サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

新生活、パソコン選びはここに注意!7つのポイント選び方買い方・長文保存版

パソコンを選ぶときに注意するべき7つのポイント選び方買い方・長文保存版

 

みなさん、パソコン見てビックリしてますね。

 

「パソコンを選び!ここに注意すするのね!」って、「すする」になっちゃった・・・画像修正面倒だ。ごめん!意味わかりますね。

 

パソコン選びの注意点です。パソコンを選ぶ時の注意するべき7つのポイント選び方買い方・長文保存版です。

 

パソコンをこれから購入しようとしているとき、あなたは、何を考えて選んでいますか。

 

性能、値段、見た目、重さ、バッテリー駆動時間などいろいろ検討する項目はありますが、正確に何を基準に購入したらよいかしっかり把握出来ている人は少ないと思います。

 

普通はそうです。プログラミングや動画編集などを専門にしていて常にパソコンのスペックが要求されるような仕事をしている人は、どれくらいの性能ならばどんくらいのことができるかよく知っている人もいます。

 

しかし、そうでない方、主にパソコンで文章や書類を作ったり、エクセルで表計算したりする事務仕事をする人も見えます。

 

パソコンを選ぶときに注意するべき7つのポイント 選び方買い方

 

また多くの場合は、インターネットで調べ物をしたり、動画を見たりするようなインターネットを娯楽の一部として利用する人がほとんどです。

 

そういう場合は、それ自体がパソコンの性能を最大限に活用するような作業でないこともあって、パソコンでどのくらいの性能があれば何ができるかを詳しく知らないという人も多いでしょう。

 

自分で普段使い用のパソコンを購入したいと思っても、パソコンには種類がありすぎて(メーカーの違い、デスクトップとノートの違い、性能の違い、値段の違いなど)、どんなパソコンが自分にとって最適なのかわかりません。

 

実際パソコンに結構詳しい人でも、買った後に失敗だったと感じる人もいます。

 

パソコン初心者ならなおさらです。

 

みなさんさんはどうでしょうか。そんな経験があるでしょうか。

 

私はあります。

 

値段につられて安めのパソコンを買ってしまい、想定していたよりも性能が悪く満足できなかったことがあります。

 

これは過去の話で、今は安いものでも性能がかなり高くなっているのでそんなこともあまりないかもしれませんが。

 

ですが、パソコンは高い買い物です。そして一度買ったら最低でも4~5年は使うものです。

 

購入する前には自分の求めるものを購入できるようにしっかり検討する必要があります。

 

そのためにこの記事では、パソコン購入を検討する場合に注意するべきポイントをまとめました。

 

みなさんもぜひパソコン購入で失敗しないために知識を身につけましょう。

 

 

1.用途に合わせて選ぶ。まずは自分が何をしたいのか考える。

 

皆さんはパソコンを買ったら何をしたいと思っていますか。

 

ネットサーフィン(YouTubeなどの動画サイトを含む)、TwitterやFacebookなどのSNS活動、動画や画像の編集、映画やアニメなどの動画視聴、ワードやエクセルといったオフィス作業、3Dゲーム等々パソコンでできることはいろいろあると思います。

 

 

普通の使用方法だとどうか

 

大体の人がそこまでパソコンを酷使しようと考えているわけではないと思います。

 

多くはネットサーフィンをしたり動画を見たり、TwitterやFacebookなどのSNSを活用したりという具合でしょうか。

 

中には家でもワードなどを使って文章を書いている人もいるかもしれません。大学生はレポートを書くのによく使いますよね。

 

でも、それくらいの使用なら最近のパソコンではエントリーモデル(初心者向け、6万~円くらい)の安めのものを選んでも十分なのです。

 

普通の使い方ならエントリーモデル(初心者向け、6万~円くらい)の安めのものを選んでも十分

 

一昔前はYouTubeを見るのも一苦労で、ひとつの動画を再生するために10~20秒待っていたこともありました。

 

しかし、ここ7~8年でパソコンの技術が進み性能は飛躍的に向上しました。パソコンの処理能力を決めるCPU(コンピュータの頭脳、シーピーユーと呼びます)という部品がありますが、これには世代があり、今は一昔前のものより2世代進歩したバージョンになります。

 

1世代前のCPUは今(2015年)から7年ほど前に誕生しましたが、その頃からインターネットでYouTubeなどの動画サイトを見ても比較的スムーズに視聴できるようになりました。Intel(インテル)社のCore2Duo(コアツーデュオ)などがその代表的なCPUです。

 

そして、現在ではエントリーモデルのパソコンでも最新のバージョンのCPUが使われており、家で3Dゲームをバリバリするような人でなければ大体のことがそのレベルで出来てしまいます。

 

ちなみに、現在の最新のバージョンのCPUはIntelのCore i ~(~の部分には3,5,7の数字が入る)というものが使われています。家電量販店の広告などでパソコンの写真の周りに色々文字が書いてあってその中にCorei3とかCore i5といった文字が書いてあったりします。

 

パソコンの処理能力を決めるCPU

  • 1世代前のCPUは今(2015年)から7年ほど前に誕生
  • Intel(インテル)社のCore2Duo(コアツーデュオ)が代表的なCPU
  • 最新のバージョンのCPUはIntelのCore i ~

 

 

なにを基準にすればいいのか?

