NURO光なぜ高速2Gbpsなの?光回線の仕組から解説

NURO光なぜ高速2Gbpsなの?光回線の仕組から解説 NURO光

NURO光は、高速2Gbpsの速度を誇る光回線です。

安定した高速のネット回線を手に入れたい人のために、仕組みを解説します。

今回は、なぜNURO光は速いのかの理由を光回線の方式や仕組から探ってみます。

NURO光の概要

NURO光の仕組の前に、サービス概要をまとめておきます。

  1. データ通信速度が超高速2Gbpsの高速通信
  2. 月額料金が他社との比較で安い月額5217円で安い
  3. NURO光公式キャンペーンで45000円のキャッシュバックがある
  4. プロバイダは安定の老舗So-netで基本料金内
  5. NURO光専用高速無線Wi-Fiルーターが基本料金内
  6. カスペルスキーセキュリティが基本料金内
  7. ソフトバンクスマホ「おうち割光セット」を組み合わせ可能
  8. 工事費用相当分が月額で割引され実質無料
NURO光
NURO光2GB超高速5217円、softbankスマホおうち割引10回線までOK
NURO光

 

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の超高速インターネット回線のNURO 光です。

  • NURO 光は超高速の下り最大2Gpbs
  • 月額5217円の安さ
  • キャッシュバクあり
  • 超高速無線LANとアンチウイルスソフト(Kaspersky)を無料提供
  • ネットにつなげる全部コミ→回線料・プロバイダー料・Wifi・アンチウィルスソフト

NURO光のエリア

  • 【関東】東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城
  • 【東海】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 【関西】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 【中国地方】 広島、岡山
  • 【九州】 福岡県、佐賀県
  • 【北海道】

(一部エリアを除く)

NURO光

 

 

