サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

【2020年8月】無制限モバイルWi-Fiおすすめ比較表【動画あり】

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)無制限のおすすめを比較表にしました。

 

完全無制限、使い放題をうたったモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)が登場しました。

 

au、ソフトバンク、ドコモの4G LTEの高速無線ネット回線を無制限で利用できるサービスです。

 

しかし、2020年、一部、通信障害が発生する事件が起きました。

 

それをきっかけに完全無制限ではなく、通信の出来る範囲を明記する会社も出てきました。

 

完全な無制限ではなく、やはり、通常の使い方の範囲では問題なく無制限という理解をした方がいいようです。

 

WiMAXの3日間で10GBの制限程度と同じような使い方なら十分な通信という理解が必要です。

 

2020年6月現在でモバイルWi-Fiの状況を比較表にまとめましたのでご覧ください。

 

 

無制限モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)の比較表

 

ポケットWi-Fi無制限比較表【2020年6月調査】
商品名 4年間総額(事務手数料含む 月額 ルーター 利用回線 契約期間縛り
【限界突破WiFi】
管理人利用中。
171500円 3500円 jetfon P6・接続8台
たくさん繋げれるのがいい!
トリプル 2年解約金18000円、以降1年更新で5000円(解約金5000円ならまあいいか!?)
クラウドWi-Fi 169600円 3380円 U2s・接続5台 トリプル 無し
完全に無しというのはすごいね!
【ギガWi-Fi】 162250円 3250円 U2s・接続5台 トリプル 2年縛り解約金初月~24ヶ月:19,800円
【THE Wi-Fi】どすごい Wi-Fi 190172円 3480円~4ヶ月目から3842円 U2s・接続5台 トリプル 2年縛り解約金9800円
トリプルとは、トリプルキャリアのことで、softbank、au、DoCoMoの4G回線の最適な回線を自動切換えしてつなぐ方式です。WiMAXよりエリアが広いです。山間部や海岸部でもわりとつながります。
2年目から月額料金が上がるところがあるので4年間の総額で表記しました。大学生の4年間利用を想定しています。
契約時の事務手数料(3000円程度)の必要なところと不必要なところがあるのでそれも含めた総額になっています。
契約の縛り期間は、更新月は解約金が0円です。解約金のないところか、2年後に安くなるところがおススメ。

 

無制限モバイルWi-Fiなのに速度制限

 

WiMAXは、3日間10GBまでで、超過した後も夜間帯だけ低速になる制限で、比較的緩いので、普通にネットを使うには許容範囲なんです。

 

なので、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの早寝早起き年寄り的生活では、OKなので、みなさんにWiMAXをおすすめしていました。

 

しかし、4G回線を利用した無制限モバイルWi-Fiが出てきたので、それなら、そっちの方がいいのではと【限界突破WiFi】 を買ってみました。

 

無制限モバイルWi-Fi系の通信障害事件

 

しかし、無制限モバイルWi-Fi系各社は、使い放題と銘打ってたくさん売れすぎたのか、回線がパンクしているようです。

 

無制限の看板が少し怪しくなってきています。

 

通常の使い方では、十分な通信量を確保していますが、なかには、超ヘビーユーザーがいます。

 

無制限を宣伝するあまり、こういった超ヘビーユーザーを刺激しすぎているのではと思ってしまいます。

 

なかには、1日で1テラバイト以上データ通信の実験をしたという人の報告もあります。

 

こういったことをされると、一般ユーザーにしわ寄せがきてしまいます。

 

有限の電波は無制限には使えない

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、【限界突破WiFi】 の4G回線とBroadWiMAXのWiMAX2+回線を使っています。

 

WiMAXは、3日で10GBという通信制限をはっきりさせています。

 

無制限モバイルWi-Fi系の会社は、いまだに無制限を看板にしています。

 

4G回線を使うモバイルWi-Fi系も通常の利用方法では、実質無制限です。

 

しかし、2020年に起きた各社の通信障害事件では、超ヘビーユーザーを甘く見ていたと思います。

 

有限の通信資源を無制限ということの限界が見えました。

 

【限界突破WiFi】 の場合

 

限界突破WiFiの速度制限表記です。

 

限界突破WiFiの速度制限表記【2020年8月】無制限モバイルWi-Fiおすすめ比較表【動画あり】

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの利用している【限界突破WiFi】 の場合は、4G回線で、1日5GBまで高速で5GB超えたら10GBまで4Mbpsになり、それ以降は128Kbpsになるとハッキリ明記するようになりました。

 

制限がかかっても次の日にはリセットされます。

 

この表記がなかった時に契約した人には、解約金なしでの解約に応じています。

 

このへんは、信頼できる会社かと思います。

 

私の場合は、YouTubeの動画で音楽などBGMがわりにして、1日中つけっぱなしにしてますが、データ通信量は3GB~4GBくらいです。

 

1日5GBの高速通信を超えても4Mbpsで通信できれば、通常のネット生活はできます。

 

いままでも、通信無制限の看板の中身は、この利用量を想定していたはずです。

 

ですから、最初から、そういっとけばよかったのにと思います。

 

【限界突破WiFi】 は、はっきり明記していますが、他社の無制限系のモバイルWi-Fiは、いまだにそのままの看板です。

 

ですから、他社のモバイルWi-Fiも、【限界突破WiFi】 の表記程度の通信量だと思った方がいいと思います。

 

1日5GBの4G高速通信と10GBまでの4Mbpsで実質無制限という理解です。

 

これだけあれば、通常のネット生活は十分だと考えます。

 

トリプルキャリアの4G回線の無制限でエリア広い!

 

無制限モバイルWi-Fi系のルーターは、ほとんど、au、ソフトバンク、ドコモの4G回線をトリプルキャリアでつかんで自動切り替えするクラウドSIMを利用しています。

 

大手携帯3キャリアの高速回線をつかむのでエリア的には、WiMAXより広く、4G回線なので建物内でもつながりやすく

 

混雑具合などで一番つながりやすい回線を自動切換えするのでつながりやすさでも十分なシステムです。

 

しかも、無制限というものだから、一人暮らしのネット回線や、固定回線の代わりになるということで人気が爆発しました。

 

料金比較・無制限モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)比較表解説

 

どのコースも、4年間の総額で言うと5千円~1万円前後の差です。

 

料金的には、月額3500円前後、4年間総額16~17万円前後といったところです。

 

長く使うつもりであれば月額料金の安いものを選べば良いでしょう。

 

最初の2年間は安く、以降、高くなるというコースは長期利用では高くなります。

 

ルーター機種比較・無制限モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)比較解説

 

利用するルーターでは、ほとんどが、U2sという機種です。

 

クラウドSIMを利用しています。

 

U2s

 

無制限Wi-FiルーターU2s、トリプルキャリアのクラウドSIM

 

U2sは、ディスプレイが無く、電源スイッチと電波をキャッチしてるランプなどのみのシンプルなつくりです。

 

無制限Wi-FiルーターD1(U2s)、トリプルキャリアのクラウドSIM

 

jetfon P6

 

無制限Wi-Fiルーターjetfon P6、トリプルキャリアのクラウドSIM

 

そして、【限界突破WiFi】 のjetfon P6です。

 

【限界突破WiFi】 のjetfon P6は、もともとスマホのjetfon P6で、テザリング機能を利用してルーターとして作り替えたものです。

 

スマホ型といえども立派にトリプルキャリアを捕まえるクラウドSIMの方式を導入しています。

 

もともとがスマホなので、地図と翻訳アプリが使えるようになっています。

 

Androidスマホなので、裏ワザ的に他のアプリを利用している人もいます。

 

氷川きよしのCMでバンバン宣伝している【限界突破WiFi】 です。

 

氷川きよしさんのじゃないんですが、【限界突破WiFi】 を開発販売しているX-mobileの社長さんがYouTubeやってたので載せておきます。

 

 

【限界突破WiFi】 は、契約解除したときに、このスマホ型ルーター本体を返却をしなくてもいいので、好きなように改造もできるでしょう。

 

他社の場合はルーターについては返却が必要で、故障した場合も高額の修理代金や取り替えの料金がかかります。

 

【限界突破WiFi】 の場合は、自己責任でこのルーターを自分のものとして使えば良いと言う利点があります。

現在、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤもこれを契約して使ってます。

 

私の場合は、特に通信障害に合ったことはありません。

 

解約縛り比較・無制限モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)比較解説

 

契約の縛りについては2年間がほとんどです。

 

1社だけクラウドWi-Fiと言うところは、契約期間の縛りなしで、いつでも解約ができるとサービスを打ち出しました。

 

料金的にも安く、比較的安く無制限のWi-Fiルータを持つことができます。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、1台のルーターの5台以上の通信機器をつなげたかったので【限界突破WiFi】 のjetfon P6にしましたが、契約期間の縛りのないクラウドWi-Fiはいいですね。

 

トリプルキャリア回線のクラウドSIMとは

 

いままでの4G回線のモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)ルーターの場合は、ルーター端末に挿しこんでいるSIMカードで、キャリア会社ごとの電波をつかんで通信をしていました。

 

この場合は、対応しているキャリア回線が、圏外の場合はネットにつながりません。

 

トリプルキャリアのクラウドSIMの場合は、クラウド側で、一番最適なキャリアの電波につなげるので、一番広くネット回線を利用できます。

 

一つのキャリア回線に依存しないので、エリア的にも広く、つながり具合についても改善されている技術です。

 

WiMAXと4G LTE回線モバイルWi-Fiとの実測速度測定実験

 

WiMAX2+と4G回線のトリプルキャリアのクラウドSIMとの速度測定比較実験動画

WiMAX2+と4G回線のトリプルキャリアのクラウドSIMとの速度測定比較した動画がありましたので掲載しておきます。


熱海の鉄筋のホテル内での速度測定実験



詳しい内容はこちらのブログをどうぞ。


旅先でモバイルネット回線速度比較レポート・熱海ホテル鉄筋内20年7月1日



山の中での速度測定実験



詳しくはブログ記事をどうぞ。
旅先モバイルWi-Fiネット回線速度比較・岐阜のマチュピチュ/天空の茶畑【動画あり】



その他、このなごやネットさんのブログでは、車中泊旅行をしながら通信測定結果を各地で行ってくれています。
「VANLIFE旅先ネット回線」の記事一覧
https://na58.net/category/vanlife-net


 

まとめ

 

完全無制限のモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)が乱立してきました。

 

いままでWiMAXをおすすめしていた通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、当然、無制限のモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)派になりました。

 

比較表のなかから、さっそく、【限界突破WiFi】 を申し込みました。

 

クラウドSIMのモバイルWi-Fiを最初に始めた「どんなときもWi-Fi」は、通信障害で、現在(2020年7月現在)は募集を中止していますが、【限界突破WiFi】 は特に問題なく毎日ネットにつながってます。

 

一部では、【限界突破WiFi】 も通信障害があったようで、今では、制限がかかる目安をしっかりと販売ページに書いてあります。

 

1日10GBということが書いてあります。

 

これだけあれば、WiMAXより使えるし、ほぼ使い放題という範囲です。

 

他社は、いまだに完全無制限といっています。

 

ハッキリ言って、物理的に完全無制限というのは無理でしょう。

 

ですから、利用できる範囲を明記している、WiMAXか【限界突破WiFi】 というところで、私は判断したいと思います。

 

WiMAXは回線的に安定しているような気もします。

 

生活圏が都会だけという人で、3日間10GBの制限でOKの人は、WiMAXかというところです。

 

 

 

ポケットWi-Fi無制限比較表【2020年6月調査】
商品名 4年間総額(事務手数料含む 月額 ルーター 利用回線 契約期間縛り
【限界突破WiFi】
管理人利用中。
171500円 3500円 jetfon P6・接続8台
たくさん繋げれるのがいい!
トリプル 2年解約金18000円、以降1年更新で5000円(解約金5000円ならまあいいか!?)
クラウドWi-Fi 169600円 3380円 U2s・接続5台 トリプル 無し
完全に無しというのはすごいね!
【ギガWi-Fi】 162250円 3250円 U2s・接続5台 トリプル 2年縛り解約金初月~24ヶ月:19,800円
【THE Wi-Fi】どすごい Wi-Fi 190172円 3480円~4ヶ月目から3842円 U2s・接続5台 トリプル 2年縛り解約金9800円
トリプルとは、トリプルキャリアのことで、softbank、au、DoCoMoの4G回線の最適な回線を自動切換えしてつなぐ方式です。WiMAXよりエリアが広いです。山間部や海岸部でもわりとつながります。
2年目から月額料金が上がるところがあるので4年間の総額で表記しました。大学生の4年間利用を想定しています。
契約時の事務手数料(3000円程度)の必要なところと不必要なところがあるのでそれも含めた総額になっています。
契約の縛り期間は、更新月は解約金が0円です。解約金のないところか、2年後に安くなるところがおススメ。

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ




このエントリーをはてなブックマークに追加        

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、ポケットWi-Fiでネット契約見直しパターン集

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

TOPへ