光コンセントがない!光回線の3つの接続方式/集合住宅の部屋までの接続は?

光コンセントがない!光回線の3つの接続方式/集合住宅の部屋までの接続は? 光回線

光回線を導入したいのにアパートに光コンセントがない!

光コンセントがないマンションやアパートでインターネットを利用する方法について解説します。

光回線の部屋までの接続方式3つなどをご紹介します。

光コンセントのない賃貸物件でも光回線を利用できる

光ファイバー接続は、光コンセントがある賃貸物件であれば比較的簡単に設置できます。

光コンセントが設置されていない物件でインターネットを利用したい場合は、以下のいずれかの方法をとる必要があります。

  • VDSLやLAN配線方式を利用する。
  • 家主に許可を得て光回線の工事を行う。
  • 無線回線など光ファイバー回線以外の選択肢を検討する。

光回線の3つの接続方式

光回線の集合住宅での各部屋への接続方式には、光配線方式、VDSL方式、LAN方式の3種類があります。

この3つは伝送速度などの違いで区別され、「VDSL方式」と「光配線方式」が主に使われています。

光配線方式

光配線方式は、一部の戸建住宅や集合住宅で採用されている光ファイバーによる接続方式です。

通信基地局から宅内までの接続はすべて光ファイバーケーブルで行われ、伝送速度の低下がないのが特徴です。

光配線方式で接続された光ファイバー回線の伝送速度は速く、最大で1Gbpsから利用できます。

NURO光などは最大2GBを誇っています。

また、最大10Gbpsの回線もあり、超高速でインターネットを利用することができるようになってきました。

VDSL方式

VDSL方式は、主にマンションやアパートなどの集合住宅で利用されている光ファイバー接続方式です。

特徴としては、建物の共有スペースまでは光ファイバーを使用し、共有スペースから各部屋までは電話回線を使用して接続します。

接続の途中で電話回線に切り替わるため、伝送速度が遅くなるのが特徴です。

下り速度が、最大値で100Mbpsで上りの速度が最大値で50Mbps〜100Mbpsとなります。

LAN方式

LAN方式は、光ファイバーとLANケーブルを使った接続方式で、一部の集合住宅で採用されています。

主にVDSL方式や光配線方式と併用されており、VDSL方式や光配線方式に比べると利用されている場所は少なくなっています。

LAN方式の特徴は、終端装置(モデムやONU)を必要としないことです。

VDSL方式や光配線方式が終端装置を使ってインターネットに接続するのに対し、LAN方式は部屋の壁のLANコンセントにパソコンなどのLANケーブルを直接接続することでインターネットに接続されます。

通信速度は最大値で上り下りとも1GBです。

最大速度もLANケーブルの規格により異なってきます。

集合住宅での光回線接続方法

光コンセントがない物件でも、物件自体に光回線が通っている場合があります。

物件内の共用部分と各部屋の配線の違いにより、コンセントの形状は以下のように異なります。

光コンセントを設置してある場合は、光配線方式を採用しているため、通信速度は1Gbpsになります。

LAN配線方式でも、LANケーブルの規格によっては最大1Gbpsの速度を実現できますが、VDSL方式は光回線でも最大100Mbpsと遅めになります。

コンセントの種類 配線方式(共用部分まで光回線) 上り下り通信速度
光コンセント 光配線方式
各戸まで→光ファイバー
最大1Gbps
LANコンセント LAN配線方式
各戸まで→LANケーブル
最大1Gbps
モジュラージャック VDSL方式
各戸まで→電話回線
最大100Mbps

