サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

NTTフレッツ光解約金調べ方、更新月調査・NURO光へ2

NURO光乗り換え体験談02・NTTフレッツ光解約金、更新月調査

 

インターネット契約をするときに、気になるのが回線速度です。

 

NURO光は、最高速度2Gbpsを誇る超高速な光回線です。

 

関東地方限定だったNURO光でしたが、NURO光のエリアが広がりました 。

 

関西地方と中部東海地方、九州エリアの福岡、佐賀へエリア拡大です。

 

やっと、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの住んでいる名古屋にもやってまいりました。

 

先日(2017年12月)、早速、NURO光への申し込みを終えたところです。

 

工事日の調整で、年末に電話がかかってきました。

 

NURO光の工事日は、2018年1月中旬になりました。現在は、NURO光の一回目の宅内工事の日程を決めた段階です。

 

超高速インターネットNURO 光

 

NTTフレッツ光ネクスト隼の解約をする準備で更新月を調べる

 

工事日の打ち合わせを終えた段階です。

 

NTTフレッツ光からNURO光へ乗り換えるということは、今、使ってい NTTのフレッツ光ネクスト隼を解約するということになります。

 

超高速のNURO光が、愛知県名古屋市にもやってくるということで、しっぽをフリフリ!

 

喜んで申し込んだんですが、NTTフレッツ光のことは、あまり深く考えていませんでした。

 

月額料金のことも、あまり考えず、頭にあったのは、とにかくNURO光の高速インターネット回線を使ってみたいということばっかりでした。

 

NTTフレッツ光の解約金

 

NTTフレッツ光からNURO光にインターネット契約回線を変更するわけですが、ここで、問題になってきたのが、例の解約金というやつです。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアでおなじみの「解約金」です。

 

NTTの光回線でも、この「解約金」があります。

 

一定期間の割引をする代わりに、もし、その期間内で、契約を解除すると高額の解約金を請求されるというやつです。

 

かつて、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、auスマホを解約した時も、9500円の解約金が、取られました。

 

その時の話は、こっちでこってりと語っています。

 

 

NTT西日本フレッツ光「光もっともっと割」とは

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、NTTフレッツ光ネクスト隼という光回線のコースを今現在使っています。(2018年1月現在NURO光に乗り換える前)

 

これをNURO光に切り替えるわけですが、それにあたってこの解約金について調べてみました。

 

私の場合は、NTT西日本の場合です。NTT西日本のフレッツ光の割引コースは、「光もっともっと割」という割引コースになります。

 

「光もっともっと割」というのは、3年縛りで割引をするというものです。

 

現在、私の光回線の請求書を見てみると、次のようになっています。

 

NTT西日本の「光もっと2割」をいれた月額の請求書

 

「フレッツ光ネクストF隼料金」というのが、基本料金になっていて、5400円です。

 

ここから、「光もっともっと割」という割引が-1690円と表記されています。

 

消費税を入れて月額4006円を支払っていました。

 

NTTのフレッツ光の純粋な基本料金です。

 

これに加えて、インターネットに繋げるには、プロバイダーの料金が必要になります。

 

私の場合は、一番安いBBエキサイトのプロバイダを使って、540円のプロバイダーを利用しています。

 

インターネット契約回線としての料金は、4546円を支払っています。

 

NTT西日本のフレッツ光の「光もっともっと割」は、3年間の契約継続を約束する代わりに毎月の通信料金を割り引きます。

 

NTTの公式ページでの説明はこちらのページです。
●光もっと2割(料金サービス)→https://flets-w.com/limited/motto2/

 

最初の割引が、1100円で年々割引額が増えていきます。

 

私の場合は、この「光もっともっと割」を5年前に申し込んでいたので、現在は、1690円の割引を受けています。

 

NTT西日本フレッツ光「光もっともっと割」の解約金はいくらかかる?

 

解約金の話ですが、この割引をする代わりに「3年間継続して契約してね!」というものです。

 

ですから、その3年間の途中で、「やっぱり、ヤメタ!」となると、

 

「せっかく、割り引いてオマケしてあげてたのに、途中で浮気するなら、お金で解決しましょ!」ということで、解約金を請求されるわけです。

 

では、NTT西日本フレッツ光「光もっともっと割」の解約金はいくらかかるのでしょうか?

 

NTT西日本の「光もっともっと割」の場合は、携帯電話のように2年ごとではなく、3年ごとの自動延長のシステムです。

 

NTT西日本フレッツ光「光もっともっと割」の「解約金」なるものの表を作ってみました。

 

契約年数 解約金
1年目 10,000円
2年目 5,000円
3年目 30,000円
4年目 20,000円
5年目 10,000円
6年目 30,000円
7年目 20,000円
8年目 10,000円
9年目以降 10,000円

 

NTTフレッツ光の解約金30000円って!けっこう高いね!

