Windows11 アップグレード方法【写真図解】

スタート→設定→Windows Update パソコン

windows11へのアップグレード方法をまとめたいと思います。

Windows 10からは無料でアップデートすることができますが、パソコンのスペック要件が少々お高めなので該当しないパソコンもあります。

スペックを満たしていないパソコン Windows 11をインストールする裏技もありますが、

Windows 10については2025年10月までサポートがあります。そのまま使い続けるというのも一つです。

Windows11は、インターネット環境が必須の条件になっていますのでローカルで OS だけ使うということができなくなりました。

現在の作業環境で十分という場合には Windows 10のまま使い続けるというのも一つの選択肢です。

Windows 11の変更点などについてはこちらのページで詳しく解説しています。

Windows11 評判、評価どう?口コミは?アップグレードすべきかレビュー
Windows11を実際に導入した評価と口コミ評判をまとめました。感想とメリット、デメリットも評価してWindows11を検討している人向けにアップグレードした機能や使い方などを簡単にまとめました。Windows11を導入すべきかの参考になれば幸いです。

Windows11アップグレードの必要時間

パソコン OS のアップグレードというのは案外面倒で時間もかかることです。

最低でも2時間ぐらいの時間は必要です。

それぞれのパソコン環境は様々ですので、一つの方法で全てがうまくいくとは限らないのがパソコンというものです。

参考までに記事にまとめましたが、アップグレードについては自己責任にてお願い致します。

途中でトラブルにあったりした時に調べながらアップグレードを行うと1日はかかると考えておいたほうがいいと思います。

Windows10と11の必要スペック条件比較

スペック Windows11 Windows10
CPU 1GHz2コア以上64ビット互換 1Ghz以上
メモリ 4GB以上 32ビットPCは1GB以上・64ビットPCは2GB以上
内臓ストレージ 64GB以上 32ビットPCは16GB以上・64ビットPCは20GB以上
グラフィックカード DirectX12以上 DirectX9以上WDDMドライバ対応
ディスプレイ 9インチ8ビットカラー720P解像度以上 SVGA800×600解像度以上
システムファームウェア UEFIセキュアブート対応 無し
TPM Vr2.0以上 無し
ネット接続 必要 不要

Windows11へのアップグレード方法

Windows 10から11へのアップグレードの方法は、必要スペックの条件を満たしているパソコンに関しては簡単です。

基本的に設定からアップグレードの指示に従って操作をするだけです。

  • 「スタート」をクリック
  • 「設定」をクリック
  • 「Windows Update」をクリック
  • 「ダウンロードしてインストール」をクリック
  • 後は指示に従って操作

スタート→設定→Windows Update→ダウンロードしてインストール

スタート→設定→Windows Updateと進んで「Windows 11へのアップグレードの準備ができました」と表示されていればアップグレードが可能です。

そのまま「ダウンロードしてインストール」をクリックします。

スタート→設定→Windows Update

 

ソフトウェアライセンス条項

ソフトウェアライセンス情報が表示されますので、同意してインストールをクリックします。

ソフトウェアライセンス情報が表示されますので、同意してインストールをクリックします。

Windows 11ダウンロード中

Windows Update の画面で Windows 11へのアップグレードダウンロード中と出ればアップグレードが進み始めています。

Windows 11ダウンロード中

パソコンの機種によっては、オプションの更新プログラムがある場合があります。

ほとんどは、指示通りにダウンロードしておけばいいでしょう。

オプションの更新プログラム

ダウンロードが100%でインストールへ

Windows 11のデータと更新プログラムのデータがダウンロードされたところで100%と表示されます。

Windows 11のデータと更新プログラムのデータがダウンロードされたところで100%と表示されます。

続いてインストールが始まります。

続いて自動的にインストールが始まります。

インストール中が100%から再起動へ

インストール中が100%になれば再起動の画面に進みます。

インストール中が100%になれば再起動の画面に進みます。

今すぐ再起動をクリックします。

今すぐ再起動をクリックします。

更新が進行中の画面に変わります。電源を切らずにそのまま待ちます。

更新が進行中の画面に変わります。電源を切らずにそのまま待ちます。

Windows 11へアップグレード完了

再起動後ログインします。

再起動ログイン

Windows 11へのアップグレードは完了しています。

Windows 11へのアップグレードは完了

まとめ/windows11 アップグレード方法

Windows 10から Windows11へのアップグレード方法は、上記のように簡単です。

アップグレードのスペックの条件を満たしているパソコンについては設定→「Windows Update」から表示に従って進んでいくだけです。

Windows 11への必要スペックを満たしていないパソコンについては、Windows 11のデータをマイクロソフトのホームページからダウンロードしてネットワークを介さずインストールする方法もあります。

通常であれば途中で条件を満たしていませんということでインストールを弾かれる設定になっています。

条件を満たしていないパソコンについてのエラーチェックのファイルを削除することで裏技的に Windows 11をインストールする方法もあります。

こて操作については別の記事でまとめたと思います。

いずれにしてもWindows 11へのアップグレードはしばらくの間は無料で行えますので必要に応じてアップグレードを行えばいいでしょう。

Windows 11の変更点などについてはこちらのページで詳しく解説しています。

Windows11 評判、評価どう?口コミは?アップグレードすべきかレビュー
Windows11を実際に導入した評価と口コミ評判をまとめました。感想とメリット、デメリットも評価してWindows11を検討している人向けにアップグレードした機能や使い方などを簡単にまとめました。Windows11を導入すべきかの参考になれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました