サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

NURO光回線なぜ速い?光回線の仕組みで説明・SS、GE-PON、G-PON

NURO光はなぜ速い?光回線の仕組みSS、GE-PON、G-PONとか技術面で説明すると

 

NUROの光回線は、超高速で選ばれています。

 

超高速光回線ということで関東、関西、中部東海、九州、北海道地方でエリア展開しているNURO光は、なぜ速いのでしょうか?

 

So-netがやっているNURO光というインターネット光回線のことです。

 

超最速の2Gbpsのデータ回線速度を誇っています。

 

インターネット光回線を比較検討するときに速さと安さで圧倒的なコストパフォーマンスを誇っていますが、あまり知られていない光回線です。

 

公式ページはこちらです。→超高速インターネットNURO 光

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの名古屋の自宅でも利用中です。

 

今回は、なぜNURO光は速いのかの理由を光回線の方式や仕組から探ってみます。

 

 

NURO光の特徴まとめ

 

NURO光のサービス概要を簡単にまとめておくとこうなります。

 

超高速の2Gbpsの光ファイバー回線、無線ルーター付、超高速450Mbpsルーター、ウイルスソフト付、別途プロバイダーも必要なし、全部コミコミで月々4,743円ということはこれに決まりといった内容です。

 

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速450Mbps無線ルーター
  • ウイルスソフト付
  • 別途プロバイダーも必要なし
  • 全部コミコミで月々4,743円

 

要点だけですが、以上のようなサービスです。

 

つまり、ネットにつなげる一式が、一回のインターネット回線契約で完結するということです。

 

NTTフレッツ光だと、インターネット光回線とプロバイダーは別ですし、ルーターも自分で買ってこなければなりません。それぞれに会計は別です。

 

それが、一か所で済むということです。

 

NURO光は、プロバイダー料金や、ウイルスソフトもついていて、高速の無線付きルーターも別途買う必要がないので安くて高性能といったインターネット回線です。

 

世界最速2Gbpsの速度といってもベストエフォート表記ですから、そのままのデータ回線速度は出ません。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの自宅では、このNURO光を引いていますが、はやいときで1GB出ます。

 

普通に100Mbpsとか出てます。

 

NURO光については、こちらでこってりと記事にしています。

 

 

NURO光の公式サイトはこちらです。

 

超高速インターネットNURO 光

 

NURO光の光ファイバー回線の仕組み

 

NURO光の光ファイバー回線は、NTTの光回線を借り受けて、光回線基地局にNURO光独自の設備を設置しています。

 

NTTの光回線の中でも、ダークファイバーといって、利用されていない部分があるので、それをうまく使っています。

 

そして、光ファイバー回線で、データ通信を行うためには、光ファイバーを通信事業者の設備から各家庭のユーザー宅までつなげなければなりません。

 

回線をつなげる仕組みとして、SS、GE-PON、G-PONなどというつなぎ方があります。

 

光ファイバー回線の接続のされ方を解説します。

 

ちょっと技術的な話になります。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの知っている範囲での話で恐縮ですが、ご興味のある方は見ていただきたいと思います。

 

光ファイバー回線つながり方

 

NTTの通信回線のおおもとになる通信設備から インターネットを使うユーザーの自宅までをつなげている光ファイバー回線のことをアクセス区間と言います。

 

このアクセス区間を色々なパターンで繋げる方式としてSS、G-PON、GE-PONといったものがあります。

 

  • SS
  • G-PON
  • GE-PON

 

1対1で、つなげる方式をSingle Star

通信事業所の設備から利用者の設備までを一本の光ファイバー回線で、1対1で、つなげる方式をSingle Starといいます。

 

略してSSと呼んでいます。

 

それから、一つの通信事業者の設備から、複数の家庭へ枝分かれしてつなげる方式をPONと言います。

 

複数の家庭へ枝分かれしてつなげる方式をPON

PONは、Passive Optional Network の略です。

 

大雑把に言うと一対一でつなげるか、一対複数でつなげるかということで、SSとPONに分かれています。

 

光回線のアクセスシステムは大きく分けるとこの2つということです。

 

大雑把に言うと一対一でつなげるか、一対複数でつなげるかということ

 

一対一のSSシステムは、ビジネスユーザーやインターネット接続事業者、イーサネットの専用線などに使われているので、一般家庭では、使われていません。

 

光スプリッタで複数に分けられる

1体複数でつなげるPONシステムは、元になる通信事業者の設備から一本の太い光ファイバー回線から、途中で光スプリッタという設備に繋がれて複数に分けられる仕組みになっています。

 

光スプリッタから分岐された光ファイバーが末端の利用者の自宅へ向かうわけです。

 

一般にNTTやKDDIの光ファイバー回線網の場合は、コスト面も考えて一対複数でつなげるPONシステムを採用しています。

 

SSとPONの使い分け

 

光ファイバー回線でのデータ通信のやり取りではSSシステムの場合は、1対1であるために、色々なデータをやり取りしてもスムーズにデータの送受信ができます。

 

しかし、PONシステムの場合は、1対複数で、複数のユーザーが一本の光ファイバーを共有している部分が多いために送受信のデータが誰のデータであるのかどこに送られるべきであるのかなど、データの混在や衝突が起きないようにするシステムが仕込まれています。

 

PONシステムは、日本ではNTTのフレッツ回線やKDDIの光回線などに採用されています。

 

OLTからONU

 

これをもう少し詳しく見てみるとPONシステムは通信事業者の設備の置かれているビルなどの建物の中にOptional Line Termination、略してOLTというシステム機器を設定しています。

