません。

光回線の料金と、プロバイダの料金と必要になります。

最安値のプロバイダは、BB.exciteです。

月額550円です。

【BB.excite】フレッツ光

BB.exciteは、昼間のネット回線速度は十分でますが、夜間は速度が遅くなる傾向があります。

BB.exciteが、プロバイダとして特に速度が遅いというわけではないのですが、夜間にデータ速度が落ちる傾向は、他社のどのプロバイダも似たようなものです。

そのほか高速なプロバイダはこちらにあります。

これ以上に高速なものが必要な人は、NURO光やauひかりなどの高速ネット回線にすることをおすすめします。

NTTフレッツ光の申し込み先

NTTフレッツ光の申し込みは、代理店経由の光回線契約の方が、キャッシュバックなど特典があり、お得です。

NTTフレッツ光・NTT東日本、NTT西日本
フレッツ光

 

キャンペーンでの特典が多いところです。

キャッシュバックや月額割引きキャンペーンなどがあり。

フレッツ光

 

 

まとめ

光回線で、NTTフレッツ光の概要を見てきました。

光コラボレーションが誕生したので、NTTフレッツ光をNTT本家自身が販売するのが減っていく傾向があります。

NTTフレッツ光の最大のメリットは、エリアが全国展開されていて、日本国内のほとんどのところで光回線を契約ができるという点です。

高速の光回線では、auひかり、NURO光などエリア的にまだまだ全国展開に至っていません。

NTTフレッツ光の場合は、全国がエリアで、他社のエリア外でもインターネット契約が可能になります。

光コラボレーションも光回線自体は、NTTフレッツ光です。

ですから、エリアの問題や、通信料金など、何を優先するかで、インターネット光回線を比較してインターネット契約すればいいかということになります。

エリア内であればNURO光が超高速でおススメです。

NURO光2GB超高速5217円、softbankスマホおうち割引10回線までOK
NURO光

 

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の超高速インターネット回線のNURO 光です。

  • NURO 光は超高速の下り最大2Gpbs
  • 月額5217円の安さ
  • キャッシュバクあり
  • 超高速無線LANとアンチウイルスソフト(Kaspersky)を無料提供
  • ネットにつなげる全部コミ→回線料・プロバイダー料・Wifi・アンチウィルスソフト

NURO光のエリア

  • 【関東】東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城
  • 【東海】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 【関西】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 【中国地方】 広島、岡山
  • 【九州】 福岡県、佐賀県
  • 【北海道】

(一部エリアを除く)

NURO光

 

 

NURO光エリア

NURO 光のサービスエリア

NURO光
  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 中国地方:広島、岡山
  • 九州2県:福岡、佐賀
  • 北海道

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。

NURO光
  1. データ通信速度が超高速2Gbpsの高速通信
  2. 月額料金が他社との比較で安い月額5217円で安い
  3. NURO光公式キャンペーンで45000円のキャッシュバックがある
  4. プロバイダは安定の老舗So-netで基本料金内
  5. NURO光専用高速無線Wi-Fiルーターが基本料金内
  6. カスペルスキーセキュリティが基本料金内
  7. ソフトバンクスマホ「おうち割光セット」を組み合わせ可能
  8. 工事費用相当分が月額で割引され実質無料
NURO光

また、auのスマホ携帯を持っている場合は、大幅な割引があるのでauユーザーにはauひかりがおすすめです。

auひかり auスマートバリューで割引
【So-net 光 (auひかり)】

 

プロバイダのSo-neが直接販売しているSo-net 光 (auひかり)です。

戸建て30ヶ月3950円、マンション2年間2950円、他社から乗り換えの時の解約金30000円までサポート、ひかり電話月額料金が0円に、その他サポートなど充実しています。

auスマホを利用しているなら家族全員分のスマホの月額料金が割引になる「auスマートバリュー」が利用できます。

【So-net 光 (auひかり)】

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました