サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

WiMAX恐怖体験!一人暮らしの通信費節約と思ったが・・・WiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi

WiMAX恐怖体験★無線のインターネット契約WiMAXで一人暮らしのネットとスマホ節約ワザ

 

長男が地方の大学に進学した時に、一人暮らしのインターネット回線をどうするかをいろいろ比較検討したことがありました。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤはケチなので、なるべく安く、しかも高速なネット環境を準備するつもりで調べました。

 

息子は工学部でプログラム関連の学科に進学したので高速ネット環境は重要だったんです。

 

でも、一人暮らしですから安く済ませたいし。

 

いろいろ調べてわかったんです。

 

光回線の固定回線か、無線での高速通信のできるモバイルWi-Fiという案が浮かんできました。

 

でもでも!えらいことが起こってしまったんですよ!

 

 

まず!WiMAXでいこうと思ったんです。

 

もう、数年まえの話なんで、一番進めたかった案がWiMAXです。

 

無線での高速インターネット回線を使い放題だった WiMAXです。

 

今では、WiMAX2+となり高速無線インターネット回線になっています。

 

いわゆる携帯スマホの4G回線を使ったモバイルWi-Fiと違います。

 

当時の4G回線のモバイルWi-Fiはデータ量の制限があったりしたので却下しました。

 

今は、使い放題の4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiも出てきていいですね。

 

携帯会社のモバイルWi-Fiは、LTEのネットワークを使いますが、WiMAXは、携帯会社のネットワークとは別物です。

 

独立した無線の中継局があり、ほぼ全国の人口密集地にエリア対応しています。

 

一人暮らしにはモバイルWi-FiやWiMAXがいいですよ。どこでもネットで工事要らないし・・・

 

モバイルWi-Fiなら自宅やアパートの中でも、外でも小さな無線ルーターを持ち歩けば常にネットとつながることができます。

 

WiMAXルータの写真

 

しかも、回線工事が無いので、ルーターさえ届けば、すぐに使い始めることができます。さらに、費用も月額4000円くらいです。

 

一人暮らしをする大学生のケチな保護者としての作戦はこれ!

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの父としてのモクロミは、

 

一人暮らしを始める息子に、インターネット契約をWiMAXにして、

 

WiMAXのルーターを持たせて、アパートの中でも外でもネットにつながるようにして、

 

大手携帯キャリアの携帯スマホを解約させます。

 

なんと、スマホにSIMカードを入れない作戦です。

 

その代わり、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアとは無縁のSIMフリースマホを持たせます。

 

SIMフリースマホにはSIMカード入れません。

 

無線ネットの環境下でスマホを運用します。

 

それに050番のIP電話の番号をつけたり、LineやSkypeを乗せたりして電話として使わせます。

 

050番のIP電話の詳しい記事は、こちらにあります。

音声通話アプリで050番の電話番号取得・格安SIMスマホ実践編第7回

 

基本料金0円で電話番号を取得できるところも紹介しています。

 

常時、高速無線ネットのルーターとスマホを持ち歩けばいいじゃないか!

 

息子には、常に高速無線ネットのルーターと携帯会社とは無縁のスマホを持たせて携帯電話がわりにしようと考えていました。

 

そうすれば、通信料金は、高速無線ネット回線でスマホも運用できて、パソコンやタブレットもネットにつながります。

 

しかも、ネット回線代金は、月額4000円程度に収まることになります。

 

別途スマホ回線の料金いりません。

 

通常ならアパートに固定ネット回線を6000円くらいで引いて、スマホに7000円くらい使って、両方で一人暮らしの通信料金が13000円くらいかかります。

 

そこをなんとか4000円以内に押さえようという目論見です。

 

ケチなオヤジの通信費節約の裏技だよ!

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの父としてのモクロミをまとめると

  • 高速無線ネットの小型ルーターを持たせてアパートの中でも外でもネットにつなげる。
  • au、DoCoMo、ソフトバンクのバカ高い大手携帯キャリアを解約させる。
  • 携帯会社とは無縁のSIMフリースマホを持たせる。
  • 050番のIP電話の番号をつけ電話として使わせる。
  • LineやSkypeを乗せ無料通話もさせる。
  • インターネット固定回線いらない。
  • 携帯会社の回線もいらない。
  • SIMカードすらいらない!
  • パソコンもアパートでも外でもネット。しかも高速無線回線。
  • 通信料は全部コミコミで4000円に収まる。

 

これで、4000円でいけるはずだったんです。

 

はずだったんです・・・・・

 

はずだったんです・・・・

 

 

ここからWiMAX恐怖体験です。

 

 

WiMAX恐怖の体験に突入!

 

息子の入学にあたって入学準備で大学に伺い、大学生協のアパート斡旋があったので、とりあえずアパートを決めました。

 

引越しの作業をしながら、息子の大学生活に夢をはせていた真っ最中に事件は起きました。

 

WiMAXは、携帯会社とは独立した無線の強力な中継局が必要なため、サービスエリアが都市部に限られています。

 

地方都市はだいたいOKです。

 

徐々に広がっています・・・・、今では、だいたい全国大丈夫です。

 

しかし、息子が大学に入学した当時は、今よりエリアが、少し狭かったんです。

 

息子の合格した大学は地方の国立大学でしたので、それなりの都市部で県庁所在地なんです。

 

ですから、当然、WiMAXのエリア内だろうと思っていました。

 

大学近辺は、もちろんエリアに入っているのを確認しています。

 

父であるサイト管理人シム・セツヤの節約癖がでて・・・・

 

でですね、根っからの節約癖が出て、うかつにも借りたアパートを安いところを選んだのです。

 

大学から、ちっと遠いところなんです。

 

ちょっとだけですよ!

 

遠いと言っても大学から、徒歩15分くらいのところです。

 

ですから、当然!WiMAXのエリア内だろうと思っていて、しっかり調べていなかったんです。

 

で、アパートの契約が済んでから、気になったので、詳しくWiMAXのエリアを調べました。

 

すると、アパートの場所が、WiMAXのエリア、ぎりぎりライン外だったんですよ。

 

ほんと!キリギリ。

 

少しぐらい大丈夫だろうと思ったんです。

 

WiMAXのエリア表記は正確だった!

 

買ってからつながらないと怖いので、WiMAXにお試しレンタルを申し込んで一週間WiMAXを使わせてもらいました。

 

その結果、「少しぐらいエリアから外れてもいいだろう」は通用しませんでした。

 

やっぱりダメなものはダメで、息子のアパート内では、WiMAXはつながりませんでした。

 

外に出て、そのままWiMAXのルーターを持って少しだけ大学寄りに歩いて行くと、なんと!

 

30メートルくらいのところでちゃんとネットにつながるではないですか!

 

あ~~~この30メートルがニクイ!

 

仕方なくWiMAXのルーターを送り返しました。

 

非常に残念でした。

 

WiMAXのエリア地図でしっかりと圏内のところでアパートを借りるべきでした。

 

逆にいえば公開されているWiMAXのエリア地図は正確で、ギリギリでもエリア内にあればつながるということです。

 

当たり前ですが・・・・。

 

大学受験と合格、もろもろの手続き、引越となんやかんやと忙しくて頭が回っていなかったようです。

 

本当にウカツでした。

 

是非も無し!

 

今では、WiMAXも申し込んでからつながらないといけないので、どこの会社も8日間のクーリングオフみたいなキャンセルができる決まりになってます。・・・・時代はススンでいきますね。

 

固定光回線は、引っ越しシーズンには1か月待ち!を覚悟せよ!

