サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

無料公衆無線LANスポットは安全か?

無料公衆無線LANスポットは安全か?

 

通信費節約で気になっている公衆無線LANスポット。特に無料で公開されている公衆無線LANスポットです。

 

家庭のなかでも利用されるようになってきた無線LANです。

 

無線でインターネット回線につなげるので、無線LANを提供しているルーターの近辺では、その電波をキャッチできれば、たくさんのネット機器がつながることになります。

 

配線がいらないので便利ですね。普通、無線LANのことをWi-Fiとも言いますね。

 

家庭の中では、ルーターの暗号システムでパスワードを設定しているので家の近所から、他人がそのルーターのWi-Fi網をつかうことはできません。

 

 

駅やコンビニにある無料Wi-Fiスポットは安全か?

 

駅やコンビニ、カフェなどにある公衆無線LANスポットが増えています。

 

最近では、外国人観光客向けに、京都、奈良、東京といった有名な観光地には、駅やコンビニ、カフェ以外にも、自動販売機に公衆無線LANスポットしたりと普及が進んでいます。

 

日本人も使うことができますので、利用している人も多いかと思います。

 

しかし、家庭のWi-Fiルーターのように通信をするのにパスワードがなかったりして、公衆無線LANはセキュリティ上、安全では無いよなところもあります。

 

家庭のWi-Fiルーターのような安全システムは基本的にないと思った方がいいようです。

 

誰でも、どこでもネットにつながるようにということで始まった無料の公衆無線LANスポットです。安全より便利なネット回線ということで発展してきています。

 

非常に便利な反面、データ通信の安全という点においては、ちゃんとした知識を持って、個人情報などを盗み取られないような使い方をする必要がありそうです。

 

 

 

 

暗号化あり、暗号化なし

 

そもそもの無線LANでの安全面の仕組みを調べてみます。

 

無線LANのデータ通信のセキュリティー面では、暗号化というものがあります。無線LANルーターの機能で、暗号化がされているものと、されていないものがあります。

 

有料の公衆無線LANスポットは、暗号化がされていますが、無料の公衆無線LANスポットには、まだまだ、暗号化がされていないところがあります。

 

データ通信が暗号化されていないと、どんな危険があるのかというと、そのネットワークにつながっている人にある程度の技術があれば、他人のデータ通信をのぞき見ることができてしまうと言うことです。

 

送信したメールの内容とか閲覧したサイトとかが、他人に見られることになります。

 

誰も見ていなければいいのですが、たまたま、悪意のある人がのぞき見していれば、自分の情報が丸見えになっていることもあります。

 

スマートフォンなどでは、移動中にWi-Fiをつなぐ設定にしてあれば、自動でWi-Fiに次から次へとつなげてしまいます。

 

パスワードなどが必要なWi-Fiスポットにはつなぐことができませんが、だれでもつなぐことができるような、暗号化されていないパスワードの必要のない公衆無線LANスポットでは、知らないうちにスマホがその公衆無線LANスポットにつながっている可能性もあります。

 

また、悪意を持った無線LANスポットを人通りの多い所に設置して、情報を盗もうとしている場合もあります。

 

 

公衆無線LANスポットのWi-Fiセキュリティ対策

 

無料公衆無線LANスポットは安全か?

 

公衆無線LANスポットでWi-Fiの安全性の確認するのには、いくつの方法があります。

 

スマートフォンのWi-Fi接続設定を見るとネットワーク表示で見ることができます。

 

通常は、ネットワークの種類のアルファベットや数字のごちゃごちゃした名称の下に「WEP」とか「WPA」「WPA2」などと表示されています。

 

暗号化されていない安全対策が何もないWi-Fiには、暗号化の表示がありません。

 

なにも表示されていないところは、なるべく使わないようにした方がいいと言うことです。

 

安全面でいうと、暗号化の強度では、「WEP」表示の暗号化は、最近では安全性が低下してきています。

 

今では、「WPA」「WPA2」がより安全で、「WPA2」の方がデータ通信の解読が難しくなっています。

 

これでも、絶対安全ということはありません。暗号化技術はすすんでいますが、どんな暗号化も絶対ということはいえません。

 

通常は、あまり神経質になることはないでしょうが、便利な公衆無線LANスポットを利用するときには、安全面に気をつけて、クレジットカードの番号を入力するようなことは避けて、ちょっと地図を見るなどの利用程度にしておくのが無難です。

 

 

SSL認証のページ

 

公衆無線LANスポットが暗号化されていなくても、SSL認証がされたサイトは、暗号化されたデータ通信を行っています。

 

銀行のサイトや、ネットショップのクレジット決済の画面などは、SSL認証がされています。

 

URLをみるとHTTPSで始まるURLは、SSL認証がされているページになります。

 

公衆無線LANスポットで重要なデータを送信するときには、このSSL認証がされているのかを確認しながら利用することが必要です。

 

SSL認証されているページでのデータのやりとりは、データ通信の内容そのものが暗号化されるので、安全でない公衆無線LANスポットでもデータを解読されることは、ほとんど無いでしょう。

 

 

 

「無料公衆無線LANスポットは安全か?」まとめ

 

便利な公衆無線LANスポットですが、無料の公衆無線LANスポットの場合の安全面について見てきました。

 

スマホの通信料金の節約では、格安SIMで毎月の利用状況にあったデータ量で高速通信LTEのできる容量を選ぶことで安く通信費を抑えることができます。

 

家の中では、光回線につなげたWi-Fiルータで通信をおこない、外とでちょっとしたメールやLINE、ネット閲覧などは格安SIMで済ませます。

 

まいど、書きますが、その辺の方法は、「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録」にしっかりとまとめてあります。

 

時々、大きなデータを扱いたいときや、旅行などで自宅のWi-Fiが使えない時などでは、公衆無線LANスポットを上手に使うことも通信料金節約には欠かせません。

 

無料の公衆無線LANスポットは、ますます増えていますので、利用の方法や安全な使い方を身につければ便利に使うことがあできます。

 

一つは、暗号化ということでページがHTTPSで始まっているか、SSL認証をしているページかを確認することです。

 

スマートフォンのWi-Fi接続設定では、常時Wi-Fi接続を選択するのではなく、オフにしておくといったことも必要です。

 

電波の強弱で自動で強いWi-Fi電波を探してつなげようとするので、悪意をもったWi-Fiスポットに接続してしまう可能性があるからです。

 

外に出るときには、Wi-Fiをオフにするくらいがいいでしょう。面倒ですが、必要な時にオンにすすればいいのです。

 

データの漏洩などは、大企業でニュースになったりしています。一般人のスマホがのぞかれて事件になったようなことは、聞いたことがないですが、クレジット決済や重要なページのログイン情報など、だれかに見られては困ることもあります。

 

その辺の安全対策をどうするのかと言うことで、自己判断ということになりますが、公衆無線LANスポットでのデータ通信の安全面をまとめてみました。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