集合住宅の共用部分までは光ファイバーが開通していてそこから、各戸、各部屋への接続回線の種類を表にしています。

光回線がない場合は許可を取って開通工事を実施

賃貸物件にVDSLやLAN配線方式が導入されている場合や、光回線事業者の光回線方式が利用できない場合は、工事をして光回線を直接部屋に引き込む方法があります。

ただし、この場合、管理会社や大家さんから工事の許可を得る必要があります。

また、退去時には、物件での配線の撤去が必要なケースも多いので、こちらも確認しておくとよいでしょう。

利用する光回線サービスによっては、その会社の回線の撤去費用が発生する場合もあります。

工事の必要のないネット回線

光回線の工事ができない場合は、WiMAX モバイルルーターなど回線工事が必要のないインターネット回線を導入することも検討に値します。

光回線以外にも、モバイルWi-Fiルーターやホームルーターなどの選択肢もあります。

いずれも工事不要で、申し込み後、機器が届けばすぐにインターネットが利用できます。

光回線に比べると速度や安定性は劣りますが、一人暮らしや利用頻度が低い方にとっては十分なサービスです。

光コンセントがない!光回線の3つの接続方式/集合住宅の部屋までの接続は?まとめ

集合住宅での光回線の利用については、各部屋にどういう回線で接続するかによって速度や安定性が変わってきます。

共用部分からの回線が、光ファイバーであれば高速のインターネットを利用することができます。

共有部分までには光ファイバーが開通していても各部屋に直接光ファイバー回線がない場合は、VDSL方式やLAN方式になります。

戸建てのように直接部屋まで光回線の工事が出来れば一番良いのですが、それぞれの賃貸住宅や集合住宅の事情によって変わってきます。

一人暮らしのインターネット回線については、WiMAX やモバイル wi-fiなどであれば、部屋でも外出中でも専用のインターネット回線を利用することができます。

速度的には光回線ほどではありませんが、一人で利用するぶんには十分なネット速度が確保できると思います。

楽天モバイルのエリア内であれば、通信容量も上限が金額的に定められているので使い放題の無線高速wi-fi ルーターとしてスマホを利用することができます。

工事の必要な光回線と無線の高速回線と状況に応じて選択をしてみてください。

モバイル回線おすすめ表【2022年9月調査】
プロバイダのリンク 料金・3年間支払い総額 契約期間、速度制限など

楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT回線エリア96%人口カバー、エリア外はau4G回線利用可
~1G無料、~3GB1078円、~20GB2178円、以降使い放題3278円、使い放題で計算3年総額118008円最安値 契約期間縛り無し楽天エリア内無制限、3日制限無し、エリア外au回線月5GBまでそれ以上は最高1Mbps動画などOK携帯電話とルーター代わりになるので最安

BroadWiMAX
乗り換え補助ありWiMAXならおススメ
初月2090円、3ケ月~3894円、37ヶ月~4708円、3年総額141966円 WiMAX、4GLTE、5G、3年契約、月間容量無制限

GMOとくとくBB WiMAX2+
初月日割1~3カ月2,079円、3~36ヶ月目4,389円、37ヶ月目~4,444円、3年総額145,763円、キャッシュバック13,000円でWiMAXなら最安おすすめ WiMAX、4GLTE、5G、3年契約、月間容量無制限、スマートバリュー、UQスマホ割引あり

UQ WiMAX
月4268円、26ヶ月目~4814円、3年総額167816円 WiMAX、au4GLTE、5G、2年契約、月間容量無制限、別途端末代必要

DTI WiMAX2+
3年目から安い長期契約で安い
1~25ヶ月4070円、26ヶ月~4,620円、3年間総額160490円 WiMAX、au4GLTE、5G、3年契約、月間容量無制限、端末代金キャッシュバック、DTI WIMAX2+ギガ放題プラス(3年)のみ

カシモWIMAX
3年プラン初月1,408円、以後4,455円、3年総額165088円 WiMAX、au4GLTE、5G、3年と2年契約、月間容量無制限、端末代金0円

BIGLOBE WiMAX 2+
初月0円~24ヶ月目4,378円、以降4,928円、3年総額167508円 WiMAX、au4GLTE、5G、契約期間縛り最初の1年のみ、15000円キャッシュバックあり、スマートバリュー、UQmobileとの割引あり

最安値保証WiFisoftbank4G回線
月3608円、3年総額133496円wifiのみでは最安 解約金縛り無し、月間容量無制限、3日制限も無しとあるが、おおむね100GBで制限ありと表記あり

注意・「月間容量無制限」は、著しい回線の占有があった場合は制限をするとなっています。有限の電波資源ですので完全な無制限はないですね。

タイトルとURLをコピーしました