サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

DMM光の光コラボ・DMMモバイルセット割で通信費節約

DMM光の光回線比較すると安いね。DMMモバイルとのセット割で通信費節約できるね。

 

DMM光はNTTフレッツ光のインターネット光回線を借り受けて、DMMが独自のサービスをつけて販売しているインターネット光回線です。

 

業界最安値を追及するDMMです。

 

料金的にもですが、IPv6回線を導入するなどネット速度についても回線を行っています。

 

DMM光は、光コラボレーションの一つです。

 

光コラボレーションについてはこちらで詳しく解説しています。

 

 

 

DMM光はDMMモバイルとのスマホセット割引がある

 

DMM光の良いところは、スマホ格安SIMを最安値で販売しているDMMモバイルとのセット割引があるところにあります。

 

ただでさえ最安値を追求しているDMMモバイルの格安SIMです。

 

通信料金の節約には大いに貢献します。

 

それでは、インターネット光回線のDMM光について、他社と比較しながら詳しく見ていきたいと思います。

 

DMM光の公式ページです。→DMM光

 

 

DMM光の基本料金

 

DMM光の基本料金

 

まず最初にDMM光の月額基本料金を見てみます。

 

戸建てのファミリータイプが、4820円。DMM独自の2段階定額方式というものがあって、3720円から5470円の料金があります。

 

集合住宅のマンションタイプについては、月額3780円となっています。

 

光コラボレーションの光回線では、安いですね。

 

DMM光の2段階定額方式

 

DMM光の基本料金で2段階定額方式

 

DMM光の2段階定額方式というのは、戸建て住宅のファミリータイプに設定されている料金です。

 

これはデータ使用量による2段階方式となっています。

 

3GBまでのデータ利用については、3720円となりこれを超えた段階で料金が値上がりして。上限10GBを超えたところで月額5420円の頭打ち料金となっています。

 

あまり意味のない2段階定額方式と思うが

 

固定の光回線の場合は、普通にパソコンやスマホ、タブレットなどを使っていればすぐに10GBなんか超えてしまいます。

 

ですから普通は定額の4820円で契約した方が得だと思います。

 

途中解約の解約手数料

 

この月額料金は、24ヶ月の2年間の契約を約束した場合の金額となります。

 

途中での解約には、解約手数料がかかって、9500円必要になります。

 

これは他社の解約料と同じです。

 

DMM光の公式ページです。→DMM光

 

DMM光の初期費用

 

DMM光の初期費用

 

DMM光の初期費用については、契約手数料が最初に2000円かかります。

 

他社の光コラボレーションで光回線の初期費用で、契約手数料については、通常3000円が多いのですがここもDMM光は安くなっています。

 

工事費については、現在、フレッツ光を使っていて転用をする場合は、工事費はゼロ円でかかりません。

 

新規の工事費も0円

 

また、新規の工事費についてもDMM光の一番大きな特徴の一つに挙げられますが、新規の場合についてもゼロ円となっているところです。

 

これは通信費の節約について非常に大きなメリットではないかと思います。

 

他社の場合は、工事費を2年間なり3年間の分割払いにして、その金額を割り引いて実質無料というキャンペーンを行います。

 

それで、途中で解約した場合には、残りの工事費をまとめて支払はなければならないというデメリットもありました。

 

しかし、DMM光についてはそのデメリットがないということになります。

 

太っ腹ですな。

 

DMM光の公式ページです。→DMM光

 

DMM光のオプション

 

DMM光のオプション料金

 

その他のオプションについては、DMM光電話があります。これが基本料金の月額500円。

 

光コラボでは珍しく、光回線を使ったテレビのサービスがあります。これが月額660円の基本料金がかかります。

 

またインターネットに繋げる端末の保証サービスとして月額500円。

 

そして設定やトラブルについてのサポートの安心パッケージが月額950円となっています。

 

DMM光の公式ページです。→DMM光

 

DMM光とDMMモバイルスマホとのセット割引

 

DMM光とDMMモバイルスマホとのセット割引

 

光コラボレーションのサービスの中で、同じ会社で販売しているMVNO格安SIMのスマホ月額料金とのセット割引があるところのひとつです。

 

DMMモバイルは業界最安値を追求している

 

DMMモバイルの格安SIMについては、他社を圧倒して最安値を追求しています。

 

ですので、通信料金の節約には大いに貢献するのではないかと思います。

 

DMMモバイルの格安SIMについてはこちらで詳しく記事にしています。

 

DMMモバイルから毎月500円割引

 

割引の金額については、DMMモバイルの月額通信料金から毎月500円を割り引くというサービスです。

 

他社の格安SIMでは、300円程度の割引ですから、DMM光とDMMモバイルとのセット割引きは割引額が多いですね。

 

この金額も時期によっては、キャンペーンで倍の1000円になったりすることもあります。

 

この記事執筆時点では1000円割引のキャンペーンをやっています。

 

DMM光とDMMモバイルを同時に契約することで、大いに通信料金の節約ができます。

 

割引は1回線のみだが、もともと安いDMMモバイルだからね

 

この光回線とスマホとのセット割引については、DMMの1回線につきDMMモバイルの格安SIMの1回線のみのセット割となります。

 

auひかりやSoftBank光のスマホとのセット割のように、家族の人数分、割引になるというような大幅な割引となるわけではありません。

 

それでも、DMMモバイルのスマホの金額は非常に安いので、光回線とのセットでスマホを持つ場合の最安値になるのではないかと思います。

 

DMM光の申し込み先

 

DMM光についてはこちらの公式サイトで申し込みできます。

 

 

時期によっていろいろなキャンペーンをやっています。

 

特に2月、3月の引っ越しシーズンには、光回線の申し込み時期ですので、手厚いキャンペーンを行っていると思います。

 

DMM光の公式ページです。→DMM光

 

まとめ

 

今回は、DMM光のインターネット光回線を比較しながら見てみました。

 

DMM光の特徴は、なんといっても安く通信回線を提供する姿勢です。

 

DMMモバイルの格安SIMについても最安値を追求していて、最安値の440円で、音声通話付きの格安SIMも1140円からあります。

 

これは、スマホを持つ月額料金では最安値だと思います。

 

このDMMが行っているDMM光につても安いコースを準備してくれています。

 

通信料金の節約には大いに貢献するインターネット光回線です。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、高速回線を売りにしているNURO光を利用しています。

 

NURO光は月額4743円で、これも安い光回線です。しかも2Gbpsの高速インターネットです。

 

しかし、SIMカードとの割引がないので、通信費節約の面では、微妙な差ですが、DMM光に負けました。

 

我が家の場合は、格安SIMでスマホが一人頭1000円前後、家族4人で光回線、スマホすべて含めて1万円以内に収まっています。

 

その辺のことはこちらでこってりと記事にしています。

 

 

光回線のタイプ別に分類した記事はこちらにあります。

 

 

ご参考までにどうぞ。

 

DMM光とDMMモバイルとの組み合わせでも同様に通信費節約ができるでしょう。

 

DMM光の公式ページです。→DMM光

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