 

3年の自動更新につき、解約金が元の30,000円から始まります。3万円ですよ!けっこう高いですね。

 

さすがに、9年目以降は、長いこと使ってるので10,000円ということになってますね。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、5年目なので、まだ1万円 の解約金が請求されます。

 

1万円を払うことになるのであれば、この更新時期を迎えるまで、少しでもNTTフレッツ光とNURO光の両方を使ってみての実験をしてもいいような気もしています。

 

NTT西日本フレッツ光「光もっともっと割」の更新月を調べる

 

この、高額な解約金は、割引の契約をした月から、自動更新されるた次の月を更新月といって、その時に契約した場合は、解約金が必要なくなります。

 

その更新月ですが、NTT西日本の場合は、先ほどの公式ページに、こう記載されています。

 

本割引を解約された場合は解約金(~30,000円)が必要です(下記料金表内「解約金」参照)。ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約される場合は、本割引の解約金は発生しません。

 

つまり、割引の3年自動更新が行われる境目の前後2か月間が更新月としての扱いになるということのようです。

 

その、更新月の調べる方法です。

 

NTT西日本の場合は、CLUB NTT-Westという会員サイトがあって、そこで会員ごとのいろいろな情報を調べることができます。

 

CLUB NTT-WestのURLです。NTTフレッツの契約情報がないとログインできません。

 

https://www.club-ntt-west.com/cn-w/member/

 

NTTフレッツ光は、いっぱいログイン情報が必要なので、時々、迷います。

 

料金を見るところと、ポイントとか見るところと、契約情報を見るところと、ごちゃごちゃで、それぞれにサイトがあって、それぞれにログイン情報が必要なのでメンドクサイです。

 

一つのサイトにまとめてほしいです。NTTフレッツ光のメンドクサイところです。

 

更新月を調べるには、先ほどのCLUB NTT-Westの会員サイトにログインします。

 

更新月を調べるには、先ほどのCLUB NTT-Westの会員サイトにログインします。

 

ログインしたページの左下の方に、「割引契約更新のご案内」というのがあります。

 

割引契約更新のご案内スイッチの場所

 

これをクリックすると、更新月の情報が載っています。

 

割引契約更新のご案内の画面

 

きゃ~~~!

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、2018年11月となってますな!

 

まだ、10か月もありますな!

 

解約金を払って、とっととNURO光に乗り換えたほうが得ということかあ!

 

でも、NTTフレッツ光とNURO光と両方使って、いろいろと実験したい願望もあります。

 

まあ、ちょっと考えます。

 

まとめ

 

ということで、今回は、NURO光への光回線乗り換えにあたり、今使っているNTT西日本フレッツ光「光もっともっと割」の解約金の金額と更新月を調べる方法をまとめておきました。

 

NURO光については、2018年から、関東圏限定だったのが、中部東海地方、関西地方へエリアが拡大しました。

 

2Gbpsのデータ転送速度で超高速を誇っているNURO光です。

 

現在の提供エリアは、下記の地域になっています。

 

  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。

 

NURO光の概要をまとめておきます。

 

超高速の2Gbpsの光ファイバー回線、無線ルーター付、超高速450Mbpsルーター、ウイルスソフト付、別途プロバイダーも必要なし、全部コミコミで月々4,743円ということはこれに決まりといった内容です。

 

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 無線ルーター付
  • 超高速450Mbpsルーター
  • ウイルスソフト付
  • 別途プロバイダーも必要なし
  • 全部コミコミで月々4,743円

 

要点だけですが、以上のようなサービスです。

 

つまり、ネットにつなげる一式が、一回のインターネット回線契約でできるということです。

 

プロバイダー料金や、ウイルスソフトもついていて、高速の無線付きルーターも別途買う必要がないので安くて高性能といったインターネット回線です。

 

世界最速2Gbpsの速度といってもベストエフォート表記ですから、そのままのデータ回線速度は出ないと思いますが、関東圏の口コミ情報でも、900Mbps出たとかありますから、期待大です。

 

名古屋にエリア拡大したのでさっそっくNURO光を申し込んで、NTTフレッツ光から乗り換えました。体験記事まとめますね。今のところ、最高で1Gbps出てます。ほんとに!


こちらの記事に測定の数値掲載しました。


NURO光速度測定結果!超高速光回線NURO光徹底調査。NURO光は「ニューロひかり」と読む。


 

NURO光については、こちらでこってりと記事にしています。

 

 

NURO光の公式サイトはこちらです。

 

超高速インターネットNURO 光

 

NURO光の工事が始まったら、また、記事にしてみたいと思います。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 




このエントリーをはてなブックマークに追加                

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、ポケットWi-Fiでネット契約見直しパターン集

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

TOPへ