サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

スマホ解約してきました。au携帯解約手続き体験手記

スマホ解約に驚いているショップのお姉さんの雰囲気

 

スマホ解約してきました。au携帯スマホ解約手続き体験を手記として残しておきます。

 

スマホを解約したいと思いだしてから数年たちました。

 

auスマホの解約したスマホ

 

意味不明で複雑な料金体系に「しょうがない」という感覚でダラダラと携帯会社さんに毎月7000円なにがしを「寄付」していた通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤです。

 

私は、自営業でほとんど自宅にいるため、自宅のWi-Fi環境圏内で生息しています。

 

スマホは、携帯会社さんの回線を使わずに、スマホのパケットを光回線の無線ルーターからのWi-Fiで済ませていました。

 

外出するときにほんのチョビットだけ携帯会社さんのパケットを使っていました。

 

スマホって通信料金が高いな~~??

 

なんか疑問に思いつつ、

 

手続きが面倒くさそう?

 

どうしよう?

 

ということで何となく、使ってもいない高額通信料金を払っていました。

 

 

今は格安SIMを入れたスマホで激安通信料金で暮らしています

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの意味不明で複雑な料金体系から脱出して、今では格安SIMの格安スマホをもって快適に暮らしています。

 

その顛末は、「スマホ通信料金を格安にした実践記録」で詳しく語っています。

 

長いですが、ご興味、おありの方は読んで下されば幸いです。

 

それで、使っていたauスマホの解約をしてきたわけですが、その記録を残しておこうと、このページを書いています。

 

docomoの携帯解約やソフトバンクの解約も似たようなものだと思いますので、ご参考までにどうぞ。

 

スマホ解約手続き

 

スムーズに携帯やスマホの解約をするためには、契約者本人が携帯ショップに直接行って手続きするのが一番簡単です。

 

そのときに持って行くのが、本人の身分証明書です。

 

免許証とか保険証とかですね。

 

それから印鑑。

 

使っていた携帯、スマホを持って行きます。

 

持ち物

  • 印鑑
  • 身分証明書
  • 携帯、スマホ本体

 

本人以外の人が行く場合は委任状とかいろいろと必要書類が増えます。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、数年前の2月28日に行きました。

 

年度替わりの時期に近く、携帯を契約した人が多いせいか、解約するのもこの時期が更新月ということで、解約する人がいっぱいいました。

 

朝10時の一番でauショップに伺ったんですが、10人くらいですかね、みんな解約ですと言っていました。

 

「おお、大手キャリアからの呪縛から逃れる人がこんなにいるとは。」

 

MNPで他に乗り換える人もいると思いますが、格安SIMへの移行組もいっぱいいるのでしょうね。

 

最初にauショップに入っていた軍団がみんな解約ですというものだから、ショップのお姉さんは、しょうが無いといった表情で淡々と手続きをしていました。

 

スマホ解約に言った時のショップの気持ち、解約?まあいいけど。

 

(ショップのおねえさんの気持ち、こんなんじゃなかったかな?「解約?まあいいけど・・・」)

 

最初に聞かれたのが、「MNP手続きはご必要ですか?」と聞かれました。

 

私は、「いいえ、きれいさっぱり解約です。」と答えると、苦笑いしていましたね。スミマセンね、お姉さん。

 

隣の窓口でも、その隣の窓口でもみなさん、「移動しません!」「いりません!」とか聞こえてきました。

 

やっぱりみなさん高額なスマホ料金に気がついて、格安スマホの世界に踏み出すようです。

 

スマホ携帯解約での更新月と解除料の仕組み

 

それから、auショップのお姉さんは私の免許証とパソコンの画面をにらめっこしながら更新月を調べて、「申し訳ございません。解除料がかかりますう~~」と言いました。

 

そんなこと先刻ご承知で、もうとっくにあきらめてます。

 

もうすでに格安SIMのスマホを片手にもっているので、1日でも速く解約をしなければいけません。

 

