サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題・スマホ本格派へもいいね。

LINEモバイルSNS放題Music放題・500円で子供にスマホを持たせる方法

 

LINEの格安SIMです。無料電話、SNSで有名ですね。今時、中高生になるとスマホを持つとLINEで交友関係がつながります。

 

通信料金節約マニアの通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、親の立場的に言うと、なるべく安くしたいわけですよ。

 

新入学で子供にスマホをもたせるときに、どうするか悩みますね。

 

そこで、登場するのが、この、LINEモバイルですわな。

 

きっとバカバカデータ通信を使うであろうSNS、特にLINEのデータ容量を使い放題にしてくれるコースがあるからです。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアなんかのスマホをもたせると、バカ高い通信料金に泣くことになります。

 

払うのは親ですからね。格安SIMで、スマホの通信料金は節約して下さい。

 

LINEモバイル!詳しく見ていきましょう!

 

こちらは、LINEモバイルの公式サイトです。→LINEモバイル

 

LINEモバイルの特徴はこんな感じ

 

2016年から格安SIMの事業を始めています。LINEモバイルという子会社を立ち上げて格安SIMを発売するMVNO(仮想移動体通信事業者)を始めたんです。

 

LINEモバイルは、月額料金は500円からの料金体系で格安SIMの業界では、安いレベルからの料金体系になっています。

 

LINE モバイルの特徴は、LINE、Twitter、フェイスブック、InstagramのSNSアプリを使うときのデータ通信量が使い放題という点です。

 

LINE MOBILEのデータ通信回線は、NTTドコモの通信回線を借り受けています。NTTドコモ系のMVNO(仮想移動体通信事業者)です。

 

通信回路は、NTTドコモ網ですから、高速通信は、下り最大375Mbps 、上り最大50Mbpsがベストエフォートで提供されます。

 

LINEモバイルのサービスプランは、本家LINEアプリをデータ通信量にカウントしない「LINE フリープラン」が人気です。

 

LINE以外のSNSを使う人もたくさんいるので、「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」をデータ使い放題の対象にした「コミュニケーションフリープラン」もあります。

 

しかも、月額料金の支払には、通常のクレジットカード払い以外にも、LINEアプリの中での課金に使える「LINE Pay」もLINEモバイルの支払に使えるようになってます。

 

LINEモバイルの公式サイトです。→LINEモバイル

 

LINEモバイル・LINE フリープランの内容

 

LINEのデータ通信を使い放題にしてくれる機能が、LINEモバイルの「カウントフリー機能」です。

 

LINE フリー

 

LINE フリープラン

 

子供から大人までスマホを持っている人は、大体使っているかと思います。可愛いスタンプを交えながら使えるチャットや無料の電話やテレビ電話です。

 

友達同士や家族間は、LINEのみで日常の連絡は完璧です。

 

他の電話やメールなどは、必要ないですね。LINEはしかも無料で使えます。その部分の、データ通信容量をカウントしないのでLINEを使うところは通信料金まで無料になってしまうんです。

 

LINEモバイル最強です。

 

LINEモバイルでの「LINE」利用時のデータカウントフリー対象一覧

 

  • トーク機能のテキスト及び音声メッセージの送受信
  • トーク機能のスタンプ、画像、動画などファイルの送受信
  • トーク機能の無料通話、ビデオ通話
  • タイムライン機能の画像、動画を含む画面閲覧、投稿
  • スタンプ、着せ替えのダウンロード
  • アカウント設定をする時のデータ
  • 友だち一覧画面の表示、友だち追加
  • その他の画面の表示

 

ほぼ、よく使う機能はデータのカウントをしないということですね。

 

でもね、次のものはデータ通信の料金が取られますので注意です。

 

  • LINEの外部リンクへの接続
  • LINE アプリ内でLINE トーク画面で観る外からつながっているライブストリーミング動画(LINE LIVE機能)
  • LINEの中でLINE以外のアプリサービス、ネットサービスを使う時のデータ通信

 

LINEをやっていて、友だちから共有したり、タイムラインで送られてきたリンクをクリックして他のサイトへ接続したらその時のデータ通信容量はカウントしますよということですね。

 

LINEアプリの中で完結していることは、だいたいOKという理解でいいかと思います。

 

これが、月額500円で使えるということです。

 