パソコンを選ぶときに注意するべき7つのポイント 選び方買い方

なので、用途を決めてパソコンを選ぶと言いましたが、考えなしに適当に最低6万円(BTOパソコンならこのくらいの価格。BTOについては後述します。)くらいからのパソコンを買っても大体は不自由ありません

 

しかしゲームをしようとすると話が違います。特に3Dゲームで顕著なのですが、全然CPUでは処理が追いつきません。なので3Dゲームをするためにゲーム専用のCPUであるGPU(ジーピーユー)という部品がゲームを楽しむためのパソコンには搭載されています。

 

したがって、パソコンで何をしたいかを考えるときはまずゲームをやりたいかそうでないか、ということを考えてください。

 

パソコン購入選択のふるい分けは、ゲームをやりたいかそうでないか

 

 

要点

 

  • 用途に合わせてパソコンを選ぶべき
  • 最近はエントリーモデルのパソコンでも不自由なく使用できる
  • ゲームをするかしないかがまずはじめに考慮すべきポイント

 

 

2.ノートパソコンかデスクトップか はたまたタブレットか

 

次に考慮すべきはパソコンの形態です。どの形態のパソコンにもメリットとデメリットがあります

 

ノートパソコンやタブレットは持ち運び用のパソコンですし、デスクトップは部屋の中に備え付けておくものです。

 

それぞれ用途が違うので一概に何がいいとは言えません。自分がパソコンをどのように扱うか考えなければなりません。

 

持ち運びたいかそうでないか

 

ノートパソコンやタブレットパソコンのいいところは持ち運びに便利なところです。外出先に持ち運ぶのなら絶対にノートパソコンしかありえないです。

 

しかし外出時と言っても15インチ以上あるパソコンは重く、あまり持ち運びに適していません。なので外へ持ち運ぶ際は13インチまでの大きさのものが適していると言えます。

 

家の中ですと自分の部屋からリビングへ持ち運んだり、小さめのノートパソコン(11インチや13インチのノートパソコン)やタブレットパソコンだと布団のうえで寝転がりながら使ったりもできます。寝る前に電子書籍を読んだり動画を見たりできます。

 

このようにノートパソコンには置き場所を選ばないという利点があります

 

しかし、それらの利便性を重視するとどうしてもパソコン自体が小さくなければならないので、筐体の中に入れられる部品も小さくて高性能なものになります。

 

なので同じ性能だとパソコンの値段がデスクトップパソコンよりも高くなってしまいます。これがノートパソコンのデメリットです。

 

逆にデスクトップパソコンは置き場所が固定されてしまうけれど、大きな筐体の中に量産しやすい大きな部品を入れられるので部品単価が安くなり、同じ性能だとパソコンの値段がノートパソコンに比べて安くなるというメリットが有ります。

 

パソコンを置くスペースの問題

パソコンを選ぶときに注意するべき7つのポイント 選び方買い方

ノートパソコンの利点は持ち運べるということ以外にもスペースが狭くても置くことができるというメリットがあります。

 

デスクトップパソコンでは外に出て邪魔になるモニターと本体、キーボードなどをつなげる配線がノートパソコンだと筐体の中に入っているのでコンパクトなのです。

 

もし家の中で使うにしてもデスクトップパソコンを置くようなスペースがない場合は少し高めになりますが必要な性能を備えたノートパソコンを購入することをおすすめします。

 

この場合家に置いておくことになるので、大きめのディスプレイサイズを持ったノートパソコンを選んでもいいと思います。また、常にコンセントにさして使うことも考えるとバッテリー駆動時間も少ないもので大丈夫でしょう。

 

具体的な大きさは15インチ以上のものを買うと画面が見やすく同時にいくつかのソフトを立ち上げ同じ画面に配置することもできるので便利だと思います。

 

 

バッテリーについて

 

ノートパソコンはもともと持ち運びで使うことを想定しているのでバッテリーが内蔵されています。なので停電なので電源が予期せぬタイミングで切れた場合にノートパソコンだとそのままバッテリーで動くので安心です。

 

逆にデスクトップパソコンではバッテリーが内蔵されていないので停電時に勝手に電源が切れてしまい、復帰時にパソコンにトラブルが発生する場合があります。

 

デスクトップパソコンの場合はそのようなときのために外付けバッテリーが別途販売されているのでそれらを購入して対処するといいでしょう。

 

ノートパソコンは放熱性能が低い

 

ノートパソコンは筐体が小さいため、内部では部品がひしめき合っています。また、熱を放出するためのファンが小型のものしかありませんし、空気の入り口と出口も小さいので大量の空気を交換できません。

 

そのため、放熱性能が悪く、CPUから発生した熱によってPCの他の部品が壊れることがあります。現に私の使っているノートパソコンは熱によってDVDドライブが壊れてCDやDVDを読み取れなくなってしまいました。

