サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

KDDI、auがSMS(Cメール)の送信可能文字数を拡大してSMS送信料の改定

KDDI、auがSMS(Cメール)の送信可能文字数を拡大してSMS送信料の改定というニュースを見ました。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、昔むかし、auのスマホを持っていました。家族全員auでした。

 

一家で、毎月4万円から5万円くらい、通信費を払っていました。

 

なんか高すぎるよな~~っと思いつつ、ダラダラと高い通信費をはらっていて、はたと気が付き通信費の節約をやりだしていろいろ調べたら、今ではメチャメチャ安くしてauなんてバカ高い通信料金のかかるところなんか使わないでくらいしています。

 

その辺の顛末はこちらでこってりと書いています。

 

 

それで、KDDI、auがSMS(Cメール)の送信可能文字数を拡大してSMS送信料の改定したというお話です。

 

今は、もうauなんて使ってないのでどうでもいいんですが、今朝なにげにニュース見てたらやってたので記事にしてみます。

 

 

KDDI、auがSMSの送信可能文字数を拡大してSMS送信料の改定

 

SMSとは

 

SMSと言うのは、auの場合は、Cメールと言います。普通のネット回線経由の文字送受信は、たしかEメールと普通の言い方だったと思います。

 

SMSというのは、携帯電話回線にのせて送受信できる文字情報のことです。

 

通常のネット回線とは別で、携帯電話回線を利用している関係で携帯電話番号が送受信の宛先名になります。

 

電話をかける要領でメールを送れるので、昔は利用する人が多かったを思います。

 

今でも使っている人いるんですかね?

 

今は、LINEとかのチャット系の方が便利だし、長文の文章なら普通にメールすればいいし、なんで今さらSMSの文字数を増やすのかな?っと思います。

 

KDDI、au・SMSの送信可能文字数拡大、SMS送信料改定の概要

 

KDDI、auが、SMSを全角670文字まで送信可能にしました。

 

それにつられて、KDDIau回線系の格安SIMを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)の回線も同じように対応します。
KDDI、au系の格安SIMといえば、UQ-mobile、mineo、IIJmioといったところです。

 

au系の全部がいっぺんに670文字になるのではなく、2017年5月以降の対応したスマホ機種に限られるようです。

 

適用は2017年5月26日からということです。

 

いままでのauのSMSのは、送信文字数で全角70文字だったのですが、こらが全角670文字になるということです。

 

でもですね、ドコモやソフトバンクとか他社へのSMS送信や海外へのSMS送信はだめなんですね。

 

SMS送信文字数による料金改訂

 

SMS送信時の通信料金は文字数ごとで違います。

 

  • 全角70文字以下が1通3円
  • 全角134文字以下が1通6円
  • これ以降→全角67文字ごとに3円加算

 

auスマホや携帯を海外にいって使う場合は、また違う料金になります。

 

  • 全角70文字以下が1通100円
  • 全角134文字以下が200円
  • 以全角67文字ごとに100円加算

 

詳しくは、auの説明をどうぞ。

 

auのSMS(Cメール)説明ページ
https://www.au.com/mobile/service/mail/sms/

 

 

まとめ

 

KDDI、auがSMS(Cメール)の送信可能文字数を拡大してSMS送信料の改定ということで、まとめてみましたが、あんまり関係する人少ないでしょうね。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤとしては、とにかくau、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのようなバカ高い通信料金のかかるところから、早く脱却して、格安SIMの世界にみなさん行っちゃいましょう!

 

ということで毎度このサイトを更新しています。

 

その辺の方法は、こちらに詳しくまとめてあります。

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