月額500円のコースは、LINE以外のデータは1GBのコースになります。1GBあれば、普通にネットサーフィンして、メールやってといった使い方には十分です。

 

YouTubeとかを外でバンバン観るのにはちょっと無理がありますが、動画は自宅のWi-Fiの中で観るし、外では、ほとんどLINEしか使わないという人にはメチャ安くなるコースです。

 

っていうか、これからスマホを持たせる中学生の子供なんかには、LINE以外使っちゃダメと教育すれば500円で済みますわな。

 

080、090、070で始まる携帯電話番号も付けたいなら別途700円月額いります。

 

これも節約したいけど電話番号欲しい人は、IP電話といって050番で始まる無料の電話番号を取得する方法があります。普通に電話できますのでいいですよ。

 

IP電話についてはこちらで説明しています。

 

音声通話アプリで050番の電話番号取得・格安SIMスマホ実践編第7回

 

LINEモバイルのカウントフリーならSMS認証をスキップできる!

 

他社の格安スマホでは、LINEのIDを取得するときに、SMS認証が必要です。そのために格安SIMでもSMS番号が欲しいために、月額150円ほど払い続けることになります。

 

しかし、LINEモバイルのカウントフリーでは、それが必要ないので、月額500円ポッキリでスマホが持てて、LINE認証もできて、LINE使い放題でしょ!

 

これから子供にもたせるスマホには最有力候補に上がってくると通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、考えますな。

 

 

LINEモバイルの公式サイトで確認してください。→LINEモバイル

 

 

コミュニケーションフリー

 

もう一つデータカウントフリーのコースです。

 

LINEのカウントフリープラン

 

コミュニケーションフリーは、LINE フリーに加えて、「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」のデータ通信容量が、カウン トフリーの対象になるんです。

 

今時の若者が使うのは、検索エンジンで調べ物をしながらネットを使うんじゃなくて、SNSで生活してますね。

 

そのうちのほとんどをLINEを筆頭に、「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」ですから、ほとんどのSNS生活をデータ使い放題ということになりますね。

 

「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」のデータカウントフリーでも、LINEのときと同じように、外部につながっている画像や動画を閲覧したらデータはカウントされます。

 

それぞれのアプリ内でのデータはカウント・フリーということです。

 

LINEモバイルの公式サイトです。→LINEモバイル

 

コミュニケーションフリーの料金

 

月ごとのデータ通信容量と音声通話付きのSIMカードの料金関係です。

 

  • データ通信容量・・・3GB・月額1,110円→音声通話付き→月額1,690円
  • データ通信容量・・・5GB・月額1,640円→音声通話付き→月額2,220円
  • データ通信容量・・・7GB・月額2,300円→音声通話付き→月額2,880円
  • データ通信容量・・・10GB・月額2,640円→音声通話付き→月額3,220円

 

月額の容量からいうと、少し高めですが、「LINE」「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」の4大SNSが使い放題になるんですから、むしろ安いでしょう。

 

LINEモバイルの公式サイトです。→LINEモバイル

 

MUSIC+

 

LINEのMUSIC+

 

次は、MUSIC+です。

 

MUSIC+は、上のコミュニケーションフリーのデータ通信容量カウントフリーに加えて、さらに「LINE MUSIC」のデータ通信容量がカウントフリーになるんです。

 

「LINE MUSIC」のカウントフリー対象
  • LINE MUSICの「ホーム」「カテゴリ」「検索」「マイミュージック」の各画面表示利用時のデータ容量
  • LINE MUSICの音楽・音声の視聴データ容量
  • LINE MUSICのオフライン再生のための楽曲のダウンロード保存時のデータ容量

 

「LINE」、「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」に加えて、「MUSIC+」のカウントフリーです。音楽好きでSNS使いなら、コレで決まりといった内容ですね。

 

MUSIC+の料金コースです。

  • データ通信容量3GB・・・月額1,810円→音声通話付き→月額2,390円
  • データ通信容量5GB・・・月額2,140円→音声通話付き→月額2,720円
  • データ通信容量7GB・・・月額2,700円→音声通話付き→月額3,280円
  • データ通信容量10GB・・・月額2,940円→音声通話付き→月額3,520円

 

LINEモバイルの公式サイトです。→LINEモバイル

 

格安SIMとスマホ端末のセット販売

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアでスマホを申し込むと、ほとんどはスマホとのセット販売を選びます。

 

