サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

GMOとくとくBB WiMAX2+はキャッシュバックあるけど・・

GMOとくとくBB WiMAX2+

 

GMOとくとくBB WiMAX2+は、キャッシュバックを行っているWiMAXプロバイダです。

 

月額はかなりの割高料金ですが、キャッシュバックを含めると実質的な月額料金は安くなります。

 

ただし、「キャッシュバックが受け取れれば」の話ですが。

 

キャッシュバックの難点はいくつかあります。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の公式ページ→GMOとくとくBB WiMAX2+

 

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の月額料金は激高

 

まずは月額料金を見てみましょう。↓↓↓

 

GMOとくとくBB WiMAX2+のギガ放題(2年)プラン料金表

利用開始月

1ヶ月目

3ヶ月目~

3609円の日割

3609円

4263円

 

利用開始から3,000円台で、3ヶ月目以降に早くも4,000円台...

 

これはかなりの割高料金ですね。

 

でも、その割高料金を補うために、キャッシュバックはあります。

 

そのキャッシュバック金額は32,500円です。(2年契約で最新端末を選んだ場合)

 

あくまで受け取れれば、の話ですけどね。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、契約するプランによって違いがあります。

 

このページではGMOとくとくBBの利用者の88%が2年契約プランで申し込んでるのでそれを参考に料金比較してます。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の公式ページ→GMOとくとくBB WiMAX2+

 

キャッシュバックはいらない!?

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には、キャッシュバックはない方がいいです。

 

キャッシュバックの分だけ月額料金下げてくれたらいいのに、と思わざるをえない。

 

それはなぜかって、

 

  • 受け取りまでのタイムラグ
  • そもそも受け取れないリスク
  • 受け取っても月額料金の支払い以外には使えない

 

この3つが原因です。

 

キャッシュバックにはタイムラグがある

 

申し込んだ月にキャッシュバックを受け取れるわけではありません。

 

じゃあ1ヶ月後とか?

 

それも違います。

 

受け取れるのは1年後です。

 

利用開始から11ヶ月後に手続きメールが送られてきて、それに沿って手続きをして、

 

翌月にキャッシュバックが受け取れます。

 

それまでは1年間、ただ割高な月額料金を払うわけです。

 

受け取れないリスクがある

 

そもそも手続きメールに気づかなければキャッシュバックは受け取れません。

 

手続きメールが届いたらその翌月末日までに手続きしないと期限切れになっちゃいます。

 

手続きメールが送られてくるのは11ヶ月後。

 

普通は忘れてます。

 

気付かなければそこで終わり。

 

また手続きするのも面倒ですし、これはちょっと厄介。

 

キャッシュバックの使い道

 

受け取ったキャッシュバックは無闇に消費してはいけません。

 

キャッシュバックは、受け取り後の月額料金に充てないと、実質的な月額料金は安くなりません。

 

消費に使ってしまうと、ただ高いだけの月額料金を払うという、実に謎な事態に。

 

使い道も絞られるし、なかなかに利便性は低いです。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の公式ページ→GMOとくとくBB WiMAX2+

 

つまり、キャッシュバックはない方がいい

 

手続きな面倒さやリスク、タイムラグと、ユーザー側のデメリットが結構多いのがキャッシュバックというもの。

 

キャッシュバックを失くして、その分だけ月額料金を安くしてくれた方がいいですよね。

 

ちゃんと受け取れれば安くなるので、メリットがないというわけでは決してありません。

 

ただ、利便性の低さは否めません。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の公式ページ→GMOとくとくBB WiMAX2+

 

最短即日発送があるのはイイ

 

プロバイダには即日発送を行っているところと、そうでないところに分かれます。

 

やっぱうれしいですよね。即日発送。

 

早く手元に届くに越したことはないでしょうね。

 

(受付時間はちゃんと確認しましょう)

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の公式ページ→GMOとくとくBB WiMAX2+

 

初期費用は事務手数料の3,000円のみ

 

