mineo(マイネオ)パケット放題Plus1.5Mbps!au、ドコモ、ソフトバンク回線の格安SIM

mineo(マイネオ) スマホ携帯

mineo(マイネオ)パケット放題Pluで1.5Mbpsデータ速度で使い放題!

au、ドコモ、ソフトバンク回線が使える格安SIMです。

au、ドコモ、ソフトバンク回線の格安SIM

au、ドコモ、ソフトバンク回線の格安SIM

mineo(マイネオ)は、au、ドコモ、ソフトバンク回線の通信回線が使える格安SIMです。

mineo

au、ドコモ、ソフトバンクの大手携帯3キャリアは、いまやいずれも格安SIMのMVNO(仮想移動体通信事業者)にオープンされています。

mineoの場合は、au、ドコモ、ソフトバンクの回線が使えるのが特徴です。

au回線をAプラン、ドコモ回線をDプラン、ソフトバンク回線をSプランとしています。

  • au回線・・・Aプラン
  • ドコモ回線・・・Dプラン
  • ソフトバンク回線・・・Sプラン

今まで使っていたスマホをそのまま使えるmineo(マイネオ)

格安SIMはいままでドコモ系がほとんどでした。

「格安SIMにして安くしたいけど、今のスマホがauで、ドコモ回線の格安SIMを利用できない」と嘆いている方も、

mineo(マイネオ)であれば、現在使っているau、DoCoMo、ソフトバンク大手携帯キャリアで買ったスマートフォン本体のSIMカードをmineoに入れ替えればすぐに格安SIMをスタートすることができます。

対応するスマートフォンの機種については、mineoの公式サイトに掲載されてます。

mineo公式ページ→mineo

現在、auの携帯電話回線を契約中で、通信費を安くしたいので、格安SIMに乗り換えたいと希望する人は、従来のように、ドコモの端末か、SIMフリーのスマートフォンを買ったりしなくても済みます。

mineo(マイネオ)なら、携帯キャリアで買ったスマートフォンも対応するmineo(マイネオ)の回線を申し込めばいいということです。

mineoの料金プラン

具体的に料金コースを見ていきましょう。

データ通信のみのSIMカードは、mineo(マイネオ)での名称は「シングルタイプ」というものになっています。

音声通話付のSIMを「デュアルタイプ」となっています。

基本データ容量 データ通信のみ

(シングルタイプ)

データ+音声通話

(デュアルタイプ)

1GB 880円 1298円
5GB 1265円 1518円
10GB 1705円 1958円
20GB 1925円 2178円

楽天モバイルの登場で、au、DoCoMo、ソフトバンクの従来の大手携帯キャリアの値下げ合戦が始まって。

そのおかげで格安SIM業界も値下げが始まっています。

mineo(マイネオ)の場合も、大幅に値下げされましたが、最安値というわけではありません、他社並みといったところです。

音声通話付でデータ容量20GBが、3000円程度というのが相場になってきました。

mineo公式ページ→mineo

パケット放題Plu月額385円1.5Mbps使い放題

パケット放題Plu月額385円1.5Mbps使い放題

月額385円で、パケット放題といオプションがあります。

1.5Mbpsの速度ならデータ使い放題です。

従来、500Kbpsの速度でパケット放題というオプションでした。

2021年6月からは、同じ金額のオプションでパケット放題Plusという名称になり、速度も最大1.5Mbpsに強化されています。

1.5Mbpsの速度であれば、LINE、TwitterといったSNS、ネットサーフィン、メールなんかは十分な速度です。

YouTube動画も、低画質であれば普通に観ることができます。

大容量のデータをやり取りする作業は無理ですが、通常使いでは、普通にはネットを使えます。

10GB以上の契約でパケット放題Plus無料

しかも、mineo(マイネオ)の10GB以上のコースでパケット放題Plusのオプション料金が無料になります。

5GBコースの1518円にパケット放題Plusの385円プラスして、1903円で契約するよりも、10GBコースを契約して1958円で済ませた方がいいということです。

55円高いだけで、10GB使えて、それ超えても1.5Mbpsで使い放題です。

au、DoCoMo、ソフトバンク、楽天モバイルの大手携帯キャリアの値下げ路線と対抗しているパケット放題Plusです。

パケット放題Plusの通信規制

パケット放題Plusにも残念ながら通信規制があります。

パケット放題Plusの通信規制は、直近3日間のデータ容量が10GBを超えた場合です。

1.5Mbpsから200Kbpsへ通信規制されます。

しかし、1.5Mbpsの速度で3日間で10GBものデータを使いきるというのも大変です。

従来コース「500Kbpsパケット放題」を利用していた人は?

現在まで500Kbpsのパケット放題を利用していた人は、自動的に移行はしません。

パケット放題Plusの1.5Mbpsを利用したい場合は、申し込み手続きが必要です。

しかし、2021年5月までのオプションである500Kbpsの契約では、3日間10GBという速度規制はありません。

500Kbpsでの速度で、使い放題です。

自分のデータ利用状況をみて変更するかどうかは判断が必要です。

mineo(マイネオ)はパケットを分け合えるのもいい

mineo(マイネオ)のサービスでは、パケットを分け合える仕組みも便利です。

誰とでもパケットを分け合えます。

友人、家族ともデータをシェアできるのです。

データ通信容量(パケット)が余った時は、足りない人に分け与えることができます。

mineo公式ページ→mineo

mineo(マイネオ)まとめ

mineo(マイネオ)は、au、ドコモ、ソフトバンクの通信回線が使える格安SIMです。

それぞれの携帯会社で買ったスマホを持っている場合、mineo(マイネオ)であれば、そのまま格安SIMに乗り換えることもできます。

mineo公式ページ→mineo

スマホのライトユーザーは楽天モバイルが最安、楽天エリア内ならヘビーユーザーにも最安

格安SIMで、スマホのライトユーザーにとって通信料金の節約ができました。

音声通話付き格安SIMで1000円以下でスマホが持てます。

しかし、楽天モバイルでは、スマホライトユーザーは、うまく運用すれば無料でスマホを持てます

楽天モバイルは、1GBまで無料、3GBまで1078円(税込)、20GBまで2178円(税込)、それ以上どんなに使っても3278円(税込)という使った分だけ支払いが発生するプランです。

1GBまでで済ませればず~~っと無料です。

時々、旅行などで外出時にたくさんスマホを使った月だけ料金を払うだけになります。

データを使いすぎても上限3278円(税込)で使い放題です。

楽天エリア内なら固定回線代わりになります。

スマホのテザリング機能で、モバイルwifiルーターやWiMAXのかわりになります。

一人暮らしのネット回線としても利用できます。

楽天モバイルエリア外でも、制限がありますが、auの電波を使えまするのでライトユーザーには十分です。

楽天モバイル公式ページ→楽天モバイル

楽天モバイルの詳しいページはこちらです。

楽天モバイル/3ヶ月無料キャンペーン注意点/低速モード実測動画
楽天モバイルです。 3ヶ月無料キャンペーン中です。 キャンペーン申し込み時に注意点や楽天エリアの圏内外のデータ測定実測、低速モードの1Mbpsでの測定結果などまとめます。 楽天モバイルの公式ページ→ 楽天モバイルRaku...
タイトルとURLをコピーしました