サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

ドコモ光はドコモ携帯スマホユーザーなら、でも複雑でわかりにくい!

ドコモ光を光回線比較するとドコモ携帯スマホユーザーなら

 

光コラボレーションのひとつで、ドコモ光というのがあります。

 

ドコモはご存知の通り携帯電話の大手キャリアです。

 

運営しているのはNTTです。

 

光コラボレーションは、同じNTTのフレッツ光の光ファイバー網を借り受けて運営する光回線のサービスになります。

 

光コラボレーションそのものの詳しい記事はこちらに詳しく書いてあります。

 

 

それではドコモ光について詳しく検討していきたいと思います。

 

 

 

ドコモ光の料金体系は複雑でわかりにくい!

 

ドコモ光は、携帯電話のドコモと同じように、料金体系やサービスの種類、また、割引などについて複雑で、非常に分かりにくい会社です。

 

他社の光コラボレーションは、基本料金いくらで、割引がこれだけというように、わりとわかりやすいのですが、ドコモ光はわかりにくくて、ユーザーにとっては、意味不明な料金体系のような気がします。

 

分かりやすく解説したいが・・・ムリかも

 

その辺をなるべく分かりやすくまとめてみたいと思います。

 

まずドコモ光の公式サイトを見ても、一生懸命に探さないと、基本料金が書いてありません。

 

スマホ携帯との割引とプロバイダーごとで料金が違う

 

それは携帯電話のドコモの料金とセットにすると割引が複雑に色々あったり、提携するプロバイダーごとで料金が違っていたりしているからです。

 

ドコモ光を単体で契約するというよりも、ドコモの携帯電話スマホの利用とドコモ光の光回線とのセット販売を前提に色々と料金体系を作っている感じになります。

 

ドコモ光は、タイプA、タイプB、単独タイプというふうに3種類があり、それぞれマンション向けと戸建て向けの基本料金が存在します。

 

ドコモ光の基本料金表
  マンション 戸建て
タイプA 4000円 5200円
タイプB 4200円 5400円
単独タイプ 3800円 5000円

 

ドコモ光のタイプAとタイプBとは

 

ドコモ光は提携するプロバイダーごとでタイプを分けています。

 

プロバイダー料金が含まれた基本料金ということで、表示にあるようなタイプAに含まれるプロバイダー、タイプBに含まれるプロバイダー、それぞれに料金が異なります。

 

プロバイダー料金コミで安くなている

 

NTTフレッツ光を単独で契約して、別途プロバイダ料金を上乗せしたインターネット回線よりも、若干安い料金になっています。

 

これは、他社の光コラボレーションでも同じです。

 

それぞれ、タイプA、タイプBと分かれているのは、提携するプロバイダーごとで、料金が異なっているからです。

 

ドコモ光の複雑さここにあり!

 

ドコモ光の複雑さは、プロバイダーごとにプロバイダー名プラスで、ドコモ光を販売しているところにもあります。

 

プロバイダーが集客を行っているということです。それぞれのプロバイダーごとに多少の付加サービスをつけて商品名は、ドコモ光で、プロバイダーが独自にドコモ光を転売しているような形になっているようです。

 

プロバイダーの光コラボレーションとまた違う

 

プロバイダーが行っている光コラボレーションとは、また違う形態になっているので複雑です。

 

NTTフレッツ光の光コラボレーションをドコモが行って、ドコモ光としてパッケージし、をれをプロバイダーが、また代理店的に販売しているという複雑な形になっています。

 

メンドクサイですね!

 

タイプA、タイプBのそれぞれのプロバイダーは次のように色々あります。

 

タイプA

ドコモ光のタイプAプロバイダー

 

タイプB

ドコモ光のタイプBプロバイダー

 

プロバイダーは、好きなところを選べばいいようにはなっていますが、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には、これからインターネットを新しく契約する場合は、高速回線を選びたいと思います。

 

IPv6の高速なデータ転送速度を利用できるプロバイダーを指定した方が良い

 

ドコモ光で光コラボレーションの回線速度については、IPpv6の回線に対応しているプロバイダーがあります。

 

IPv4からIPv6へ高速化

 

従来のインターネット光回線については、IPv4というもので、IPv4の光回線については、NTTの光ファイバー網に、たくさんのネット通信会社がつながっているので、混雑していて、夜間でのインターネット光回線速度が遅くなるという問題が頻繁に起きています。

 

IPv4で夜間帯が遅くなる

 

夜のゴールデンタイムから、深夜帯にかけて、インターネットの回線速度が落ちるということは、多くの人が体験していることです。

 

この回線速度が遅くなるという不満に対して、新しいネット回線のファイバー網であるIPv6という回線が実用化されて、NTTの光ファイバー網でも構築が進んでいます。

 

IPv6に対応プロバイダー

 

ドコモ光で、このIPv6にもいち早く対応しているプロバイダーがGMOのトクトクBBです。

 

NTTの光ファイバー網についてのIPv6の回線については、まだまだ利用者が少ないので、現状では非常に速いネット回線速度が出ています。

 

このように、ドコモ光の場合は、IPv6の高速なデータ転送速度を利用できるプロバイダーを指定した方が良いかと思います。
IPv6のに対応するには、IPv6をつなげることのできる専用のルーターが必要です。

 

GMOの場合は、これを無料でレンタルをしてくれていますので、複雑な設定をする必要もなく、ルーターが届けば自動的にIPv6の高速回線を利用することができます。

 

IPv6対応で最大1Gbps!速いドコモ光は【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

ドコモ光のスマホとのセット割引・ドコモセット割+ずっとドコモ割

 

ドコモは、ご存知のように携帯スマホ回線を販売している会社です。

 

ですので光コラボレーションのドコモ光とこのドコモの携帯電話スマホとの割引があります。

 

auとSoftBankも同じような光回線とのセット割引を行っています。

 

ドコモのセット割引は少ない!