 

別途、インターネット契約を固定の光回線を決断して引きました。

 

息子の引越しを終えたところで申し込んだら、進入学の時期はやっぱり工事の手配も混んでいるようで、4月の下旬になるということで、1ヶ月ほどネット無しの生活になります。

 

高速無線ネット回線ならルーターが届けば、工事なしの予定だったんですが・・・

 

 

という残念な、しょうもないお話でした。

 

 

しょうもない話でしたが、高速無線ネットは一人暮らしにおススメですわ。

 

WiMAX恐怖の体験から、数年が経ちました。

 

あれからWiMAXも進化して、WiMAXの高速無線通信もさらに進化してWiMAX2+という超高速の無線ネット回線になっています。

 

さらに、当時は却下した携帯の4GLTE回線を使ったモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiとか言われる無線ネット回線もWiMAXよりも安くて速度制限のなり本当の完全使い放題のサービスが続々と出てきています。

 

ですから、これから一人暮らしを始めるという場合には、WiMAXだけでなく、モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)の高速無線ネット回線は、超オススメです。

 

数年前にWiMAXを試したときでも、エリア内では、光回線と全然変わらない速度でネットを使えました。

 

無線でも通信速度は速いし、しかも、通信データ量も上限がありません。

 

パケット上限なしの使い放題です。

 

モバイルWi-Fiのルーターがあれば、その近辺でパソコンやらスマホやらタブレットやらどんどん使うことができます。

 

工事はいらないし部屋の中にLAN配線も必要ありません。

 

それで月4000円弱程度です。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には、一人暮らしにはベストなネット回線じゃないかなと思っています。

 

外でパソコンを使いたいときも、スマホでテザリングなんて面倒な設定しなくてもWiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiならいつも通りに外でもパソコンが使えます。

 

スマホも同じです。

 

で、せっかく調べたのでその辺の情報をまとめておきます。

 

入進学とか単身赴任とか就職とかで引越する人々へ是非伝えたい内容なんです。

 

WiMAXについて

 

WiMAXの詳しい成り立ちや概要は、こちらのコーナーで詳しくやってます。→「WiMAXまとめ

 

まず、WiMAXの種類です。

 

WiMAXは、KDDIの経営するUQ WiMAXという本家の会社が電波設備や回線を提供していて、その通信網をネットにつなげるプロバイダーなんかが取り扱って販売をしています。

 

なぜか、UQ WiMAXの本家よりもプロバイダーなどが販売している方が、安くて条件がいいです。

 

回線はどれもKDDIのWiMAX回線で同じです。

 

本家のUQ WiMAXも直接販売もしています。

 

WiMAX無線通信回線の種類

 

WiMAXは、中継局のある都市部を中心にWiMAX2+という超高速回線とエリアを充当するためにauのスマホで使われている4GLTE網を含めて高速ネット網を提供しています。

  • WiMAX2+・・・下り最大1.2GB
  • auの4GLTE網

 

4GのLTE網が加わってほぼ全国で使えます。

 

auスマホと同じ範囲になります。

 

WiMAX 2+の料金プラン

 

詳しくは、こちらに記事にしてあります。→「WiMAX 2+の新しい料金プラン、ギガ放題の簡単な概要

 

概要だけまとめると、

 

  • WiMAX2+は、下り最大1.2GB。(実測はそんなに出ません。)
  • 「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の2つの料金コースになる。

 

ということです。

 

「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の2つの料金コースの違い

 

「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の2つの料金コースの違いです。

 

「UQ Flat ツープラス」は、月7GBまでと3日間で1GBまで高速通信パケット容量を使うと、速度制限がかかりますが、料金が月3696円。

 

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」は、高速通信の速度制限がなく使い放題ですが、料金が月4380円と少し高くなります。

 

使い放題といっても、3日間で10GBという制限があるんです。

 

本当の無制限ではないんです。

 

でも、わりと緩い制限です。

 

3日間で10GB超えたら4日目の夜間帯だけ1MB程度の低速になります。

 

でも、これを嫌うひとが多いです。

 

  • 「UQ Flat ツープラス」は、速度制限ありで月3696円。
  • 「UQ Flat ツープラス ギガ放題」は、月間容量使い放題、月4380円。

 

au4GLTEの高速回線

 

WiMAXのインターネット回線を提供しているのはKDDIです。携帯電話のauと同じ会社です。

 

ですからWiMAXは、au 4G LTEの高速回線との乗り入れをWiMAXルーターで出来るようになっています。

 

