サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ最低速度1Mbps、電話かけ放題10分で格安SIM一番人気になっちゃったね。

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ1Mbps、電話かけ放題

 

楽天で買い物をする人は多いですね。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤもよく使います。楽天のクレジットカードも持ってます。

 

ポイントがなんだかんだと貯まるのでそれを使って、また買い物してしまいます。

 

楽天が格安SIMを販売してます。

 

楽天自身がMVNO(仮想移動体通信事業者)を始めています。楽天の格安SIMです。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

 

楽天モバイルのコースはスパーホーダイと組み合わせプラン

 

楽天モバイルは、スーパーホウダイを全面に出してますね。

 

月額1480円で定額で高速通信が2GBついていて、それを超えたら最低データ速度1Mbpsで使い放題、高速LTE通信を使いきった後に最低1Mbpsを保証して定額にするコースです。

 

1MbpsならWiMAXの最低速度と同じです。これ使えますね。

 

携帯電話の番号を維持しつつ格安SIMをもつなら、最有力候補にしたいと思います。

 

楽天モバイルのスーパーホウダイ

 

楽天モバイルのスーパーホウダイ

 

楽天会員になると楽天スーパーホウダイを申し込むことができます。

 

最低速度1Mbpsで使い放題ということになりまから、これはいいですね。

 

しかも、国内通話10分かけ放題もついてます。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

申し込みコースは、高速通信の容量別にS、M、L、LLとありますが、高速通信が2GBのSでいいんじゃないでしょうか?

 

だって、高速通信の容量を使いきっても1Mbpsで使い放題でしょう!1Mbps出れば、普通にネット使えますよ。

 

YouTube動画も普通に見れますから十分です。

 

電話かけ放題もあるし、楽天会員になって、一番安いSコースでいいんじゃないでしょうかね。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

楽天モバイルの組み合わせプラン概要

 

楽天モバイルは、ドコモのデータ回線とauのデータ回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)です。つまり、ドコモ系、au系の格安SIMを提供しています。

 

今まで使っていた携帯電話の番号もMNPナンバーポータビリティで移動することもできます。MNPは今では、格安SIMでも当たり前になりました。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

楽天ポイントが貯まる

 

楽天モバイルの場合は、他社の格安SIMと違うところが、楽天ポイントが貯まるという点でしょうかね。

 

毎月払う通信料金には楽天ポイントが付きますが、申し込み特典があって、最大で9000ポイント付いたり、格安SIMの契約期間中は、楽天市場での買い物の楽天ポイントが2倍になったりします。

 

楽天で買い物をよくする人には、案外いいんじゃないでしょうか。通信費の節約と他の買い物の節約にもつながるような感じです。

 

ポイントでお客さんを囲い込むのが上手な楽天さんです。

 

組み合わせプランの楽天モバイルの料金体系

 

スーパーホウダイ以外では、「組み合わせプラン」という料金体系を持っています。従来のデータ容量別の料金です。

 

  データSIM(SMSなし) 050データSIM(SMSあり) 通話付SIM 通信速度
ベーシック 525円 645円 1250円 200Kbps
3.1GBパック 900円 1020円 1600円

下り最大225Mbps
上り最大50Mbps

 

5GBパック 1450円 1570円 2150円
10GBパック 2260円 2380円 2960円
20GBパック 4050円 4170円 4750円
30GBパック 5450円 5520円 6150円

 

料金体系は格安SIMを提供している他のMVNO(仮想移動体通信事業者)とそんなに大きく変わりません。楽天モバイルの場合は、最低料金の525円を強調した宣伝をしています。

 

525円でスマホがつながる!といった感じで宣伝してますが、高速通信なしのSMSなしのしかもデータ通信速度が200Kbpsという低速回線です。LTE高速回線がないとやっぱりだめなんじゃないかなと思います。

 

実質的には、3.1GBの高速通信ができる900円からということになると思います。あまり実用的ではないですが、525円のコースを作って、メチャメチャ安い感じで宣伝できますからね。

 

楽天さんうまいですな。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

楽天モバイルの「050データSIM」とは

 

「050データSIM」これは、050番で始まるIP電話の電話番号がついて、別に080、090、070番で始まる音声通話のできないショートメールのみのSMS番号がついているコースです。

 

前は、「データSIM(SMSつき)」とか言っていたと思います。

 

050番で始まるIP電話とは、通常の携帯電話網を使わないで、ネット回線上で音声データを送受信するアプリを使って電話のかわりにする方法です。

 