 

しかし、au、SoftBankと違い、ドコモのセット割引については、あまり割引額が多いとは言えません。

 

ソフトバンク、auと比べると、どうしても割引額が少なくて、携帯電話スマホとのセットで光回線を安くしたいのであれば、ドコモを選ぶ理由はないと言えます。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアから離脱して格安SIMへ

 

むしろ、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、再三このサイトで述べているように、格安SIMへ移行して光回線については、他社の便利な光コラボあるいは、NURO光など単独で光回線を契約することです。

 

または格安SIMとのセット割引をやっているOCNなどの光コラボレーションを選ぶなどした方が、料金的には安く仕上がるようになっています。

 

ドコモ光のスマホとのセット割引・ドコモセット割

 

ドコモ光の携帯電話スマートフォンとのセット割引についてみていきたいと思います。

 

ドコモのシェアパック割引との関連で、ドコモ光とのセット割引は複雑になっています。非常に分かりにくいです。

 

ドコモ携帯スマホを手放したくない人向け

 

どうしてもドコモの携帯電話スマートフォンを手放すわけにはいかないという人にとっては、少しは割引になりますので、利用しない手はないかと思いますが、他社より割引が少ないのでなんかな~~という感じです。

 

シェアパックごとでセット割引+ずっとドコモ割の金額が違う

 

ドコモでは、スマートフォンの割引をウルトラシェアパック100GBから、少ないものでシェアパック5GBというふうに家族で分け合えるコースを用意しています。

 

それらとドコモ光とのセットでドコモセット割引を行っています。またドコモの利用年数でも割引があります。

 

ドコモ光とのセットでドコモセット割引を行っています。またドコモの利用年数でも割引があります。

 

ドコモ光のセット割は!なんと一人だけ

 

注意しなければならないは、割引金額が一人だけです。

 

回線を契約している主回線の携帯電話料金が割引になるだけというところが、auやソフトバンクとの大きな違いになります。

 

auやソフトバンクの場合は、家族4人でスマートフォンを使っていれば、4人分の割引が受けられますが、ドコモ光の場合は、主回線の一人だけということです。

 

15GBのシェアパックの場合は、これを家族で分け合う場合、12500円の料金がかかります。

 

それにプラスして分け合うための料金が一人頭プラス500円の加算がかかります。

 

家族3人では、13500円が毎月かかります。

 

そこからドコモ光を同時に契約すると1800円のみの割引があります。

 

auやソフトバンクであれば、スマホの家族の契約数ぶんの割引が受けられます。

 

ドコモ光の場合は、これだけでおしまいです。

 

ですから、どうしてもドコモの携帯電話やスマホから離脱するのは難しいという人は、これくらいでも割引があればいいかなという風です。

 

ドコモ光の申し込み先

 

ドコモ光は、NTTのドコモショップでも勧誘がありますが、なるべくならやめた方がいいと思います。

 

ネットの口コミを調べていると、いろいろと行き違いが多くて、ドコモショップの店員さんの説明と実際の工事や開通後の料金の違いなど、いっぱい変な口コミ記事があります。

 

ですので、ネット経由の代理店のほうが、いろいろとおまけのメリットがあるのでそれらをまとめておきます。

 

GMOインターネット株式会社・GMOとくとくBB

IPv6対応で最大1Gbps!速いドコモ光は【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

ドコモ光をプロバイダー経由で申込む場合、「タイプA」「タイプB」の二つの料金しかありません。

 

それぞれ、どちらのタイプが申し込めるかはプロバイダーによって異なります。

 

GMOとくとくBBのドコモ光は、料金の安い「タイプA」です。

 

戸建て【5,200円(税抜)】、集合集宅【4,000円(税抜)】

 

最新の接続方式v6プラス対応で、万が一速度に不満があったら、指定の方法で計測してGMOとくとくBBまで送り、100Mbps以下がでたらポイントバック実施中!

 

BUFFALO製高性能Wi-Fiルーターを0円にて提供中!

 

速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

 

株式会社ネットナビ

キャッシュバックが多い方がいい人はこちら。合計25,000円還元。

 

合計25,000円還元

  • 25,000円を全員に還元中
  • dポイント最大20,000ポイントプレゼント
  • さらに最大5,000円の現金キャッシュバック、

 

ドコモをお使いなら【ドコモ光】

 

まとめ

 

今回はドコモ光のインターネット光回線について比較検討してみました。

 

ドコモの料金体系は、携帯スマホ、光コラボについても複雑で分かりにくいので、説明に苦労します。

 

この記事でも書ききれていないものがたくさんあります。もう少し単純にした方がいいかとおもうんですが、料金的にあまり安くできない事情があるんでしょうね。

 

ハッキリ言って、料金的には安いところではないです。

 

通信料金を安くしたいのであれば、毎度申し上げますが、スマホは格安SIMを導入して、光回線は、NURO光、他社の光コラボレーション、あるいは、地域限定の光回線などを選んだほうがいいかと思います。

 

スマホをドコモと決めている場合のみ、光回線の割引が若干ありますので検討に値します。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが導入しているNURO光の場合は、高速で、料金的にも月額4743円です。

 

これに格安SIMでスマホが一人頭1000円前後ですから、家族4人で光回線、スマホすべて含めて1万円以内に収まっています。

 

その辺のことはこちらでこってりと記事にしています。

 

 

光回線のタイプ別に分類した記事はこちらにあります。

 

 

ご参考までにどうぞ。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