 

また熱によって温度が上がり過ぎるとパソコンが危険と判断して勝手にシャットダウンしてしまうこともあります。

 

そんなとき極稀に大事なデータが破損してしまったりすることもあるのでノートパソコンを考えなしに選ぼうとしている人は注意が必要です。

 

ノートパソコンを選ぶ際はなるべく放熱性能が高いものを選ぶといいでしょう、筐体にアルミを使っているものなどは熱の伝導がはやく放熱性能が高いのでいいですが、すこし値段が高くなるかもしれません。または、ノートパソコン専用の冷却器もあります。ノートパソコンの下に敷いて風を送り込む装置です。

 

デスクトップパソコンの場合はノートパソコンよりも筐体が大きいため、熱放出性能に関しては問題ありません。

 

ですが、少し注意しておきたいのが、デスクトップパソコンでもスリムな筐体をしたものがあります。これはスペースをとらないというメリットはありますが、放熱性能に関しては大きい筐体のものより劣ります。なのでよほど置くスペースに困っていない限りは、タワー型と呼ばれる大きな筐体をしたパソコンを選ぶことをおすすめします。

 

要点

 

  • 持ち運ぶならノートかタブレット、そうでないならデスクトップ
  • デスクトップのほうが同じ性能だとノートより安い
  • 家の中にスペースが無ければ画面の大きいノートパソコンのほうがデスクトップより良い
  • ノートはバッテリーがあるがデスクトップにはない
  • ノートは放熱性能が低いので注意が必要

 

 

3.「価格の違い」と「性能による価格帯の違い」

 

ものを買うときには必ず予算というものが誰しもあります。やりたいことがわかっていても、予算内で購入できなければ意味がありません。

 

ここでは価格帯でどれくらい性能が違うのかを解説していきます。

 

といっても基準にすべきことでも申し上げたとおり、ゲームをするか否かが一番の分岐点なので、パソコンの価格もその部分で大きく分かれます

 

あと、デスクトップかノートかタブレットかでも少しずつ値段が異なります。

 

そして、パソコンの値段が特に異なる要因があと一つあります。

 

それは大手家電メーカー製品かBTOメーカー製品かの違いです。

 

大手家電メーカーは富士通、SONY、NEC、東芝、エプソンなどのことで、皆さんもよくご存知だと思います。

 

しかし、BTOってなんだろうと思う人がいると思います。なので、まずはBTOについて知っておきましょう。

 

BTOとは

 

BTOとはBuild to Orderの略称で、メーカーが商品の部品だけをストックしておき、顧客の注文に応じて部品を組み立てて出荷するという形態の製造販売方法です。

 

DELL(デル)という名前は聞いたことあるかと思います。DELLはパソコン業界における世界的なBTOを行っているパソコンメーカーです。

 

BTOの利点は、メーカー側は完成品を在庫として抱える必要が無く、抱えるのは世代交代の激しい部品だけで良いので大量に部品在庫を抱えなくてすむのと、完成品の在庫が内蔵部品の世代交代により相対的劣化を受けるということを避ける事ができます。

 

そのため、在庫管理リスクが減り、完成品の価格を下げることができます。

 

顧客にとっても部品ごとに指定して好みの性能のパソコンを購入することができますし、無駄なソフトウェアや仕様を省いた形でパソコンを購入することができるので、大手家電メーカーよりも安く買うことができます

 

日本にもDELLのようなBTOメーカーがあります。

 

 

どこも基本的なセットがあってその中の部品をカスタマイズ(ハードディスクの容量がもうちょっと欲しいとかメモリをCPUを一つ性能のいいものにしたいなど)できるよう簡単に購入できるようになっています。

 

大手家電メーカーとBTOメーカーの価格の違い

 

さて本題ですが、大手家電メーカーとBTOメーカーがわかっていれば話は早いです。

 

とにかくこれだけは知っておきましょう。

 

大手家電メーカーのパソコンはBTOメーカーのパソコンよりも3万円ほど価格が高い。

 

ということをです。

 

大手家電メーカーのブランドも関係してくるのでしょうか、BTOパソコンよりも価格が高いです。しかし、大手家電メーカーには見た目の面でカラーバリエーションが豊富なところもありますので、気に入った色のパソコンがあるときは少し高くてもそちらを購入したほうが満足感が高いと思います。

 

大手家電メーカーもBTOメーカーもどちらもきちんとした保証がありますので、特に見た目が気にならないという方はBTOパソコンを購入したほうが費用を抑えることができます

 

BTOメーカーも最近では見た目にも力を入れており、スタイリッシュなものが増えてきているので一概に大手家電メーカーのほうが見た目がいいとも言い切れなくなってきていますが…

 

どちらがいいかは自分の目で判断するのが一番いいと思います。他人の感性よりも自分の感性を大事にしましょう。

 

大手家電メーカーのものは、ヤマダ電機などで見てみると比較検討しやすいです。

 

だいたい値段の10%がポイント還元されますので、大手家電メーカー製のパソコンであっても比較的安く購入できます。

 

