サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

通信費節約の物語。このサイトについて、ごあいさつ。

通信料金って!なんでこんなに高いの!

 

インターネット光回線の契約に携帯、スマホの通信費で毎月1万円以上!!

 

家族全部では、3万~5万円!

 

それに、スマホの通信料金って、いったいなんでこんなに高いのかね?

 

スマホは、あればあったで便利なんですが、毎月の通信費にこんなにかかるなら、贅沢品という気もする。

 

という方は多いと思います。

 

インターネット光回線の通信料金やスマートフォンの通信料金を劇的に節約している通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤです。

 

私も、このサイトで解説している通信料金の節約術を実施する前までは、スマホに毎月7000円も通信料金を払っていました。

 

今では、月額1000円を切っています。

 

このサイトでは、格安SIMや高性能だけど安いスマートフォン本体の情報、インターネット契約での料金節約方法、ネット回線の高速化とか我が家で体験的に実践している情報などいっぱいまとめています。

 

こんなサイトを公開しているものですから、出版社からお声をいただいて、こんな本まで出してます。

 

図解 手取り15万円でも、年60万円貯まる節約のレッスン64

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修
『図解 手取り15万円でも、年60万円貯まる節約のレッスン64』
詳しくはこちらの記事へ
→「本の出版。翔泳社の節約本が出版されます。監修作業してます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

 

 

 

 

家庭のインターネット回線や携帯、スマホの通信料金の体系は複雑でわかりにくくなっています

 

通信事業者の発行しているパンフレットを熟読しても、なかなか全体像がわかりにくいんです。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアごとに、●●割引とか、なんとかコースとかが入り乱れ、オプションのサービスもたくさんあります。

 

結局、毎月いくらかかるんだ!

 

と聴くと、毎月7000円ですとなります。

 

最近では、格安SIMのMVNO(仮想移動体通信事業者)のシェア争いで、少し安いコースもできましたが、まだまだです。(格安SIMとかMVNOとか解らない人向けにもいっぱい解説をこのサイトでしてます。)

 

ほとんどの人は、同じような料金を意味不明のうちに支払っていると思います。

 

毎月7000円で、一年では8万4000円です。家族4人の場合は、33万6000円です。固定回線の料金を加えれば40万円近い金額になります。毎年!けっこうなお買い物をしているんですよ。

 

このサイトでは、そういったインターネットの固定回線の通信料金、携帯やスマートフォンの料金を見直す記事をまとめていきます。

 

通信費を見直して、各携帯会社のオプションを見直したり、通信定額制のコースを低いものにしたりして半額くらいの通信費にすることも可能です。

 

また、電話番号やメールアドレスを変更してもいいぞ!という人には、通信会社を変更して毎月1000円以下での運用も可能なんです

 

通信料金を見直すときには、各サービスの商品名称や、通信用語で意味不明のものがたくさんあります。

 

そういった用語もわかりやすく解説していきたいと思います。

 

お気に入りなんかにこのサイトをいれて、じっくりと読んでください。

 

きっと、あなたも!劇的な通信費節約ができますよ!

 

何しろ、5人家族で、全員のスマホと光回線と固定電話入れて月1万円です。

 

あなたも!頑張って通信費の節約頑張ってください!

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 

管理人のプロフィール→通信料金節約ワザ.comの管理人はこんな人

 

 

※PS

 

このサイトも通信費節約にだいぶ貢献してきていると思っています。

 

このサイトは、我が家の物語です。

 

最初5人家族で月1万円の通信費に成功した、(光回線と固定電話と5人分のスマホ代金も入れてですよ!)その物語を語っています。

 

今では、長女は結婚しました。

 

長男も独立して出ていきました。

 

現在は、次男と通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤと妻スマ子の3人暮らしです。

 

外出しての仕事が増えたので、WiMAXを導入しだしたので、一家で月1万円は少しオーバーしてますが、通常のご家庭では、格安SIMを導入して、光回線を引けば、だいたい1万円以内に収まります。

 

簡単です。

 

そうそう、WiMAXについては、長男が、別サイトをきっちりまとめてくれて、無線で高速通信のWiMAXの解説をしてくれています。

 

WiMAXも格安SIMみたいにたくさんのプロバイダーがあってどれを選んだらいいかわかりにくいんです。比較検討するにはいい資料です。

 

こちらです。→WiMAXで絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすくGETWIMAX・JP

 

一人暮らしや単身赴任の方のネット環境にばっちりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

通信料金節約体験談を語ります。長いですが、読んでもらえれば、通信費の節約が大幅にできます。インターネット回線は、光回線と自宅の光固定電話。そして、家族のスマホ、携帯の通信料金を全部ひっくるめて、合計月1万円にした通信料金節約ワザ.com管理...

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ一家は、自宅のインターネットは、もちろん光回線で、家族全員のスマホ代金、固定電話の料金、ぜ~~んぶ合計して月額1万円で済んでいます。この話を知人にすると、ほとんどすべての人が驚きます。なんか悪いこと...

楽天コミュニケーションズ光は、その名のとおり、あの楽天が行っている光ファイバー回線のことです。インターネットにアクセスする場合には、今までは、NTTの光回線を申し込み、別にプロバイダーと契約して、さらに、家の中ではルーターという機械を設置し...

TOPへ