サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

auひかりで得する人は?

auひかり

 

auのインターネト回線のauひかりです。

 

NTTフレッツ光に並ぶ大手の光回線のauひかりをまとめてみたいと思います。

 

特徴的なのは、auのスマホ料金との併用で割引が、大幅にあるということがあげられます。

 

携帯スマホは大手キャリアから離脱をおススメしますが・・・

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのバカ高い通信料金から脱却して、格安SIMへの移行をおススメしています。

 

それをこのサイトで全面的に押し出していますが、諸々の事情で大手キャリアの携帯、スマホから離脱できない人もいます。

 

auスマホの場合は、自宅の光回線をauひかりにすることによって、スマホ料金が大幅に割引になるauスマートバリューがあります。

 

auスマホを持っている場合は、光回線もauで固めるのが、通信料金の節約に貢献いたします。

 

auひかりは、光回線のサービスの中ではNTTとの競争があり、色々なサービスや回線速度、料金の面でNTTフレッツ光と争っています。

 

 

auひかりの代理店が乱立でキャッシュバックが多い

 

また、光回線サービスの販売網においても、たくさんの代理店が乱立していて、代理店独自のキャッシュバックが大幅にあります。

 

実際にauひかりを申し込む時には、色々と情報が錯綜していて迷いますので、auひかりの契約時のキャンペーンなども、まとめてみたいと思います。

 

auひかりの月額料金

 

auひかりの月額料金

 

最初に月額料金です。

 

戸建ての場合は、auひかりホーム月額5100円、集合住宅の場合は、auひかりマンション3800円となります。

 

この中にはプロバイダーの料金も含まれています。

 

プロバイダーコミで安いが

 

プロバイダーの料金が含まれているという点では、NTTの光回線よりも安くなってます。

 

auひかりのプロバイダー

 

プロバイダーは、@nifty、@T COM(アットティーコム)、ASAHIネット、au one net、BIGLOBE、DTI、So-netから選ぶことができます。

 

プロバイダー料金コミコミの光コラボの方が安いか?

 

しかし、NTTフレッツ光もプロバイダー会社が、光コラボレーションを開始していて、プロバイダー料金コミコミのサービスがあります。

 

NTTの光コラボレーションの場合は、そちらの方が安い場合があります。

 

auひかりのサービスエリアはNTTより狭い

 

auひかりのサービスエリアは全国展開しているNTTのフレッツ光よりも狭い範囲になっています。

 

戸建ては、関西と中部東海地方と沖縄を除く

 

戸建てのサービスを、auひかりホームと呼んでいますが、このサービスエリアは、関西と中部東海地方と沖縄を除く全国となっています。

 

全国サービスとは言えないですね。

 

マンションは沖縄を除く

 

マンション向けのauひかりマンションのサービスエリアは、沖縄を除く全国となっていますが、マンションの建物にauひかりの回線が導入済みのところに限られます。

 

auひかりの光システムが、導入されているマンションは増えてはいますが、まだまだ全国全てが対応できるという状態ではないようです。

 

auひかりのエリア外でスマホ割引がダメな場合は光コラボ

 

auスマホ持ちで、auスマートバリューを適用したいと思ってauひかりを検討していても、エリア外だとその恩恵に預かれません。

 

その場合は、NTTの光コラボレーションの会社で、So-neやビッグローブなど、auと提携していて、auスマートバリューが使えるサービスもあります。

 

auひかりのオプションサービスについて

 

auひかりのオプションとして電話オプション、テレビオプションがあります。

 

電話オプションについては、NTTフレッツ光の光でんわと同程度の料金体系です。

 

基本料金が500円、通話料金は、3分8円とNTTフレッツ光の光電話と同じようなサービス内容になっています。

 

  • 基本料金・・・500円
  • 通話料金・・・3分8円

 

ひかりテレビサービス

 

セットアップボックス利用料で月額500円

光ファイバーを使ったテレビサービスについては、セットアップボックス利用料で月額500円がかかります。

 

番組いっぱい

その他、様々なチャンネルがありますので、それごとの料金が上乗せされていくことになります。

 

