サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

モバイルWi-Fi、WiMAXエリアとつながりやすさ

モバイルWi-Fiエリアとつながりやすさ

 

モバイルWiFiのエリア、繋がりやすさについて調べました。

 

モバイルwifiを選ぶ時には、サービスエリアと電波の繋がりやすさが、大きな問題になります。

 

モバイルwifiを選ぶ時に、失敗しないためには、エリアの確認と自分の利用状況での繋がり易さを確認することが重要です

 

 

 

モバイルWiFiを選ぶにあたっては、エリアの確認

 

モバイルWi-Fiを普段使う場所のエリアの確認です。

 

モバイルwifiを選ぶ時には、料金や通信速度、月間の容量制限など色々な検討課題があります。

 

しかし、電波が届かない限りは利用することはできません。

 

モバイルWiFiの電波には、大きく分けて、WiMAXという通信システムと、4G LTE回線という携帯電話と同じ回線を使っている無線の高速インターネット回線があります。

 

 

WiMAXのサービスエリアを調べる方法はこちら

 

GMOとくとくBB WiMAX2+のページの中ほどにエリア検索があります。

 

WiMAXのサービスエリアを調べる方法はこちら

 

エリアを下調べしないで、引越先を決めてしまった通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの失敗談はこちらにあります。

 

 

 

WiMAXのエリア外ではauの4G LTE回線を利用することができる

 

WiMAXのエリア外については、WiMAXの場合は、auの4G LTE回線を利用することができるオプションがあります。

 

auの4G LTE回線で、WiMAXのサービスエリアを補っています。

 

最新機種については、LTEオプションが対応できるようになっています。

 

また、WiMAXの3年契約の場合は、このLTEオプションの月額料金1005円が無料となっています。

 

しかし、LTEオプションを使った時には月7GBの上限があります。

 

注意が必要です。

 

7GBを使い切った場合には、WiMAX回線も含めて全て通信が低速に制限されてしまいますので注意が必要です。

 

ルーターの設定で、LTEオプションが7GBを超えないように設定が必要です。

 

 

 

WiMAX以外のモバイルWi-Fiのサービスエリア

 

ソフトバンク、回線のエリア検索ページはこちらです

 

https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/

 

 

ドコモXiエリア

 

https://www.nttdocomo.co.jp/area/

 

 

auエリア

 

https://www.au.com/mobile/area/

 

 

モバイルWiFiの電波帯

 

モバイルWiFiについては、利用する電波帯によって鉄筋コンクリートなどを建物内でも繋がるかどうかが気になるところです

 

大雑把な見方で言うと、WiMAXは鉄筋コンクリートの入り組んでいるようなところでは、繋がりにくい傾向があります。

 

また、携帯電話回線と同じ4G LTE回線のモバイルWiFiについては、室内でも比較的繋がりやすい傾向があります。

 

モバイルWiFiの電波についての周波数帯というのは、1秒間に繰り返される、電波の波の数によってHz、MHz、GHzなどという単位で表示されています。

 

MHzだと1秒間に100万回の、電波の波で情報を送っているということになります。

 

WiMAXは、2.5ギガヘルツ帯を利用して高周波数帯に属しています。

 

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなどは、700MHzから2.1ギガヘルツ帯まで様々なバンドの周波数帯を利用しています。

 

この中で一番の高周波数帯は、WiMAXで、電波の波が細かいので鉄筋コンクリートの入り組んでいるようなところでは、電波が入り込まず、受信ができないところが若干存在します。

 

そう言う場合でも、WiMAXのルーターを窓際やベランダに置くなどのことをすれば、受信出来ることが多くあります。

 

電波の違いとしては、WiMAXは独自の無線高速ネット回線を展開しているということと、LTE回線を利用しているモバイルWiFiについては、スマホ携帯電話と同じ電波を使っていて、エリアも同じという風な認識で十分です。

 

 

まとめ

 

モバイルWi-Fiには、WiMAX、4G LTE回線を利用したモバイルWi-Fiでたくさんのサービスがあります。

 

無線での高速インターネット回線ですので、一人暮らしの固定回線代わりにも人気があります。

 

ネットの利用で、工事が必要ありません。

 

家のなかでも、そとでもWi-Fiルーターを持ち歩けば、自宅でのネット環境をそのまま持ち歩けます。

 

非常に便利です。

 

高速無線インターネットのモバイルWi-Fi関連各社比較表を載せておきます。

 

モバイル回線おすすめトップ10表【2020年1月調査】
プロバイダのリンク 開始月料金・37カ月~料金・3年間支払い総額 契約期間、速度制限など
どんなときもWiFi
softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア広い
通信制限無しおすすめ
初月3480円
37ケ月~3980円
3年総額134760円
2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し、海外利用もOK。
詳細記事こちら
【限界突破WiFi】
softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア広い
通信制限無しおすすめ
初月3500円日割り
以後ずーと3500円
3年総額129500円
安い!
2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し、海外利用もOK。
BroadWiMAX
2年以上利用で安い、乗り換え補助ありWiMAXならおススメ
初月2726円
37ケ月~4011円
3年総額131352円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
DTI WiMAX2+
3年目から安い長期契約で安い
初月0円
37ケ月~3760円
3年総額130430円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
カシモWIMAX
長期利用で安いが旧端末
初月0円
37ケ月~4079円
3年総額130368円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックなしで月額安いコース
3年までは安い4年から高くなる
初月2170円
37ケ月~4263円
3年総額124830円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
So-net モバイル WiMAX 2+
若干高めだがサポート充実2年10カ月~最新機種へ無料変更あり
初月0円
37ケ月~4379円
3年総額145656円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+
37100円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう
初月3609円
37ケ月~4263円
3年総額155769円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
BIGLOBE WiMAX 2+
23000円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう
初月0円
37ケ月~4380円
3年総額156310円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
UQ WiMAX
WiMAX本家で料金高い、13000円キャッシュバックあるが、キャッシュバックメンドウ
初月3696円
37ケ月~4380円
3年総額160008円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら

 

モバイルWi-Fi安さ無制限で比較おすすめ・WiMAX、4G LTEのモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi

 

2019年からは、どんなときもWiFiのような速度制限なし、使い放題の完全無制限のモバイルWi-Fiが多数出来てきました。

 

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ




このエントリーをはてなブックマークに追加                

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、ポケットWi-Fiでネット契約見直しパターン集

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

TOPへ