サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

格安スマホ初期設定・IIJmioサインアップ開通手続き図解入り・格安SIMスマホ実践編第3回

『IIJ BIC SIMウェルカムパック SMS対応 ナノSIMパッケージ』のパッケージに入っているサインアップガイドにそって手続きを行います。

 

IIJ BIC SIMウェルカムパック SMS対応 ナノSIMカードサインアップガイド

 

ビッグカメラの「BIG SIM」のMVNO事業者はIIJmioになります。直接ビッグカメラが通信事業をしているわけではありません。届いたSIMカードをスマホに入れてデータ通信をできるようにするには、まず、SIMカードの開通手続きをします。

 

SIMカードを買ったものをそのままスマホに挿しても使えません。SIMカードの中の電話番号データMVNO通信事業者という三者を結びつける手続きをしないと使えません。

 

 

ここでの「電話番号」とは、音声通信のできる電話番号ではありません。ショートメールの送れるSMSの番号になります。SMS付きではないSIMカードの場合は、開通手続きをする番号になります。

 

音声通話は、別途音声通話アプリなどをいれて番号取得の手続きをする必要があります。SIMカードについている「電話番号」はあくまでもデータ通信を行うための識別番号とでも理解しておくとスッキリします。

 

IIJmioのサイトへパソコンからアクセスして手続きをします。

 

IIJmioの開通手続きをする最初のサインアップURL
http://www.iijmio.jp/start/

 

手続き詳細は、だいたい分かると思いますが、若干迷うところもありますので、通信料金節約ワザ.com管理人のシム・セツヤのやった画面を撮っときましたのでご紹介します。

 

 

  1. IIJmioの最初のログイン画面。一緒に送られてきたSTART PASSカードの裏に書いてある電話番号とパスコードを入力する。

    START PASSカード IIJ BIC SIMウェルカムパック SMS対応 ナノSIMカード
    このカードの裏に書いてあります。
    IIJmioの最初のログイン画面。一緒に送られてきたSTART PASSカードの裏に書いてある電話番号とパスコードを入力する。

  2.  

     

  3. SIMカードの情報が出てきますので確認します。次へをクリックします。

    SIMカードの情報が出てきますので確認します。次へをクリックします。

  4.  

     

  5. SIMカードの説明と下の方に申し込むコース選択があります。

    SIMカードの説明と下の方に申し込むコース選択があります。

  6.  

     

  7. 管理人の場合はファミリーシェアプランを選びました。家族で2GBのデータを分け合って使えるコースです。次へをクリックします。

    管理人の場合はファミリーシェアプランを選びました。家族で2GBのデータを分け合って使えるコースです。次へをクリックします。

     

     

  8. SMS機能付きの料金になっています。

    SMS機能付きの料金になっています。

  9.  

     

  10. IIJMIOの会員登録をします。初めてIIJMIOを使うので下の新規会員スイッチを押します。

    IIJMIOの会員登録をします。初めてIIJMIOを使うので下の新規会員スイッチを押します。

  11.  

     

  12. 同意事項がいろいろ出てきます。下の方でメールアドレスを登録します。

    同意事項がいろいろ出てきます。下の方でメールアドレスを登録します。

  13.  

     

  14. メールアドレスの登録。今後のお知らせとかが届きますので、間違えないように入力します。

    メールアドレスの登録。今後のお<br />知らせとかが届きますので、間違えないように入力します。

  15.  

     

  16. 確認メールが届くので、その中にある認証コードを入力して次に進みます。

    確認メールが届くので、その中にある認証コードを入力して次に進みます。

  17.  

     

  18. 住所とか名前など契約者情報を登録して次に進み、確認画面が出てくるのでOKします。

    住所とか名前など契約者情報を登録して次に進み、確認画面が出てくるのでOKします。

  19.  

     

  20. これでIIJMIOの会員登録が済んでmioIDとmioパスワードを入手しました。

    これでIIJMIOの会員登録が済んでmioIDとmioパスワードを入手しました。

  21.  

     

  22. SIMカードの申し込みに戻ってサービスコースの確認をします。ファミリーシェアプランを申し込んだのでSIMカードの枚数を申し込む設定に進みます。

    SIMカードの申し込みに戻ってサービスコースの確認をします。ファミリーシェアプランを申し込んだのでSIMカードの枚数を申し込む設定に進みます。

  23.  

     

  24. SIMカードの枚数を決めます。とりあえず追加で1枚欲しいので1枚目のところでチェック。2枚目の右の枠で追加しないをチェックしてから設定を押します。2枚目が必要になったときに後から申し込みもできます。

    SIMカードの枚数を決めます。とりあえず追加で1枚欲しいので1枚目のところでチェック。2枚目の右の枠で追加しないをチェックしてから設定を押します。

  25.  

     

  26. 申し込み内容を確認して、2枚目のSIMカードを送ってもらう日時設定に進みます。

    申し込み内容を確認して、2枚目のSIMカードを送ってもらう日時設定に進みます。

  27.  

