サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

SIMロック解除の義務化5月開始なのか

SIMロック解除の義務化

2014年、総務省が「SIMロック解除を義務化する」ということを言い出してニュースになりました。

 

その「SIMロックの義務化」が2015年5月から始まることになります。

 

ここでは、「SIMロックの義務化」についての情報をまとめてみたいと思います。

 

 

SIMロックのそもそもの意味

 

SIMロックってなんのこと?そもそもSIMって何?SIMロックがなぜダメなの?」でも詳しく解説しいましたが、ここでも簡単に概要をまとめます。

 

日本の携帯電話キャリア(au、DoCoMo、ソフトバンク)では、販売されいているスマートフォンを使う場合に、電話やデータ通信をする時に、各社専用のSIMカードを挿入して運用します。

 

ほとんどの場合、スマートフォン本体でau、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアごとで、その会社のSIMカードしか使えないように鍵をかけています。

 

それを「SIMロック」といいます。

 

なぜこんな面倒なことをするのでしょうか?それは、SIMロックをかけて、お客さんが他の会社のサービスに移動しにくくして、自社での利益を最大限にしたいためです。

 

多くの場合は、スマートフォンと通信料金のサービスがセットで販売されているので、SIMロックのかかったスマートフォンとその会社のデータ通信や通話サービスの料金コースで自分に合ったものを選んで申し込んでいるはずです。

 

だいたいが、2年~3年の縛りでスマートフォン本体の代金を月賦払いにしたり、各種に割り引きコースを2年契約として、それよりも短期間で解約すると高額の解約料金や違約金といったお金を請求するシステムになっています。

 

 

 

 

SIMロックによる顧客の囲い込みに批判が

 

短期間での解約や携帯会社の移行ができにくくしています。2年~3年の縛りをされてやっと手に入れたスマートフォンも、「SIMロック」がかかっているために、違う携帯会社で使うことができないわけです。

 

高額なスマートフォン代金を払い終えて、使い慣れた自分のスマートフォンが他社のSIMカードが使えないために、仕方なく同じ携帯会社のサービスを使い続けるという現象も起きています。

 

そこに消費者の不満もあり、2014年に出された総務省の通達で「SIMロック解除の義務化」が言われ出したわけです。

 

自分で買ったスマートフォンが自由に使えないということへの不満は大きいものがありました。au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの馬鹿高い通信料金とSIMロックへの不満です。

 

スマートフォンの通信料金については、格安SIMを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)が、たくさんのサービスを提供するようになってきたこともあり、携帯電話通信料金、データ通信料金の適正化を促すために、「SIMロック解除の義務化」という流れは、いたって当然な流れだと思います。

 

 

SIMロック解除されるとどうなるか

 

「SIMロック解除の義務化」がきちっと行われて、自分の持っているスマートフォン端末を買い換えないでも、好きなサービスを提供している通信事業者のSIMカードを申し込んで利用することができるようになります。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアも含めて、最近たくさん出てきたMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMでも利用することができるようになります。

 

また、大手に携帯会社キャリアの間や格安SIMを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)との間での乗換えは、すごく簡単になります。

 

そのことで、スマートフォンを中心にした通信事業者間の競争が激しくなり、利用者にとっては、料金の値下げやサービスの向上が期待できます。

 

もともと大手キャリアの通信料金は、高額なキャッシュバックなどに批判があり、通信料金の適正化が叫ばれていました。

 

「SIMロック解除の義務化」は、利用者にとっては、遅すぎるくらいのことですが、やっと適正な通信料金に向かって利用しやすい通信業界担っていくのじゃないかと思います。

 

大手キャリアにとっては、SIMロックや割引での2年~3年の縛りをもうけて顧客を囲い込むことで利益を上げていたところが無くなるとスマホ本体の割引ができなくなり、かえって値上がりにつながるのではないかという声もあります。

 

 

SIMロック解除の義務化5月開始なのかをまとめると

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には、SIMフリーのスマートフォンで2万円~3万円くらいの中級機でも非常に高機能で使い勝手のいいスマートフォンはたくさんあります。

 

わざわざ大手キャリアの高いスマホを買う必然性はないのではないかと思います。

 

2014年、総務省が「SIMロック解除を義務化する」ということを言い出てニュースになりました。その後の通達の改定もあり、その「SIMロックの義務化」が2015年5月から始まるということをまとめてみました。

 

2015年5月からは、総務省での政策で「SIMロック解除の義務化」が言われていますが、はたしてau、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアは、ほんとうに完全実施するのでしょうか。

 

「SIMロック解除の義務化」はこちらの「SIMロック解除義務化を総務省が、当たり前なことがやっときた!」の記事でもまとめていますが、ずいぶん前から言われていますが、なかなかSIMロック解除はしていませんでした。

 

今回は、2015年5月からということで総務省の「SIMロック解除の義務化」が言われていますが、大いに期待したいところです。

 

まいど、書きますが、格安SIMなど、その辺の方法は、「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録」にしっかりとまとめてあります。

 

スマートフォン本体で安く高機能なものは「SIMフリースマートフォン特集」でいろいろと紹介しています。

 

格安SIMの会社も「MVNO格安SIMの徹底比較」で詳しく紹介しています。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤとしては、大手のキャリアから早く離脱して、格安SIMの世界に踏み出すことを強くお勧めします。

 

そうすれば、大手キャリアが「SIMロック解除の義務化」を実施しようが、しまいが、恐れるに足らずです。

 

最強格安SIMで完全武装できますよ。月1000円もあればスマホが運用できますからね。

 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