今持っているスマホfreetel

 

私の更新月は、半年後なんです。ですから解約料金はあきらめてます。

 

このお金は、要するに、auの私の場合は、「誰でも割/誰でも割シングル年契約解除料」というやつで9,975円になります。

 

この契約をした月から2年間の縛りで途中解約すると「誰でも割/誰でも割シングル年契約解除料」なるものをとられます。

 

2年間は割引をしてあげるから、その間は他の会社に浮気しないでね。といった感じで、途中で浮気する場合は、お金で解決しましょ!ということです。

 

この「割引」制度は他のサービスでも同じように解約金がついて回ります。

 

めんどくさくてよくわからないのですが、「~~~~~~割」というやつです。

 

ほんとうに割引なのか、元からその値段にするつもりで最初の値段を高くしているようなもののような、それで2年の縛りで浮気させないようにしている手法だと思うんですが、とにかく携帯やスマホの解約時には、「~~~~~~割」についての解約金がかかります。

 

ただし、更新月に解約するとそれがかかりません。契約した月から2年後の、あらたに次の2年縛りが始まる月です。この1ヶ月間だけです。2年縛りが終わる月ではございません。これ注意するところです。

 

「2年過ぎたから、いつ解約しても解除料なんていらないでしょ!普通!」という認識は、甘いです。

 

もう一つ注意するのが、更新月というのは携帯やスマホを最初に契約した月ではなく、「~~~~~~割」を契約した月です。

 

だいたいは最初に携帯やスマホを申し込むときに一緒にいろんな割引も勧められるので、言われるままに多くの人は「~~~~~~割」を契約していると思います。

 

しかし、何年も同じ携帯やスマホを持っていると途中で新しい「~~~~~~割」が出てきて「、こっちの方が得するな~~」ということで、変則的に「~~~~~~割」に加入したりします。

 

そうすると、「~~~~~~割」を契約したその時、その月が、その更新月になりますので注意が必要です。

 

私の妻の携帯も同じ日に解約に行ったんです。妻の携帯を最初に契約した時にさかのぼって更新月の最後の日ということで2月28日に携帯の解約にいったんです。

 

そうしたら解除料がかかると言うではないですか!!

 

それいらないと思って今日来たのにといったら、「こうこう、こういうわけでして・・・・」と説明してくれました。

 

しかし、auのお姉さん、知恵を絞ってくれて、丁度、妻の携帯があと1日で10周年を迎えるというデータを見つけてくれました。

 

10年持っているとこの途中の解約金が3,000円くらいになるというのです。

 

「そんなら、妻のはまた、明日来るで、よろしく!」ということになり、2日連続でauショップへ伺いました。

 

もともと携帯通信料は高いのであんまり割り引きされているという感覚がないものだから、この「~~~~~~割解除料」というのは、くせ者ですね。気分が良くない。気分悪い。

 

それに10年も使っているお得意さんなんだから、そこんとこどうにかしてよ!と言いたいです!!

 

それから窓口で気になったので追求したんですが、「~~~~~~割」というのは、その更新月には割引が適応されないということなんです。これ要注意です。

 

どういうことかと言うと、今まで、例えば「~~~~~~割」で半額にしていたものが、更新月の途中で解約手続きに行った場合、「契約解除料」はいらないんですが、その代わりその月の割引がないので半額にならないということです。

 

通信料金やオプション料金などがその月だけ額面どうりとられます。だいたいが「契約解除料」の方が高いので泣き寝入りですが、「なんかな~~~~」といった感じです。

 

解約前月に何とかなるものは、なんとかしといた方がいいですよ。

 

もともと割引感がないところに、「契約解除料」とか「更新月」とか「割引適用外」とか・・・やっぱり「なんかな~~~~」といった感じです。

 

でも、ショップのお姉さんに怒ってもしょうがないので、ハイハイとニコニコしながら淡々とスマホの解約手続きを続けました。

 