ネット回線の混雑具合や回線速度に依存するので音声品質が多少落ちます。しかし、普通に会話する程度のことは可能です。

 

スカイプ電話やLINE電話なんかもネット回線をつかった電話システムです。イメージとしては同じです。

 

「050データSIM」の場合は、050番のIP電話を普通に使いたいなら、低速回線のベーシックプランでは使い物にならないと思います。

 

やはりLTEの高速回線じゃないとまともに音声通話は無理だと思います。

 

ですから「050データSIM」の場合も3.1GB以上のプランが必要です。

 

SMS番号が必要なければ、「データSIM(SMSなし)」で、別途、050番のIP電話を提供しているところがありますから、そこのアプリを入れれば、050番の電話番号を入手できます。

 

基本料金無料のところもあります。

 

050番のIP電話については、こちらで詳しくまとめています。

 

音声通話アプリで050番の電話番号取得・格安SIMスマホ実践編第7回

 

楽天モバイルは結局どのコースがいいのか?

 

ということで、組み合わせプランの中では、楽天モバイルは実質高速通信が3.1GBついているコースがいいと思います。

 

音声通話付格安SIMでは、1600円です。でも、スーパーホウダイの1480円の方が、お得ですね。

 

この金額と高速通信データ量のコースは、他社と横並びです。楽天モバイルが、高速通信のところが0.1GBだけ多い3.1GBということで、ほんのちょっとだけ差別化?しています。

 

でも、これもほとんと他社と横並びです。楽天ポイントで差別化といった感じですね。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

楽天モバイルの音声通話付格安SIMの通話料

 

楽天モバイルの音声通話付格安SIMの通話料は、他社と同じ30秒21円です。

 

これを半額にすることができるのが「楽天でんわ」です。

 

「楽天でんわ」アプリをスマホにいれて電話をかけると通話料が半額になります。

 

「楽天でんわ」は、楽天モバイルを申し込まなくても、他社の音声通話付格安SIMでも、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのSIMでも使うことができます。

 

しかし、楽天モバイルと楽天電話のセットで使うと、これまた楽天ですよ、ポイントが付くんですね。

 

楽天モバイルの格安SIMカードと同時に楽天でんわも申し込むと楽天スーパーポイントが1500ポイントもらえます。

 

いつまでこの特典やってるかわかりませんが、まあ、最初だけの特典ですけど、ないよりはいいですね。

 

初月が無料・データ翌月繰り越し

 

楽天モバイルは会員ならもれなく月額料金初月無料

 

あとは、楽天モバイルのいいところは、申し込んだ初月が無料というのがあります。

 

格安SIMを申し込むとカード発行に3000円かかりますから、通信費のところで初月無料にしてくれれば、少しは助かりますな。

 

楽天モバイルはデータ通信量翌月繰り越し

 

それから、これも増えてきましたが、高速通信の容量を月ごとで買うわけですが、それが余ってしまったときです。それを通常は、月ごとで捨ててしまうわけですが、翌月に繰り越して使うことができるということになってます。

 

これも無駄なく高速通信を利用することができるので助かります。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

速度制限「3日の縛り」が2017年3月から撤廃

 

直近の3日間で、3.1GBプランの場合は、高速通信の利用が540MBを超えたら、低速回線の200Kbpsになってしまします。その時点から、3日間待って高速通信がまた使えるようになります。

 

ですから、この3日間の縛りがる状態だと、3.1GBプランの場合は、実質1日180MBの高速通信が使えると思っておいた方がいいのです。

 

1日180MBもあれば、外で普通にメールをしたりLINEをしたり、地図を見たりといったことには十分なデータ量ですが、動画を見たり音楽をダウンロードしたりするといっぺんになくなってしまします。

 

そういった、大容量の通信は、自宅のWi-Fi環境下で行うようにしなければならないという不便がありました。

 

それが、2017年3月からは、この3日間の縛りを撤廃することになりました。

 

データ通信によるトラフィックがネットワーク帯域の上限を越えるときなど、使用状況により通信制限を行う場合がございます。

 

というふうに、販売パージには小さく書いてありますが、データ回線がいっぱいにならなければ、普通に使っていいですよ!ということですね。

 

これも、他社の格安SIMも、どんどん3日間の縛りがなくなってますから、横並びといったところでしょうか。

 

しかし、これもスーパーホウダイだと、最低速度が1MBですから、絶対楽天のスーパーホウダイの方がいいすね。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