 

価格帯における性能の違い

 

パソコンの性能は価格によってだいたい決まります。なぜなら、部品ごとに値段が決まっており、パソコンはそれら種々の部品を組み合わせることによって作られるからです。

 

どんなパソコンに入っている部品も大体似たようなものが入っています。なので価格が違えば性能が異なり、逆に価格が同程度ならば性能も同程度になります。

 

ここから先の相場はMicrosoft Officeが入っていない状態での価格です。もしMicrosoft Officeがはじめから入っているパソコンが欲しいのであれば、下記の価格表示に「+2万円」して読んでください。

 

デスクトップパソコンの相場

 

まずはデスクトップパソコンです。

 

デスクトップパソコンは先述したとおり、ノートパソコンよりも部品が安いため少し安くなります。またバッテリーがついてないことも安くなる要因です。

 

エントリーモデル

これは主にワード、エクセル、ネットサーフィンなど普段使いや事務作業などを主として使うのに適しているパソコンです。

 

IntelのCPUですと、CeleronCore i3が使われているパソコンになります。

 

エントリーと言っていますが、バリバリの超きれいな3Dゲームをするのでなければ、この程度で全てできてしまいます。動画もストレスなく見られます。

 

最近はCPUの技術が上がり、安価でも一昔前の超ハイスペックPCぐらいの性能が普通にでます。

 

この程度のパソコンの価格帯は、BTOメーカー製だと5万~7万円くらいで購入できます。

 

大手家電メーカー製だと会社によって違うので一概に言えませんが大体BTOメーカー製よりも3万円ぐらい高い8万~10万ぐらいです。

 

似たような値段ならばCeleronよりもCore i3の方を選んだほうが世代も新しいので無難です。

 

ハイエンドモデル

最近だと値段的にハイエンドと言っていいのか疑問ですが、ここでの定義としてIntelのCPUがCore i5Core i7などが使われているパソコンということにします。

 

このクラスになるといろんなソフトを立ち上げて同時にたくさん処理させることができるようになります。エントリーモデルでもある程度はできますが、このクラスではそれが更に快適になります。

 

Core i5とCore i7はCore iシリーズのCore i3をより性能良くしたモデルで数字が大きくなるほど性能と値段が上がります。

 

数字が上がることで上がる値段は1、2万円ほどなので、これらを搭載したパソコンを購入すると必然的にエントリーモデルより1、2万円高くなります。

 

また、CPUの性能が上がることでパソコンで同時に出来る作業が増えるためそれに伴いメモリ(コンピュータにおいて作業を快適にするための作業台のような部品)の容量も増えるパソコンが多いです。

 

そのためこのモデルのパソコンは最終的にはエントリーモデルよりも2~4万円高く、

 

BTOメーカー製だと7万~11万円、大手家電メーカー製だと10万~14万円ぐらいの値段になります。もしかしたら大手家電メーカー製のものはもう少し高くなる可能性もあります

 

ゲーミングパソコン

これはハイエンドモデルのパソコンにさらにゲームがしやすいように、GPUという部品を搭載したパソコンです。GPUはもうひとつの頭脳みたいなもので、処理の重い3Dゲームなんかを高速に処理できます。

 

このように、ゲーミングパソコンは普通のパソコンより搭載する部品が多いため、必然的に値段がその分高くなります

 

どれくらいかというとGPUの値段が大体1万円~5万円で中にはそれ以上するものあります。

 

なので、購入を検討する場合はハイエンドモデルよりもGPUの値段の分だけ高くなると考えるといいでしょう。

 

BTOメーカーにはゲーミングパソコンとしてGPUが搭載された形のパソコンが売っています。最安のものは10万円前後からあります。しかし、せっかくゲームを楽しむならもう少し高いものを選んで長く使ったほうが長い目で見ると安上がりかもしれません。

 

ノートパソコンの相場

 

これは先述したとおり、デスクトップパソコンより1万~2万円高くなります。エントリーでもハイエンドでもゲーミングでもそれは変わりません。

 

「ノートパソコンはデスクトップより少し高い」と覚えておくといいでしょう。

 

ただし、ノートパソコンにはデスクトップパソコンにはない特有の部品があります。

 

それはバッテリーです

バッテリーが結構値段を上下させます。そこは注意しておきましょう。

 

バッテリー駆動時間が長いに越したことはありませんが、その分値段が高くなることを覚えておきましょう。

 

バッテリーを良い物に変えるだけで1~2万高くなることもしばしばありますので、なるべく安くしたい方は、自分が使う場合どれくらいバッテリーがもてばいいかを予め想定しておくといいと思います。

 

バッテリー駆動時間の目安は6時間前後です。これ以下の時間ですと、気づくとバッテリーが切れていることもしばしばあります。

 

ディスプレイの大きさによっても値段が変わる

ということも覚えておきましょう。当たり前ですがディスプレイが大きくなると筐体も合わせて大きなものになり、製造コストも上がるので値段が上がります。

 