     

  28. 必要な日時を選択して設定に進みます。

    必要な日時を選択して設定に進みます。

  29.  

     

  30. 設定が終わったのでここから本当の契約です。

    設定が終わったのでここから本当の契約です。

  31.  

     

  32. 契約内容の確認と契約条項が長々と書いてあります。常識的な内容なので同意するにチェックをいれてご契約スイッチをクリック染ます。

    契約内容の確認と契約条項が長々と書いてあります。常識的な内容なので同意するにチェックをいれてご契約スイッチをクリック染ます。

  33.  

     

  34. これで完了です。申し込んだプラン名とSIMカードの確認をして終了です。

    これで完了です。申し込んだプラン名とSIMカードの確認をして終了です。

 

 

ちょっと画像が小さかったでしょかね。キャプチャーソフトの設定が丁度いい具合にできなくてスミマセン!次回の記事では、ちゃんとわかりやすい画像にします。

 

IIJMIOの開通手続きでは、会員登録のところがあるということと、SIMカード2枚目の発行で3枚目を発行しないをクリックしないと次に進めなくて戸惑った点くらいで、画面をしっかり読めばなんとか分かると思います。

 

ファミリーシェアプランで追加のSIMカードを頼むと、1枚につき2100円追加料金がかかります。合計3枚の運用が可能です。このコースは2GBまでの高速通信がついています。それを追加したSIMカードで分け合って使えるのでいいですよ。

 

通信料金節約ワザ.com管理人のシム・セツヤのところでは、私と妻の夫婦で2枚のSIMカードを使ってます。

 

2枚目のSIMカードは1週間くらいしたら送ってきました。

 

ほとんど自宅のWi-Fi環境にいるのでこの2GBもほとんど使いません。いい具合にこのSIMカードの通信もできるので、近々、遠方に住む大学生の息子にもこれを持たせて携帯通信料金の節約に使おうかと考えています。

 

そうすれば親子3人のスマホ運用費が月々3000円で済みます。高速通信データの2GBはほとんど息子が使えばいいでしょう。

 

彼もアパートに光ファイバーがあります。大学でもWi-Fi環境があります。ですからほとんどドコモ通信網を使うことはないとおもいます。

 

Wi-Fiがないところでの音声通話アプリなどがスムーズに使えればいいので、念のなめに2GBもあれば十分です。

 

今回の私のやった、IIJMIOのこのコースはビッグカメラのBIG SIMを買って手続きするコースです。

 

今は、もう、IIJMIOとビッグカメラのコラボはやっていないようです。

 

次回からは、スマホ本体の入手、SIMカードが届いてからの設定、運用状況などもレポートしたいと思います。

 

この記事を書いた後に、このパターンを実際に使い出してから3ヶ月以上たってから、「NTTコミュニケーションズOCN モバイル ONE」にした方がよかったと今は考えています。

 

OCNの値下げと容量アップがあった点、使わない高速通信の繰り越しもあります。

 

OCN モバイル ONEもSIMカードを申し込んでからシェアプラン追加でSIMカードを追加発行する方法があることを知りました。しかも、月480円の格安で追加SIMカードの発行ができます。これで他社よりも安く高品質なOCN モバイル ONEの回線を家族分シェアも可能です。

 

ビッグSIMを選んだ有力ポイントである公衆無線LANの無料特典も、実際は全く使っていません。

 

その辺は、また別の記事にします。このサイトを時々見に来て下さい。新着情報でお知らせします。

 

OCN モバイル ONE関連記事です。
OCNのSIMカード購入記録」「SIMフリー版iPhone 6で格安SIM「OCNモバイルONE」は使えるのか?実際にやってみた!」「iijmio解約手続き記録。mio高速モバイル/Dの解約方法です。「OCN モバイル ONE」へ乗り換えます。」「具体的にどこがいい?・MVNOと格安SIM講座第6回

 

 

さらに追記です。通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、格安SIMカードをOCN モバイル ONEに結局しましたが、その後の通信会社の競争は激しくなってます。


2015年からは、格安SIMの高速通信容量も通常2GBが900円相場だったのが3GB900円になってきました。


さらに、値下げ合戦と余った容量の繰り越しができたりとサービスの向上があります。


そんな中で、今ではOCN モバイル ONEが一番いいとは言いがたくなってきました。高速通信付きで、とにかく安くしたい場合は、DMMモバイルの1GB付きで480円というのは最安です。


DMMでも通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には、十分いいコースだと思います。


DMMのSIMについてはこちらに記事でまとめています。


DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど


その辺の事情も考えて、随時、格安SIMの動向をこちらのページでは更新していますので、是非ご参考にしてください。


具体的にどこがいい?・MVNOと格安SIM講座第6回


長文になってますので保存版としてお気に入りなどにいれて時々チェックして頂ければと思います。


 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