格安SIMの場合は、自分でSIMフリーのスマホを用意して、格安SIMのカードだけ買ってきて差し込めば使えます。

 

まだ、スマホ本体を持っていない場合は、格安SIMとスマホ本体端末のセット販売もあります。

 

この記事を執筆時点では、HUAWEI nova lite2、ZenFon4、AQUOS sense lite SH-MO5、Blade V8、HUAWEI MediaPad T3、arrows M04、GRAND X LTE、HUAWEI P10、Blade E01の中上級機が並んでいました。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、ZenFone5を使ってます。ZenFoneシリーズは、なかなかいいスマホです。

 

LINEモバイルの公式サイトで確認してください。→LINEモバイル

 

スマホ本体をもっと安くしたい場合は、中古品や新古品を狙えばいいと思います。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤはいつもここでスマホやパソコン、タブレットは買ってます。

 

イオシス

 

掘り出し物がいっぱいあります。

 

 

まとめ

 

今回は、LINEモバイルを調べてみました。

 

LINEモバイルの一番の売りは、データカウントフリーですね。

 

SNS最大手のLINEを運営している強みですね。500円でLINEを使い放題にするところがすごいです。

 

「LINE」、「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」に加えて、「MUSIC+」のカウントフリーですから、SNS生活、音楽生活をこれでどうだ!といったところでしょうか。

 

通信料金節約マニアの管理人としては、やっぱりこれから、子供にスマホを持たせる親の立場でLINEモバイルを評価します。

 

月額500円でスマホを子供に持たせることが出来ます。

 

家族と友達関係くらいなら、スマホでの電話でも連絡でもLINEでほぼ済んでしまいます。無料でテレビ電話まで出来ます。

 

それが、月額500円です。料金的には、初めての子供へのスマホに最適だと思います。子供だけでなく親戚一同これにすれば、みんな月500円仲間でLINE放題一族ですよ。

 

LINEさん最強ですな。

 

LINEモバイルの公式サイトです。→LINEモバイル

 

みんな月500円仲間でLINE放題一族

 

LINEモバイルの公式サイトです。→LINEモバイル

 

格安SIMを導入して通信費節約の詳しい記事


最後に毎度書きますが、通信料金の節約全般を理解したいときは、こちらに詳しくまとめてあります。


他社の格安SIMも一覧で比較検討できるようにまとめておきます。

格安SIMのMVNO比較一覧

とにかく安くしたいというライトユーザー、初心者向け

公式ページ

詳しい記事

DMMモバイル

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM

b-mobile

b-mobileはソフトバンク系格安SIM、990円から音声通話付きあり、ソフバンスマホ持ちの通信費節約に

携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの格安SIMは低価格で5枚発行家族シェア、低速でもバースト機能で速くブラウジング快適

DMMモバイル

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。au系

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

楽天モバイル

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ最低速度1Mbps、電話かけ放題

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioみおふぉん・ドコモ系au系の格安SIMあり、相互シェアも可能

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

NifMo

NifMo(ニフモ)の格安SIM

イオンモバイル

イオンスマホはサポートがあって初心者向き格安スマホ・格安SIM

nuro mobile

nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも

今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け。新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話オプションでMNP

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの格安SIMは低価格で5枚発行家族シェア、低速でもバースト機能で速くブラウジング快適

DMMモバイル

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。au系

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

楽天モバイル

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ最低速度1Mbps、電話かけ放題

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioみおふぉん・ドコモ系au系の格安SIMあり、相互シェアも可能

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

NifMo

NifMo(ニフモ)の格安SIM

イオンモバイル

イオンスマホはサポートがあって初心者向き格安スマホ・格安SIM

nuro mobile

nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも

b-mobile

b-mobileはソフトバンク系格安SIM、990円から音声通話付きあり、ソフバンスマホ持ちの通信費節約に

U-mobile

U-mobileは大容量データ通信SIMが安いです。

外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEと他SNS使い放題、LINEMUSIC放題で音声通話SIM大容量もありなら安い

格安スマホ「TONE」

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話オプションでMNP

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)ってどうよ?ほんとに安いか?通信品質は?格安SIMとの違いは?

U-mobile

U-mobileは大容量データ通信SIMが安いです。

nuro mobile

nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。500Kbpsで使い放題あり。au系

一人暮らし向きにはWiMAXとの併用で固定回線並みに→WiMAXを比較

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