ネットでパソコンを購入する場合は一度家電量販店に行って実際にノートパソコンのディスプレイの大きさを見てくると参考になります。

 

タブレットパソコンの相場

 

タブレットパソコンの場合は結構値段の幅が広く、メーカーによっても性能はまちまちです。

 

だいたい5,6万円出すとタブレットパソコンでやりたいことはほぼすべてできます。

 

ただ、タブレットでネットサーフィンや電子書籍を読むだけならばもう少し安いモデルでもできるようになっています。

 

タブレットの場合ストレージ(データを保存する場所)の容量が大きいほど値段が上がるので注意が必要です。大体容量が16GBのものがそのタブレットの最安のもので、32GB、64GB…と容量が大きくなるにつれ6,7千円づつ高くなっていきます。

 

要点

 

  • 大手家電メーカー製品化BTOメーカー製品かで価格が大きく変わる
  • 大手家電メーカーにこだわらなければBTOパソコン一択
  • 大手家電メーカー製のものが欲しいなら家電ショップが安い
  • 相場を考慮して最適なものを選ぶことが大切

 

 

4.基本的にはどれくらいの性能があれば十分か

パソコンを選ぶときに注意するべき7つのポイント 選び方買い方

主にCPUやメモリ、ハードディスク(HDD)について記述します。

 

これについては、部品それぞれの細かい説明をしてもピンと来ないと思うので、具体的な数値を記すだけにとどめておきます。

 

  • CPU…Core i3、Core i5
  • メモリ…4GB以上
  • ハードディスク(HDD)…250GBもしくは500GB

 

くらいあればパソコンを使う上で不自由しないはずです。

 

でも実はこの数値ってエントリーモデルのパソコンならほぼすべてのものがこれくらいの数値はあるんです。

 

なので、パソコンを購入するときにあまり神経質になる必要はありません。むしろエントリーモデルを買ったとしてもパソコンの性能を持て余すことのほうが多いと思います。

 

バッテリー駆動時間に関しては一概に言えません。人によってもってほしい時間が異なるからです。しかし、長いに越したことはないので、よほどバッテリーが必要ない人以外は6時間以上もつものを選ぶといいでしょう。

 

放熱性能は購入するときにはわからないことがほとんどなので、製品ごとにネットで調べて他のユーザーの意見を参考にするといいでしょう。

 

要点

 

  • エントリーモデルのパソコンでも必要十分な性能を持っている
  • バッテリーは6時間以上もつものが良い

 

 

5.予算との兼ね合いを考慮する

あなたの予算はいくら?

 

パソコンは高い買い物です。誰しも予算があります。予算内で収めたいというのが誰しもが思うところです。

 

なるべく予算内で収めるのはいいことですが、それにこだわりすぎて本来欲しかった性能のものよりも低い性能のものを間違って購入してしまわないようにしてください。

 

パソコンは長く使うものです。そして大体は毎日使うものだと思います。何年間もスピードが遅くて毎日イライラしてしまわないように購入時は注意が必要です。

 

何年間もずっと後悔し続けてもいいのなら止めはしませんが…

 

予算より+1~2万円ものを購入するといいかもしれない

 

これはすべての人に言えるわけではありませんが、安めのものを購入して不満を抱えるよりは、少し奮発して毎日快適にパソコンが使える方がよっぽど精神的にリーズナブルです。

 

繰り返しになりますが、パソコンは長く使うものということを忘れないで下さい。

 

安かろう悪かろうは絶対にダメ

損をします。安かろう悪かろうには絶対にならないでください。安いのを購入して思ったとおりに動かないのであればそれはお金をドブに捨てたも同然です。

 

要点

 

  • パソコンは長く使うものだから少し高めのものを購入することも考慮にいれるべき
  • 安物買いの銭失いは絶対にしてはいけない

 

 

6.必ず保証のあるものを

 

意外かもしれませんが保証に関してちゃんと考えている人は少ないです。

 

たいていのパソコンには保証がありますが、それは壊れたら直してもらうということ以外にも重要な要素を含んでいます。

 

それは初期不良です。

 

初期不良という落とし穴

パソコン購入で厄介なことは、確率は低いですがパソコンには必ず初期不良が存在するということです。

 

パソコンは精密機械です。様々な要因で故障します。製造出荷の段階でもそれは起こります。

 

製造の段階でミスが起きることもあれば、出荷の段階で故障が起きることもあります。

 

何にせよ購入してパソコンを受け取った段階で故障していることがたまにはあるということです。

 

そんな時、しっかりとした保証体制が整っているメーカーで購入すればいいですが、万が一保証のない製品を購入してしまったらもう泣き寝入りです。保証は大事です。

 

また、保証はしっかりしているけれど海外メーカーのものを購入した場合は交換に1、2週間かかることもあります。

 

なのでこのようなリスクを考えると国内メーカーで保証がしっかりしたところで購入することが一番安全策です。

 

できれば最低1年以上は保証があるものを選ぶといいでしょう。

 

要点

 

  • 必ず保証があるものを選ぶ
  • 初期不良になった場合の交換もできないと困る
  • 保証は1年以上あるといい

 