携帯スマホ解約時のポイント精算と電話番号データ消去

 

それから、auショップのお姉さんが言うには、ポイントが貯まってます!ということなんです。

 

解約料金に使えないんですか?と聞くと「ダメです!」ときっぱり、その代わり充電器とか付属品に交換できますということでした。

 

私の場合は、契約解除するスマホもナビやカメラとして使うつもりなので、それじゃ~~ということで充電器とSDカードをもらってきました。

 

それから、もしかしてこのスマートフォンを中古で売り飛ばすこともあるかもしれないので、スマホの中に潜んでいる電話番号を消してもらいました。

 

私のスマホは古い機種でSIMカードのない「HTC ISW11HT」というやつなんです。

 

買った当時はテザリングができるとかで、いいぞ!と思って買いました。今となっては古い機種です。でも現役で故障もなく動いています。

 

いらないスマホ携帯の買い取り窓口

 

SIMカードの入っていないスマホは、本体のロムに電話番号の記録がされているので、これをショップで消してもらえば、中古で売り飛ばすことができます。

 

これからは電話ができないだけで、普通に小型タブレットとしては使えます。

 

それにWi-Fiのなかでは、050番電話とかSkypeとかLineなんかで電話も使えます。モバイルルーターと一緒にこれを運用するという手もあります。

 

私の場合は、すでにfreetelの格安スマホと格安SIMで運用を開始していますので、auのHTC ISW11HTは小型タブレットとして愛用していきます。

 

それで、話を戻すと、このHTC ISW11HTも中古品としてそこそこ需要があるみたいで買い取ってくれるとこをがあるんです。

 

ここは有名なブックオフがやっている、ネットオフです。

 

【手数料・送料無料】携帯電話・スマートフォン売るならネットオフ♪

 

もう一つ、中古や新品のパソコンやスマホを保証付で販売しているイオシスというお店です。ここは、買取もやってます。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤもよく利用するところです。

 

イオシス

 

 

それでauスマホでSIMの無いやつは、スマホ本体に隠されている電話番号情報を消さないと買取してもらえません。

 

それを知っていた通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、auショップのお姉さんに電話番号をきれいさっぱり消してくださいとお願いしたんです。

 

そしたら、ハイハイと、パソコンとスマホをUSBでつないで、なにやらやり出しました。スマホの再起動とかして、3分くらいで消してくれました。

 

これで一安心です。お姉さん、ありがとう!

 

ということで、auスマホの解約手続きが滞りなく済みました。

 

au通信サービス解約通知書」なるものを最後にもらいました。

 

「2月28日をもって、解約を通知します。」と厳めしく書いてあります。

 

au解約通知書

 

なにが「通知します」だ!

 

「いままで使ってないのにいっぱい通信費払ってくれてありがとう」とか

 

言って欲しいワ!

 

とは、auショップのお姉さんには言いませんけど・・・

 

顔はニコニコしながらそんな事思ってました。

 

まとめ

 

携帯スマホ解約に必要なもの、au携帯解約料金についてなどまとめました。本人が携帯ショップに行けない時は、携帯解約委任状など面倒な書類が必要になります。

 

DoCoMoの携帯スマホ解約、ソフトバンクの携帯スマホ解約についても似たような制度になっていると思いますのでご参考までにまとめておきました。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクなど大手携帯会社のスマホで月7,000円ほどかかっていたのが、月1,000円で済むようになった通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤのスマホ節約の話はこちらでコッテリと語ってます。

 

スマホ通信料金を格安にした実践記録

 

スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座

 

スマホ携帯料金の更新月を調べる方法は、息子のヒカリ君がこちらのページでまとめています。「スマホ携帯の更新月を確認する方法・auを解約するために更新月を調べた時の話

 

スマホ携帯の更新月を確認してから解約手続きに行く方がいいと思いますので、ご参考までにどうぞ。

 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