サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

スマートフォンに関係する相談件数が増えている。やっぱりね。

スマートフォンに関係する相談件数が増えている。やっりね。

スマホの契約でいらないオプションや付属品をつけるのを条件に割り引く販売方法への苦情が増えているそうです。

 

契約内容がわかりにくいことや、初月無料で契約すると割引するなどの契約で、解約しようとするとその方法がわかりにくかったりして困ったなどの不満があるようです。

 

 

スマートフォンに関係する相談件数が増えている

 

国民生活センターのサイトを見てみると、

 

スマートフォンに関連する相談
http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/smartphone.html
のページに出ています。

 

相談件数は、

 

  • 2011年が4,762件
  • 2012年が7,677件
  • 2013年が9,406件

 

3年間で約2倍も増えてます。

 

これ全部がスマホの契約に関するもというわけでは無いでしょうが、携帯ショップ代理店同士の競争で、割引や特典を目立たせて、内容がよくわからずに契約に至っている消費者が多くなっていることが、その背景にありそうです。

 

MNPでの携帯会社間の乗り換えや、新規契約にばかり手厚く割引や特典をつけての顧客争奪戦になっています。長いこと同じ携帯会社のキャリアーを使っている人には、なにも恩恵がないというのも不満になっています。

 

スマホ契約に関する不満の背景

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤも最初にスマホを契約したのは、auですが、いろんなオプションをつけて、それでスマホ本体がゼロ円、おまけで7インチアンドロイドタブレットが付いてくるという契約をしました。オプションは一ヶ月以上必ずそのままにするように言われました。

 

とにかく機種代金がタダになり、おまけにタブレットまでくれるなんて、なんて優しい、太っ腹なお店だろうと思って、ニコニコで契約したものです。(ショップのお姉さん、カワイカッタシ・・・・)

 

それで、ついつい、一ヶ月たっても、オプションでなにが付いているのかをよく理解していなかったので、面倒になりそのままで放置していました。

 

ここでしっかり調べていらないオプションを一ヶ月過ぎたところで解約すればいいんですが、これまた、解約する手続きがわかりにくいという苦情も多いのです。

 

私のように、なにがオプションかを理解していないという点、何がオプションかを理解していても解約するのが分かりにくかったり、複雑で面倒だったりといったことが挙げられます。

 

売らんかなの姿勢が強すぎて、みんなが喜ぶ商売の基本がどこかへ行ってしまったような気もします。割引や特典のおまけの原資が、オプション契約をとった場合のマージンとかにあるのも一因です。

 

そのへんの仕組みは商売ですから問題無いにしても、消費者が理解していない状況を放置したまま、あとからの苦情を想定してサービス内容や料金、解約方法などをわかりやすくする企業努力は、もう少ししてもいいように思います。

 

携帯やスマホの通信料金パンフを見てもわかりにくいですからね。

 

スマホ契約の不満から格安SIMの人気が出てきました

 

最近では、格安SIMの格安スマホの人気が出だしました。格安SIMの料金体系は、スッキリと月いくらです。非常にわかりやすいです。通信速度が遅いとか、大容量のデータを扱えないとかいろいろ弱点があるにしても、それも普通に電話してネット見てということには何ら支障のない範囲です。

 

MVNOの格安SIMはいいですよ。格安SIMの世界は、このサイトをじっくりと読んでもらえれば、わかるようにしてあります。

 

まとめ的に

 

「スマホの契約でいらないオプションや付属品をつけるのを条件に割り引く販売方法への苦情が増えている」という新聞記事をみたので、今回はその話題でした。

 

契約内容がわかりにくいこと、初月無料で契約すると割引するなどの契約で、解約しようとするとその方法が分かり難いという苦情などが増えていいるという話題でした。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には、毎度の締めですが、格安SIMでの月1000円でのスマホ運用を提案します。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