要点だけですが、以上のようなサービスです。

世界最速2Gbpsの速度といってもベストエフォート表記ですから、そのままのデータ回線速度は出ません。

NURO光の速度実測などの記事はこちらにまとめました。

有線LANで900Mbps、無線LANで300Mbps程度の速度が出ています。

NURO光の評判口コミからメリット、デメリット|高速、安定ストレスのないネット環境

NURO光の公式サイトはこちらです。NURO光

NURO光の光ファイバー回線の仕組

光回線の仕組

ダークファイバー

NURO光は、NTTの光回線でダークファイバーといって、光ファイバー網の利用されていない部分があるので、それを利用しています。

NTTフレッツ光回線そのものを卸で販売している光コラボレーションとは全く別物です。

So-netの独自回線という解釈でいいでしょう。

光回線の仕組・SS、GE-PON、G-PON

SS G-PON GE-PON

光回線を利用するためには、ユーザー宅へ、光ファイバーを通信事業者の設備から物理的につなげる必要があります。

光ファイバー回線をつなげる方法として、SS、GE-PON、G-PONなどというつなぎ方があります。

光ファイバーが電信柱などを張り巡らされて、通信回線の拠点になる通信設備からユーザー宅までをつないでいるところをアクセス区間と言います。

このアクセス区間の光ファイバーの接続の仕方で分類するとSS、G-PON、GE-PONといったものがあります。

  • SS
  • G-PON
  • GE-PON

1対1方式のSS・Single Star

光ファイバーの拠点になる通信事業所の設備から利用者のユーザー宅までを1本の光ファイバー回線でつなげる1対1方式をSingle Starといいます。

これを、略してSSと呼んでいます。

通信設備から複数の家庭へ枝分かれる方式をPON

PONは、Passive Optional Network の略です。

大きく分けて、1対1でつなげるか、1対複数でつなげるのかで、SSとPONに分かれています。

光回線の接続システムは、大きく分けるとこの2つということです。

一対一でつなげるか、一対複数でつなげるかということで、SSとPONに分かれています。

1対1のSSシステムは、事業所ユーザーやインターネット接続事業者、イーサネットの専用線などに使われていて、一般の家庭では利用されていません。

PONは光スプリッタで複数に分岐

PONは光スプリッタで複数に分岐

1対複数のPONシステムは、通信事業者の設備から、ユーザー宅までの途中で光スプリッタという設備で複数回線に分けられます。

光スプリッタから分岐された光ファイバーが末端の利用者宅へ向かいます。

NTTやKDDIの光ファイバー回線の場合は、一般向けには、コスト面で安く済むので一対複数でつなげるPONシステムでスプリッタを採用しています。

複数に分岐するPONでのデータ転送の仕組

データ通信のSSシステムの場合は、1対1であるために、多くのデータを送受信してもスムーズにデータが送られます。

PONシステムの場合は、複数ユーザーが1本の光ファイバーを共有しています。

光ファイバーの中での送受信データが誰のデータであるか、どこに送られるべきであるのかなど、データの混在とデータ衝突が起きないように工夫されています。

OLT→光スプリッタ→複数の光ファイバー回線に分岐→家庭のONU

OLT→光スプリッタ→複数の光ファイバー回線に分岐→家庭のONU

データの混在とデータ衝突を防止する仕組みをもう少し詳しく解説します。

PONシステムは通信事業者の設備でOptional Line Termination、略してOLTというシステム機器を設定しています。

ユーザー宅には、ONUOptional Network Unit)が設置せれています。

OLTから出てきた光ファイバー回線は途中にある光スプリッターに繋がれます。

光スプリッタからは複数の光ファイバー回線に分岐されて各家庭のONUにつながれる仕組みになっています。

OLT→光スプリッタ→複数の光ファイバー回線に分岐→家庭のONU

データの整理混在衝突防止パケット・オーバーヘッド

パケット・オーバーヘッド

一体複数のPONシステムは、データ転送で上り下りで様々なデータが混在します。

混在したデータを整然と、ONUに目的に合わせてデータを運んでいくために、工夫がされています。

ネットワークの中のデータはパケットあるいはセルと呼ばれるデータの塊を一つの単位として送受信されます。

そのデータの塊にパケット・オーバーヘッドとい道案内情報を付加してデータの行き来がスムーズになるように考えられています。

光の波長でデータ整理・波長多重が光信号に

光の波長でデータ整理・波長多重が光信号

パケット・オーバーヘッド以外にも、光ファイバー回線の中に沢山のデータが同時に行き来できるように、

光の波長を上手に組み合わせたデータ転送のシステムも考えられています。

  • パケットを運ぶデータの光の波長
  • 映像用のデータを運ぶ光波長
  • ひかり電話システムのデータを運ぶ光の波長

などなど、光の波長で利用範囲を決めて、1本の光ファイバー内でのデータ衝突無いように考えられてシステムが構築されています。

様々な光波長を含んだものを波長多重の光信号といいます。

波長多重されたデータ信号は、光ファイバーの分岐で、各所の設備からインターネットを利用するユーザーONUで多重的に分離されて、利用できるデータに整理されています。

PONシステムは、光スプリッター、OLT、ONUなどの機器を使い、多くの人で光回線を共有しています。

通信事業者にとっては、1対1のSSシステムより、大きなコストダウンになって、光ファイバー回線の利用料を安くすることができるようになっています。

PONシステムの分類・G-PON、GE-PON

PONシステムの分類・G-PON、GE-PON

1対複数をつなげるPONシステムも色々な方式があり国際標準仕様として規格があります。

PONシステムにもたくさんありますが、ここでは、日本の光回線に関係する代表的なもので、G-PON、GE-PONを取り上げます。

GE-PON

日本では、NTT、KDDI使っているものでは、GE-PONが使われています。

GE-PONは、Gigabit Ethernet Passive Optional Networkの略語です。

GE-PONは、速度的には、理論値で下り1Gbpsのデータ転送速度が出る規格です。

一方、G-PONは、欧米などで普及していて世界的には、G-PONの方が普及しています。

G-PON

G-PONは、下りが2Gbpsの理論値の規格です。

日本では、速度の速いG-PONを採用しているのは、So-netのNURO光と一部のケーブルテレビ局です。

G-PONには専用の中継設備やONUシステムが必要です。

NURO光は、G-PON専用の通信設備に投資して普及を行っています。

まとめ

NURO光はG-PONを採用することによって、ダークファイバ―を利用した高速ネット回線を普及させています。

多少、専門的な用語が理解しにくいところもありますが、そもそも光回線の仕組とは、

NURO光がなぜ速いのか?

という疑問には、大雑把にはこういった理解になります。

安定した高速インターネット環境を手に入れるためには、NURO光の今後のエリア拡大に期待したいところです。

NURO光エリア

NURO 光のサービスエリア

NURO光
  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 中国地方:広島、岡山
  • 九州2県:福岡、佐賀
  • 北海道

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。

NURO光
  1. データ通信速度が超高速2Gbpsの高速通信
  2. 月額料金が他社との比較で安い月額5217円で安い
  3. NURO光公式キャンペーンで45000円のキャッシュバックがある
  4. プロバイダは安定の老舗So-netで基本料金内
  5. NURO光専用高速無線Wi-Fiルーターが基本料金内
  6. カスペルスキーセキュリティが基本料金内
  7. ソフトバンクスマホ「おうち割光セット」を組み合わせ可能
  8. 工事費用相当分が月額で割引され実質無料
NURO光
NURO光2GB超高速5217円、softbankスマホおうち割引10回線までOK
NURO光

 

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の超高速インターネット回線のNURO 光です。

  • NURO 光は超高速の下り最大2Gpbs
  • 月額5217円の安さ
  • キャッシュバクあり
  • 超高速無線LANとアンチウイルスソフト(Kaspersky)を無料提供
  • ネットにつなげる全部コミ→回線料・プロバイダー料・Wifi・アンチウィルスソフト

NURO光のエリア

  • 【関東】東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城
  • 【東海】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 【関西】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 【中国地方】 広島、岡山
  • 【九州】 福岡県、佐賀県
  • 【北海道】

(一部エリアを除く)

NURO光

 

 

タイトルとURLをコピーしました