Windows 11で内部音声を録音する方法:ボイスレコーダーを活用しよう

パソコン

Windows 11の内部音声を録音する方法について詳しく説明します。

今回は、Windows 11の標準機能である「ボイスレコーダー」を使った方法をご紹介します。

ステップ1: ステレオミキサーの有効化

ステレオミキサーの有効化

まず、ステレオミキサーが有効になっているか確認しましょう。

  1. スタートメニューを開き、「設定」をクリックします。
  2. 「システム」を選択し、「サウンド」をクリックします。
  3. 「サウンドの詳細設定」を選択し、コントロールパネルを表示させます。
  4. 「録音」タブを選択し、パネル内の何もない場所で右クリックします。
  5. ドロップダウンメニューから「無効なデバイスの表示」を選択します。すると「ステレオミキサー」が表示されます。
  6. 「ステレオミキサー」を右クリックし、「有効」を選択します。さらに、「既存のデバイスとして設定」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

ステップ2: ボイスレコーダーの起動と録音開始

ボイスレコーダーの起動と録音開始

次に、ボイスレコーダーを使って録音を開始します。

  1. スタートメニューから「ボイスレコーダー」を選択し、アプリを起動します。
  2. 録画対象の音声を準備します。例えば、音楽を再生したり、オンライン会議を開始したりします。
  3. ボイスレコーダーのマイクアイコンをクリックすると録音が開始されます。

ボイスレコーダーのマイクアイコンをクリックすると録音が開始されます。

ステップ3: 録音の終了

録音を終了するには、もう一度マイクアイコンをクリックします。

以上がWindows 11で内部音声を録音する方法です。

Windows 11で内部音声を録音する方法:ボイスレコーダーを活用しようまとめ

この方法を使えば、PC上で流れる音声を簡単に録音し、後で再生したり、他の人と共有したりすることができます。

ただし、著作権には十分注意して、適法な範囲内で使用しましょう。

パソコン
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン

暮らしお役立ち系、通信系ブログのライターSNS担当。このブログでは、生活便利裏ワザ情報、格安SIMやスマホ、タブレット、PCなどについて記事を担当しています。Twitterでは日常の何気ない様子やブログの更新情報などつぶやいています。よろしくお願いします。

レモンをフォローする
レモンをフォローする
Fast
タイトルとURLをコピーしました