 

7.最後はフィーリングが大事

 

結構真面目にそう思います。性能が悪いのに見た目がいいから買うというのはあまりおすすめしませんが、性能が自分の要求するレベルにあるときは、絶対に見た目が気に入るものを購入したほうが満足できます

 

またまた繰り返しになって恐縮ですが、パソコンは長く使うものなので、どうせなら気に入ったものを毎日使いたいです。

 

特にノートパソコンはそうです。外に持ち歩くこともあり、人の目に映ります。そんな時、カッコイイものやカワイイものを持っていたいですね。

 

逆に見た目をそんなに気にしないのであれば、ガンガン自分のこだわりぬいたスペック(性能)を追求してください。BTOメーカーだとそれが可能です。

 

また、デスクトップパソコンは見た目もいいですが、大きいタワー型のもののほうが、拡張性や放熱性能が上がるので、そちらを優先的に考慮したほうがいいと思います。

 

 

要点

 

  • 見た目も購入する際にはかなり重要
  • デスクトップパソコンはタワー型がなにかと便利

 

 

最後に

パソコンを選ぶときに注意するべき7つのポイント 選び方買い方

どうだったでしょうか。パソコンは高い買い物なので、そうホイホイと購入できるものではありません。

 

慎重にならなければいけません。とことん吟味してください。そして満足できるものを購入してください。そうすればきっとパソコンを使っていても不自由することは無いと思います。

 

この記事ではなるべく誰でも分かるようにCPUやメモリ、HDDなどの詳しい説明は避けまたが、本当はそれらの知識もあるとより吟味しやすいです。

 

この記事はなるべく知っておきたい最低限の知識を解説しました。この内容が皆様のパソコン購入に少しでお役立てたら幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

最後に、この記事のなかで出てきたパソコンを購入できるサイトをもう一度載せておきますので、比較検討に活用してください。

 

BTOメーカー製パソコンなら

ドスパラパソコン工房【公式通販サイト】マウスコンピューターなどがあります。

 

大手家電メーカー製パソコンなら

ヤマダ電機

 

中古でよければ、こちらのイオシスというお店では、いろいろとそろえています。

 

新品にこだわらなければ、安く高スペックのパソコンが手に入ります。新古品といって型落ちした新品もけっこうあります。

 

イオシス

 

執筆:シム・ヒカリ




このエントリーをはてなブックマークに追加                

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的通信費節約4つの戦略!

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)

第1戦略は、まず高性能のスマホを安く手に入れる。

通信費で一番コストがかかっているのは、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのスマホ携帯料金です。これを格安SIMカードに変更します。

SIMフリースマホの入手先です。

SIMフリースマホ本体はここが安いイオシス
格安SIMカードが使えるSIMフリースマホを手に入れます。中古パソコンもいっぱい。中古でも保証があり安心。新品未使用品もたくさんあり、ほとんどの機種を探すことができる。保証があるぶんAmazonよりこちらを選んでいます。




SIMフリースマートフォン本体機種ごとの解説
通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ推薦のお手頃なスマートフォンの機種を選んで解説しています。
SIMフリー スマートフォン特集

第2戦略は、自宅のインターネット回線契約の見直し。光回線比較おススメ

SIMフリースマホを手に入れたところで、まずは、自宅でのパケット節約を目指します。家の中でスマホは、光回線からのWi-Fiを使えば、スマホのパケット料金を使わないで済みます。

光回線を比較、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的におススメの順番

おススメの順番

  1. 関東、関西、中部東海、九州限定NURO光
  2. auひかり
  3. 光コラボレーション
  4. 地方限定のeo光、コミファ光、ピカラ光など
  5. NTTフレッツ光
  6. Softbank Airは工事不要で無線高速ネット

光回線の比較一覧

関東、関西、中部東海、九州地方で速い!安い!うまい!的な光回線はNURO光でしょ!

NURO(ニューロといいます。)

NURO光の特徴
  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。
  • これデメリット→エリアが関東、関西、中部東海、九州だけ!

NURO光のサービスエリア
  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 九州2県:福岡、佐賀

NURO光の詳しい記事はこちら

NURO光 世界最速2Gbps
NURO光本社取材記録・インターネット契約比較、工事内容など


NURO光の申し込みはこちら

NURO 光 今なら3万5千円キャッシュバック



通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋在住です。NURO光にしました。日本の光回線のなかでNURO光が、一番いいんじゃないかと思います。


NURO光を引いてみて実勢の速度は、調子のいい時で1Gbps超えます。夜間の混み合う時でも100Gbpsは出ます。データ速度で困ることなくなりました。


NURO 光 今なら3万5千円キャッシュバック!


auスマホ持ちにはauひかりの組み合わせでメチャ節約

auスマートバリューでスマホと光回線をauに統一するとめちゃ安くなります。auひかりは、特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