チャンネルの種類は、映画、ドラマ、アニメ、音楽、ドキュメンタリーと様々なコンテンツを展開しています。

 

プラチナセレクトパックとして月額1980円で全43チャンネル

プラチナセレクトパックとして月額1980円で全43チャンネルを視聴できるというものがあります。

 

また、ビデオのオンラインレンタルもあります。

 

auひかりを販売している代理店のキャンペーン

 

auひかりは、代理店経由の販売がたくさんあります。また、提携しているプロバイダーも直接販売をしています。

 

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

So-net 光 (auひかり)で月額料金割引、その他サービスあり

 

【So-net 光 (auひかり)】

 

プロバイダのSo-neが直接販売しているSo-net 光 (auひかり)です。

 

戸建て30ヶ月3950円、マンション2年間2950円、他社から乗り換えの時の解約金30000円までサポート、ひかり電話月額料金が0円に、その他サポートなど充実しています。

 

株式会社NEXT

キャッシュバックが33000円から、関東限定で月額料金1200円割引12ヶ月など

 

★auひかり オプション無しでも必ずキャッシュバック43000円★

 

auひかりのオプション、プロバイダオプションの加入条件は一切なしでキャッシュバックあり。

 

光回線+プロバイダ基本プランのみの新規加入で必ずキャッシュバック。

 

ここのキャッシュバックは、業界最速の最短1ヶ月で現金振込になっています。

 

キャッシュバック申請手続きは、申し込み時に電話で言って完了。キャッシュバック金額はちょくちょく変更あり。

 

株式会社NNコミュニケーションズ

コース別でキャッシュバックいろいろ

 

★auひかり オプション無しでも必ずキャッシュバック43000円★

 

ここも上の会社と同じようにキャッシュバックのスピードが速いと言ってます。

 

 

まとめ

 

auひかりをまとめてみました。

 

auひかりを選ぶ理由はauスマートバリュー

インターネットの光回線を比較検討するときに、auひかりを選ぶ理由は、auスマートバリューがあることでしょう。

 

auスマホを持っているひとには、大幅な通信費の節約になります。

 

それ以外の理由はあまりないかと思われます。

 

管理人は高速回線を求めてNURO光にしたけど

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、高速インターネット回線を求めて、NURO光にしました。

 

auスマホは昔使ってましたが、今では格安SIMです。毎月1000円程度で生活しています。光回線の固定費もいれて、家族全員で、月額1万円で通信費済ませています。

 

 

キャッシュバックや割引については、記事を書いた時点のもので多少変化していると思います。それぞれのサイトで確認をお願いいたします。

 

光回線の料金サービスはこなれてきた

光回線は、各社を比較してみるとわかりますが、料金的にも安くなってきました。ですから、そのなかでサービス面や回線速度などでインターネット光回線を比較する必要がでてきています。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、名古屋在住で、NURO光のエリアが中部や関西にも広がったのを機にNTTフレッツ光から高速インターネット回線のNURO光に乗り換えました。

 

auひかりの最高速度はベストエフォートで1Gbpsです。NTTフレッツ光も同じです。

 

夜間のネット速度が遅いという人多いね

しかし、プロバイダーのところや夜間の込み具合で、なかなか高速なインターネット回線がありません。

 

私の場合は、より速いNURO光の世界最速2GbpsのNURO光を選びました。

 

NURO光は、提供エリアが広がりましが、まだまだ、関東、関西、中部東海地方の一部です。

 

このエリア内であれば、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的にはNURO光をおススメします。

 

回線速度もそうですが、月額料金も4743円で、安い範囲に入ります。

 

 

光回線を比較で何を検討するのか

関東、関西、中部東海圏以外のお住まいの人には、NTTフレッツ光網が全国に広がっていますので、そことの光コラボレーションで、auスマホとの割引があるか、格安SIMとの割引があるかなどを見ていけばお得なところがとこかがわかります。

 

auスマホを使っている人は、通信料金の節約のためには第一にauひかりが検討に値します。

 

光回線のサービスはたくさんありますので、比較検討が面倒です。

 

他社の光回線とも合わせてこちらのページではまとめています。

 

 

どうぞ、ご参考までに活用してもらえればうれしいです。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