初期費用は全プロバイダ共通ですね。

 

必要なのは事務手数料の3,000円のみ。

 

端末代金も無料です。

 

オプションは申し込み時に強制加入(すぐに解約できるけどね)

 

オプションは

 

  • 端末補償サービス
  • Wi-Fi(公衆無線LAN)接続サービス

 

この2つ。

 

端末補償サービスは、端末が故障したときに無料で修理してくれるサービス。

 

Wi-Fi接続サービスは、全国各地にある公衆無線LANを利用できるようになるサービスです。

 

どちらも特に必要性は感じませんが、申し込み時に強制加入です。

 

キャンペーンを受けるために最初にオプションに入らないといけないところはままありますね。

 

多少は手間ですが、加入後にすぐオプションの解約ができるので、そんなに心配はいりませんよ。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の公式ページ→GMOとくとくBB WiMAX2+

 

まとめ

 

キャッシュバックにはリスクがあります。

 

特に何も考える必要なく、無難に安く、利便性の高いプロバイダの方がオススメです。

 

2年間という短い契約期間はGMOとくとくBBの良いところですが、もし仮に使い続けても月額料金は割高。

 

キャッシュバックが目当ての人以外は他のプロバイダを検討すべきでしょう。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の公式ページ→GMOとくとくBB WiMAX2+

 

高速無線インターネットのWiMAX各社比較表を載せておきます。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的WiMAXランキングです。

WiMAXの比較
  • 最初の3ヶ月間2726円、4ヶ月目~3411円、25ヶ月~4011円
  • 全機種端末0円
  • 最短即日開通
  • 18,857円の初期費用が全額割引で0円
  • 「満足保証」サービスで契約後満足がいかなかった場合解約金を無しに
  • キャッシュバックが無い代わりに月額料金が安いのでダントツの人気ですね。
  • 2年以上利用ならトータルでキャッシュバックがなくても安い。
  • 端末の到着後8日以内であれば申込みキャンセルが可能。エリアがちゃんと繋がるか心配という場合も安心。
  • 諸条件比較して管理人シム・セツヤ的には1位。

Broad WiMAXの詳しい記事 BroadWiMAX

BroadWiMAX

  • 旧端末の場合は最安値、新端末なら月額上がる、新機種の方が良い。
  • 初月無料、最初の2ヶ月間1380円、4ヶ月目~3380円、25ヶ月~4079円←旧端末での申し込み金額、新機種は高くなる。

カシモWiMAXの詳しい記事カシモWiMAX

カシモWiMAX

  • 最初の3ヶ月3609円、4ヶ月目~4263円、単純に安くない。

GMOとくとくBB WiMAX2+の詳しい記事GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBB WiMAX2+

  • 初月無料、以降4179円。40700円キャッシュバックあるが長く使うと高い。
  • 19ヶ月目以降に機種変更0円
  • 3種のオプション12ヶ月無料

So-net モバイル WiMAX 2+の詳しい記事So-net モバイル WiMAX 2+

【So-net モバイル WiMAX 2+】

  • 1カ月目~3カ月目2,590円、4カ月目以降3,760円、めちゃめちゃ長期利用じゃないと安くならない
  • 会員限定の特典サービス「DTI Club Off」

DTI WiMAX2+の詳しい記事DTI WiMAX2+

DTI WiMAX2+

  • 初月0円、2~3ヶ月目3695円、4ヶ月目~4380円
  • キャッシュバック33,000円、キャッシュバックあっても長く使うと高い。

BlGLOBE WIMAX2+の詳しい記事BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+

  • 最初の3ヶ月無料、4ヶ月目か~4380円、単純に高い。

楽天ブロードバンド WIMAX2+の詳しい記事楽天ブロードバンド

楽天ブロードバンド

  • WiMAXの本家だが料金が高い。
  • 1~3ヶ月目3996円、4ヶ月目~4380円
  • 商品券1万円分プレゼントあり

UQ WiMAXの詳しい記事UQ WiMAX

UQ WiMAX

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