  • 戸建て・5100円
  • マンション・3800円
  • auスマートバリューでauスマホ持ちには最大2000円割引で家族で10回線までOK

auひかりは代理店が乱立気味でキャッシュバックとか特典とかが、入り乱れています。比較したい方は、詳細ページへ、イチ押しのauひかりは、下記の申し込み先です。

auひかりの詳しい記事auひかりの申し込みページ

auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちらにもあります。

光コラボレーション・NTTフレッツ光とのコラボの選定方法
  • 光コラボレーションの方がプロバイダー料金コミで安い
  • 回線はNTTフレッツ光なので同じ
  • プロバイダー独自の特典サービスあり
  • 現在NTTフレッツ光の人は転用で光コラボへ
  • スマホとのセット割引で安くなるところを選ぶ
  • 高速ネットならIPv6に対応を選ぶ

NTTフレッツ光の光回線を直接契約するよりもプロバイダー経由の光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。


今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。


光コラボレーションを選ぶ判断は、スマホとのセット割引があるか、高速ネット回線が欲しい場合は、IPv6が使えるかです。


光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引があるかで、契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。


光コラボの中でauスマホとのセット割引が適用できるところ

So-net光コラボ、割引が多い

月額基本料金高そうだが、各種の割引が多いので安い。auスマホ持ちには光コラボなのにメチャ安くなる。

  • 戸建て・5700円
  • マンション・4600円
  • auスマートバリュー最大2000円10回線まで
  • 長割り30ヶ月契約約束で500円割引、さらに戸建て400円・マンション600円割引
  • IPv6に無料対応なので夜間も高速ネット

So-net光コラボの詳しい記事So-net光コラボの申し込みページ

ビッグローブ光・auスマートバリュー、au セット割、格安SIMとの割引

  • 戸建て・4980円
  • マンション・3980円
  • auスマートバリューOK、最大2000円の10回線まで割引
  • ビッグローブ光×au セット割1200円1回線のみ
  • BIGLOBEモバイル同時契約で300円割引
  • IPv6対応

ビッグローブ光の詳しい記事ビッグローブ光の申し込みページ


@nifty光・auスマホ割・ニフモ割引

  • 戸建て・5200円
  • マンション・3980円
  • auスマホセット割・1200円割引1回線分のみ(auスマートバリューではない)
  • 格安SIMのニフモとの割引・200円割引

@nifty光の詳しい記事@nifty光の申し込みページ


ソフトバンクスマホと光コラボのセット割引のあるところ

ソフトバンク光・ソフトバンクおうち割

  • 戸建て・5200円
  • マンション・3800円
  • キャッシュバックあり28000円など代理店多いので詳細ページを
  • ソフバンスマホおうち割1000円最大10回線までOK

ソフトバンク光の詳しい記事ソフトバンク光の申し込みページ


ドコモのスマホと光コラボのセット割引があるところ

ドコモ光・ドコモスマホとセット割引

  • 戸建て・5200Aタイプ、5400円Bタイプ
  • マンション・4000Aタイプ、4200円Bタイプ
  • ドコモセット割主回線のみでスマホ回線により金額まちまち
  • IPv6対応のプロバイダーを選ぶべし

下記申し込み先はIPv6対応。

ドコモ光の詳しい記事ドコモ光の申し込みページ


格安SIMと光コラボとのセット割引のできるところ

OCN光・OCNモバイル割引

  • 戸建て・5100円
  • マンション・3600円
  • 格安SIMのOCNモバイルとの割引・200円割引、5回線まで

OCN光の詳しい記事OCN光の申し込みページ


光コラボにポイントつくところ

楽天コミュニケーションズ光・楽天ポイント貯まる

  • 戸建て・4800円
  • マンション・3800円
  • 楽天スーパーポイントを毎月200 ポイント付与

楽天コミュニケーションズ光の詳しい記事楽天コミュニケーションズ光の申し込みページ


私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持


光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に

東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)

So-net コミュファ光


愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。


So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり。


auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。

関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応

価格もリーズナブルで1年間2953円~で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!

大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。

スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。
四国地方は、【ピカラ光】

愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。

インターネット申込みなら【ピカラ光.com】
NTTフレッツ光・NTT東日本、NTT西日本

NTT光回線の本家です。今では、NTTフレッツ光回線をプロバイダーなどの通信業者にインフラを卸て、プロバイダー名で販売を強化しています。これを光コラボレーションと言います。


しかし、光回線はNTTフレッツ光を直接契約して、プロバイダーをいろいろと変更してみたい方、会社組織で電話回線などNTT独自のサービスを必要としている場合、NTTフレッツ光の直接契約が必要です。


下記が月額基本料金で、ここから2年契約の割引を利用すると1000円ほど安くなります。

  • NTT東日本・・・戸建てタイプ5700円、マンションタイプ4350円
  • NTT西日本・・・戸建てタイプ5400円、マンションタイプ4500円

NTTフレッツ光の本家直接契約については、こちらで詳しく記事にしました。申し込み先も特典の多いところです。

NTTフレッツ光の詳しい記事NTTフレッツ光の申し込みページ

NTTフレッツ光で速度が出ないで悩んでいる人は、プロバイダーを変更しよう
Softbank Airは工事不要で無線高速ネット容量無制限

光回線ではありませんが、無線での高速インターネット回線です。Airターミナルに電源入れるだけで工事不要でネット使えます。WiMAXとの違いは、無線ですが、登録住所でしか使えません。