超高速のWiMAX2+の回線と従来のWiMAXの回線に、au 4G LTEの高速回線を加えたエリアでネットにつなげることができます。

 

auの範囲が加われば使える範囲が広がっていいんじゃないかと思います。ほぼ全国で使えると言うことです。

 

しかし、オプション料金1005円(税抜)月が必要になります。少しでもでau 4G LTEの高速回線を使うとその月にはオプション料金が加算されます。

 

2017年からは、このオプション料金が、3年契約を約束すると無料になるコースができました。長く使う場合は、お得なコースです。高速無線インターネット回線のエリアが広がっています。

 

まだまだ、WiMAX回線網は、完全に全国には設置されていないので、これがあるとWiMAX圏外での通信に利用できます。

 

しかし、何故か、au 4G LTEの高速回線を使った月は、高速通信の容量制限がau 4G LTEの規定で適用されて7GBで速度制限されてしまいます。

 

注意が必要です。

 

これは、ルーターの設定をちゃんとしておけば何とかなります。

 

こちらに設定方法とか記事にしています。

 

 

完全無制限のモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)が出現している!

 

でもね。WiMAXのこういった制約を取り払った4GLTE回線を利用した完全無制限のモバイルWi-Fiが今では、あります。

 

2019年始めに登場したどんなときもWiFiですね。

 

au、DoCoMo、ソフトバンク大手携帯キャリアの4G LTE回線を利用して高速無線ネット回線を提供しています。

 

WiMAXよりもエリア的には広いです。

 

携帯の電波が届く範囲は、全部OKです。山間部や海岸部もわりとカバーしています。

 

WiMAXは、鉄筋のビル内は、地下鉄ではつながりにくいですが、携帯の4G回線は、比較的その辺が強いです。

 

トリプルキャリアのクラウドSIM

 

au、DoCoMo、ソフトバンク大手携帯キャリアの4G LTE回線をクラウドSIMという方法で、その時々や場所で、一番つながりやすい会社の電波を自動判別してネットにつなげるんです。

 

これをトリプルキャリアのクラウドSIMといいます。

 

すごいですね!

 

SIMカードがクラウドですよ!

 

意味、ちょっとわからなくてもいいです。

 

つながりやすくて、エリアが全部の会社をつかうので広いということです。

 

 

速度制限がない!モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)

 

WiMAXは、3日間で10GBの制約がどうしてもつきまといます。

 

速度制限が夜間帯にかぎられたり、速度制限があっても1MB程度は保証するなど、それなりに緩くはなってきました。

 

しかし、夜間帯にネットにつなげたい一人暮らしの若者には、ツライ制限です。

 

その辛さを解消してくれたのが、どんなときもWiFiです。

 

速度制限無し、WiMAXよりも安い、携帯の4G回線でエリアが広い、海外にもそのまま持っていけるとか、WiMAXよりも優れた条件です。

 

無制限モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)がたくさん出現!

 

2020年には、どんなときもWiFiとほぼ同じようなサービスがたくさん出てきました。

 

たくさんサービスがでてきたので、どこがいいのか迷います。

 

とにかく、2020年の時点では、WiMAXよりも、無制限モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)をおすすめしますよ!

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、現時点で掌握している無制限のところを表にまとめました。

 

ポケットWi-Fi無制限比較表【2020年1月調査】
単純に3年間の支払い総額で安い順に上から並べています。
商品名 3年間総額(事務手数料含む) 月額 ルーター 利用回線 契約期間縛り
hy-fy 118780円最安 3280円
2年以降同額
U2s・接続5台 トリプル 2年
NEXTmoible 123700円 3100円
2年以降3600円
FS030W・接続15台 softbank 2年
Mugen WiFi 124360円 3280円
2年以降同額
U2s・接続5台 トリプル 2年
よくばりWi-Fi 124550円 3450円
2年以降同額
U2s・接続5台 softbank 2年
hi-ho GoGo Wi-Fi 127135円 3355円
2年以降同額
U2s・接続5台 トリプル 2年
クラウドWi-Fi 129040円 3380円
2年以降同額
U2s・接続5台 トリプル 無し
【限界突破WiFi】 129500円 3500円
2年以降同額
jetfon P6・接続8台 トリプル 2年
めっちゃWiFi 131760円 3480円
2年以降同額
U2s・接続5台 トリプル 2年
どんなときもWiFi 137760円 3480円
2年以降3980円
D1(U2s)・接続5台 トリプル 2年
Mugen WiFi 146560円 3880円
2年以降同額
G4・接続5台 トリプル 2年
hy-fy 146560円 3880円
2年以降同額
G4・接続5台 トリプル 2年
トリプルとは、トリプルキャリアのことで、softbank、au、DoCoMoの4G回線の最適な回線を自動切換えしてつなぐ方式です。
2年目から月額料金が上がるところがあるので3年間の総額で表記しました。
契約時の事務手数料の必要なところと不必要なところがあるのでそれも含めた総額になっています。