 

それと、インターネットを利用している家庭の中に置いてあるONU(OptionalNetworkUnit)に向けてつながれています。

 

OLTから出てきた光ファイバー回線は途中にある光スプリッターに繋がれます。光スプリッタからは複数の光ファイバー回線に分岐されて各家庭のONUにつながれる仕組みになっています。

 

OLT→光スプリッタ→複数の光ファイバー回線に分岐→家庭のONU

 

データの整理・パケット・オーバーヘッド

 

PONシステムでは上り下りと色々なインターネット上のデータのやり取りがされ、データがごちゃ混ぜです。

 

それを整然と、目的のONUに向けてデータを運ぶためには、様々なシステムが採用されています。

 

データ自体はパケットあるいはセルと呼ばれる塊を一つの単位として送られます。

 

その上にオーバーヘッドと言う暗号みたいなものが付加されたり色々な知恵を絞ってデータの行き来がスムーズになるように考えられています。

 

光の波長も利用・波長多重の光信号

 

また、ひとつの光ファイバー回線の中に色々なシステムのデータが同時に行き来できるように、光の波長を上手に組み合わせたデータ転送のシステムも行われています。

 

上り下りのパケットを運ぶデータの光の波長、映像用のデータを運ぶ光波長、ひかり電話システムのデータを運ぶ光の波長などそれぞれに波長の範囲が決められていて一本の光ファイバーの中で、いろいろなデータが衝突しないように考えられてシステムが構築されています。

 

これらのいろいろな光の波長を含んだものを波長多重の光信号というものになります。

 

波長多重された信号は光ファイバーが、分岐されているそれぞれの設備やインターネットを利用する家庭でのONUで多重的に分離されて実際に利用されることになります。

 

このようにPONシステムは、SSのシステムよりひとつの光スプリッターやOLTと言う機械をたくさんんの人で共有するので、通信事業者にとっては大きなコストダウンになって、光ファイバー回線の利用料を安くすることができるようになってきました。

 

PONシステムの分類

 

GE-PONとG-PON

 

PONシステムの中でも色々なシステムがあり国際標準仕様として取り決めがあります。

 

B-PON、G-PON、GE-PONなどです。

 

日本では、NTT、KDDI使っているものでは、GE-PONが使われています。

 

GE-PONは、Gigabit Ethernet Passive Optional Networkというもので、その略語です。

 

GE-PONは、速度的には、下り1Gbpsのデータ転送速度が出ることになっています。

 

欧米などで世界的には、G-PONの方が普及しています。

 

このG-PONは、下りが2Gbpsの速度が理論値で出ています。

 

日本では、このG-PONを採用しているのは、一部のケーブルテレビ局とSo-NetのNURO光になります。

 

最高速度が2Gbpsの速度が理論値で出すことのできるG-PONには、それ専用の中継機器やonuのシステムが必要になります。

 

このG-PON専用の設備投資の普及が進めばニューロ光のサービスエリアも広がっていくことになるでしょう。

 

今後のニューロ光のサービスエリア拡大に向けて期待したいところです。

 

まとめ

 

今回は、ニューロ光のサービスエリア拡大に向けて少し技術的な光ファイバの伝送システムの仕組みについてみてみました。

 

だいぶ専門的な用語がでてきましたが、大雑把にはこういった理解でいると、光ファイバー回線の仕組みが、わかりやすいのではないかと思います。

 

今後のエリア拡大に向けて動向を見ていきたいと思います。

 

関西、東海、九州、北海道地方にもエリアが拡大しました。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、さっそく申し込みました!!

 

NURO光での我が家の実測はこちらに記事にしました。

NURO光へ乗り換えした速度スピード比較

 

 

NURO光が関西、中部東海、九州、北海道圏にエリア拡大


関東圏限定の超高速インターネット光回線だったNURO光が、関西、中部東海、九州北海道圏にエリア拡大。


提供エリア

  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 九州2県:福岡、佐賀
  • 北海道

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。


こちらでNURO光の提供エリアの確認ができます。


超高速インターネットNURO 光

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、なんでこんなメンドクサイ話知ってるんだって?

 

それはですね、NURO光の本社まで行って話を実際に聞いてきたからなんです。

 

NURO光については、こちらでこってりと記事にしています。

 

 

NURO光の公式サイトはこちらです。→NURO 光

 

もういちどNURO光の概要

関東、関西、中部東海、九州、北海道地方で速い!安い!うまい!的な光回線はNURO光でしょ!

NURO(ニューロといいます。)

NURO光の特徴
  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。
  • これデメリット→エリアが関東、関西、中部東海、九州、北海道限定。

NURO光のサービスエリア
  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 九州2県:福岡、佐賀
  • 北海道

NURO光の詳しい記事はこちら

NURO光 世界最速2Gbps
NURO光本社取材記録・インターネット契約比較、工事内容など


NURO光の申し込みはこちら

NURO 光 今なら3万5千円キャッシュバック



通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋在住です。NURO光にしました。日本の光回線のなかでNURO光が、一番いいんじゃないかと思います。


NURO光を引いてみて実際の速度は、調子のいい時で1Gbps超えます。夜間の混み合う時でも100Gbpsは出ます。データ速度で困ることなくなりました。


NURO 光 今なら3万5千円キャッシュバック!


 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ




このエントリーをはてなブックマークに追加        

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、ポケットWi-Fiでネット契約見直しパターン集

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

TOPへ