スマホ端末と楽天モバイル格安SIMとのセットの種類が多い

 

あとですね、楽天モバイルは、スマホ端末と楽天モバイル格安SIMとのセットの種類が多いということがあげられますね。しかも人気の中上級機をそろえています。

 

格安SIMとスマホ本体代金を24回払いでのセットです。新しいスマホを持つときの初期費用を抑えることができます。

 

初めてスマホを持つ方や、機種変を考えている人には、スマホ本体の種類が多いので、気になるスマホがある場合は、楽天モバイルはいいかもしれません。

 

他のスマホも同じように高機能で使いやすいものばかりでしょう。全部のスマホを触ったことはありませんが、スペック表を見た限りでは、いいモノではないかと思います。

 

他にもタブレットなどもそろえています。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

まとめ

 

楽天モバイルの格安SIMをまとめてみました。格安SIMを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)も増えてきました。楽天市場を運営している楽天の「楽天モバイル」です。

 

楽天モバイルのいいところは、やっぱり楽天を頻繁に利用する人にとっては、楽天ポイントが貯まりますので、これが一番の売りじゃないかなと思います。

 

楽天モバイルのスーパーホウダイに似た内容なら、ワイモバイルがあります。

 

ワイモバイルは10分以下の通話が月300回までかけ放題です。

 

料金は楽天モバイルよりも高いので、どちらが良いかは人によります。

 

詳しくはコチラでまとめていますので自分なりに吟味してください。→「Y!mobileってどうよ?ほんとに安いか?品質は?格安SIMとの違いは?

 

格安SIMの世界は、スマホのライトユーザーからミドルユーザー向けのサービスです。

 

スマホを持ちたいけれども、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの通信料金では、高いのであきらめていた人などは、これからは、1000円前後でスマホを持つことが可能です。

 

今や楽天モバイルはかけ放題のスパーホウダイも選べるようになって、ますますキャリアである理由がなくなってきました。

 

楽天モバイルの公式ページはこちらです。

 

楽天モバイル

 

格安SIMの説明とか、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの実践記録などは、まいど、書きますが、「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録」にしっかりとまとめてあります。

 

今回は、楽天モバイルをまとめていました。

楽天モバイル

 

格安SIMを導入して通信費節約の詳しい記事


最後に毎度書きますが、通信料金の節約全般を理解したいときは、こちらに詳しくまとめてあります。


他社の格安SIMも一覧で比較検討できるようにまとめておきます。

格安SIMのMVNO比較一覧

とにかく安くしたいというライトユーザー、初心者向け

公式ページ

詳しい記事

DMMモバイル

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM

b-mobile

b-mobileはソフトバンク系格安SIM、990円から音声通話付きあり、ソフバンスマホ持ちの通信費節約に

携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの格安SIMは低価格で5枚発行家族シェア、低速でもバースト機能で速くブラウジング快適

DMMモバイル

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。au系

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

楽天モバイル

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ最低速度1Mbps、電話かけ放題

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioみおふぉん・ドコモ系au系の格安SIMあり、相互シェアも可能

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

NifMo

NifMo(ニフモ)の格安SIM

イオンモバイル

イオンスマホはサポートがあって初心者向き格安スマホ・格安SIM

nuro mobile

nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも

今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け。新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話オプションでMNP

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの格安SIMは低価格で5枚発行家族シェア、低速でもバースト機能で速くブラウジング快適

DMMモバイル

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。au系

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

楽天モバイル

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ最低速度1Mbps、電話かけ放題

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioみおふぉん・ドコモ系au系の格安SIMあり、相互シェアも可能

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

NifMo

NifMo(ニフモ)の格安SIM

イオンモバイル

イオンスマホはサポートがあって初心者向き格安スマホ・格安SIM

nuro mobile

nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも

b-mobile

b-mobileはソフトバンク系格安SIM、990円から音声通話付きあり、ソフバンスマホ持ちの通信費節約に

U-mobile

U-mobileは大容量データ通信SIMが安いです。

外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEと他SNS使い放題、LINEMUSIC放題で音声通話SIM大容量もありなら安い

格安スマホ「TONE」

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話オプションでMNP

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)ってどうよ?ほんとに安いか?通信品質は?格安SIMとの違いは?

U-mobile

U-mobileは大容量データ通信SIMが安いです。

nuro mobile

nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。500Kbpsで使い放題あり。au系

一人暮らし向きにはWiMAXとの併用で固定回線並みに→WiMAXを比較

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