  • 月額4880円
  • ソフトバンクスマホとセット割で1000円割引、10回線までOK
  • 他社ネット回線や他社携帯会社からの乗り換え解約金還元制度あり
  • キャッシュバッあり

Softbank Airの詳しい記事Softbank Airの申し込みページ


第3戦略は、外でのスマホ通信費削減で格安SIM利用。MVNO比較おススメ

バカ高い!au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアから早く脱却して、格安SIMの世界に大いなる一歩を踏み出しましょう!

格安SIMカードを販売しているところです。

格安SIMのMVNO比較一覧

とにかく安くしたいというライトユーザー、初心者向け

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM

b-mobile

b-mobileはソフトバンク系格安SIM、990円から音声通話付きあり、ソフバンスマホ持ちの通信費節約に

携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの格安SIMは低価格で5枚発行家族シェア、低速でもバースト機能で速くブラウジング快適

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。au系

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

楽天モバイル

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ最低速度1Mbps、電話かけ放題

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioみおふぉん・ドコモ系au系の格安SIMあり、相互シェアも可能

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

NifMo

NifMo(ニフモ)の格安SIM

イオンモバイル

イオンスマホはサポートがあって初心者向き格安スマホ・格安SIM

今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け。新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話オプションでMNP

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの格安SIMは低価格で5枚発行家族シェア、低速でもバースト機能で速くブラウジング快適

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。au系

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

楽天モバイル

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ最低速度1Mbps、電話かけ放題

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioみおふぉん・ドコモ系au系の格安SIMあり、相互シェアも可能

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

NifMo

NifMo(ニフモ)の格安SIM

イオンモバイル

イオンスマホはサポートがあって初心者向き格安スマホ・格安SIM

b-mobile

b-mobileはソフトバンク系格安SIM、990円から音声通話付きあり、ソフバンスマホ持ちの通信費節約に

U-mobile

U-mobileは大容量データ通信SIMが安いです。

外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEと他SNS使い放題、LINEMUSIC放題で音声通話SIM大容量もありなら安い

格安スマホ「TONE」

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話オプションでMNP

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)ってどうよ?ほんとに安いか?通信品質は?格安SIMとの違いは?

U-mobile

U-mobileは大容量データ通信SIMが安いです。

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。500Kbpsで使い放題あり。au系

一人暮らし向きにはWiMAX、モバイルwifiとの併用で固定回線並みに→WiMAXを比較

スマホの通信料金節約でどこのMVNOと格安SIMを選んだらいいのかわからない場合は、この記事をどうぞ。長文保存版です。
具体的にどこがいい?・MVNOと格安SIM講座第6回

格安SIMそもそもからの解説はこちら


第4戦略、最強の通信費節約モバイル回線一人暮らし向き

これは、一人暮らしに向いている通信費の節約方法の究極のパターンです。高速無線インターネットのWiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiで容量無制限、工事必要なしすぐ使えるネット回線。無線ルーターと一緒ならスマホのSIMカードすらいらない!

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的におすすめのWiMAX2+、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi比較おすすめ

モバイル回線おすすめトップ10表【2019年9月調査】
プロバイダのリンク 開始月料金・37カ月~料金・3年間支払い総額 契約期間、速度制限など
どんなときもWiFi
softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア一番広い
通信制限無し一番おすすめ
初月3480円
37ケ月~3980円
3年総額134760円
2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し
BroadWiMAX
2年以上利用で安い、乗り換え補助ありWiMAXならおススメ
初月2726円
37ケ月~4011円
3年総額131352円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
DTI WiMAX2+
3年目から安い長期契約で安い
初月0円
37ケ月~3760円
3年総額130430円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
カシモWIMAX
長期利用で安いが旧端末
初月0円
37ケ月~4079円
3年総額130368円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックなしで月額安いコース
3年までは安い4年から高くなる
初月2170円
37ケ月~4263円
3年総額124830円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
hi-ho WiMAX2+
最初安いが4年目から高い
初月2980円
37ケ月~4300円
3年総額135060円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
So-net モバイル WiMAX 2+
若干高めだがサポート充実2年10カ月~最新機種へ無料変更あり
初月0円
37ケ月~4379円
3年総額145656円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+
37100円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう
初月3609円
37ケ月~4263円
3年総額155769円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
BIGLOBE WiMAX 2+
23000円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう
初月0円
37ケ月~4380円
3年総額156310円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
UQ WiMAX
WiMAX本家で料金高い、13000円キャッシュバックあるが、キャッシュバックメンドウ
初月3696円
37ケ月~4380円
3年総額160008円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら

モバイル回線おすすめ表の詳しい解説はこちらです。

モバイルWi-Fi安さ無制限で比較おすすめ・WiMAX、4G LTEのモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi

TOPへ