 

どんなときもWiFiとほとんど条件は同じですが、料金的に安いところが出てきました。

 

2年契約の縛りがあるのがほどんどですが、契約の縛りのないクラウドWi-Fiなんてのもでてきました。

 

それから、【限界突破WiFi】 ですね。

 

これもトリプルキャリアで、ルーターがスマホなんですね。

 

地図や翻訳アプリが使えるようになっています。

 

これ今度申し込んでみようかと、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは思ってます。

 

買ったらまた、体験談とかまとめてみますね!

 

まとめ

 

大学進学や就職、転職といった場面で一人暮らしをはじめることがあると思います。

 

ネット回線にまつわる、息子の大学進学でのWiMAX体験を記録しておきました。

 

但し、私の経験のようにWiMAXのつながるエリアはちゃんと調べてから申し込んで下さいね。

 

あたり前な話で恐縮ですが、エリア内なら大丈夫です。

 

今は、WiMAX以外にも4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiがいいサービスを出してきています。

 

一人暮らしの無線ネット回線にいい感じのものがいくつかあります。

 

2020年の時点では、WiMAXよりも、無制限の4G回線系のモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)を今ではおすすめします。

 

一応、WiMAXも含めた高速無線インターネットのモバイルWi-Fi関連各社比較表を載せておきます。

 

モバイル回線おすすめトップ10表【2020年1月調査】
プロバイダのリンク 開始月料金・37カ月~料金・3年間支払い総額 契約期間、速度制限など
どんなときもWiFi
softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア広い
通信制限無しおすすめ
初月3480円
37ケ月~3980円
3年総額134760円
2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し、海外利用もOK。
詳細記事こちら
【限界突破WiFi】
softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア広い
通信制限無しおすすめ
初月3500円日割り
以後ずーと3500円
3年総額129500円
安い!
2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し、海外利用もOK。
BroadWiMAX
2年以上利用で安い、乗り換え補助ありWiMAXならおススメ
初月2726円
37ケ月~4011円
3年総額131352円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
DTI WiMAX2+
3年目から安い長期契約で安い
初月0円
37ケ月~3760円
3年総額130430円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
カシモWIMAX
長期利用で安いが旧端末
初月0円
37ケ月~4079円
3年総額130368円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックなしで月額安いコース
3年までは安い4年から高くなる
初月2170円
37ケ月~4263円
3年総額124830円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
So-net モバイル WiMAX 2+
若干高めだがサポート充実2年10カ月~最新機種へ無料変更あり
初月0円
37ケ月~4379円
3年総額145656円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+
37100円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう
初月3609円
37ケ月~4263円
3年総額155769円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
BIGLOBE WiMAX 2+
23000円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう
初月0円
37ケ月~4380円
3年総額156310円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
UQ WiMAX
WiMAX本家で料金高い、13000円キャッシュバックあるが、キャッシュバックメンドウ
初月3696円
37ケ月~4380円
3年総額160008円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら

 

モバイル回線おすすめ表の詳しい解説はこちらです。

 

モバイルWi-Fi安さ無制限で比較おすすめ・WiMAX、4G LTEのモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ




このエントリーをはてなブックマークに追加                

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、ポケットWi-Fiでネット契約見直しパターン集

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

TOPへ