サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

光回線おすすめ比較/厳選13社を比較/速い安いタイプ別に解説しました。

ネット回線のおすすめはこれ、比較するのメンドウなので!じゃ~これでどう?

 

光回線比較しておすすめはどれ?!

 

光回線は安くてインターネットが普通に使えればいいの!

 

インターネット回線の契約内容を比較するのお~~!

 

うぇ~~!

 

だいたい、光回線ってね!種類多すぎ!

 

ハッキリ言って!分からん

 

メンドクサ!

 

NTTフレッツ光、光コラボレーション、NURO光、auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光、ケーブルテレビや電力会社の光回線、OCN光、エキサイト光、U-NEXT光、ぷらら光、@nifty光、DMM光、so-net光・・・・いっぱいあります。

ネット回線のおすすめはこれ、比較するのメンドウなので!じゃ~これでどう?

 

インターネットはね!安くて、速ければどこでもいいの!

 

インターネットを使いたいだけなのよね!

 

ハイハイ!解説します。

 

このページの目次

 

光回線とは?そもそもなに?

 

光回線とは、光ファイバー回線を利用して、光の速度でデータ信号をやり取りするインターネット回線のことです。

 

光ファイバーは、ガラスやプラスチック製の細い線で曲がった状態でも屈折して光を通します。

 

デジタルの0か1かの信号を送信するのに適した方式です。

 

無線のネット回線と違い大容量で高速なインターネットを利用することができます。

 

そんなことどうもいいから!

 

はやく光回線を比較したおススメの結論教えて!

 

はいはい、始めます。

 

光回線を料金だけで比較するとこうなります。

 

会社名 月額戸建て(円) 月額マンション(円)
NURO光 5217 5217
フレッツ光

東5700
西5400

東4350
西4500

auひかり 5100 3800
ドコモ光

5200Aタイプ
5400Bタイプ

4000Aタイプ
4200Bタイプ

ソフトバンク光 5200 3800
So-net光コラボ 5700 4600
DMM光 4820 3780
OCN光 5100 3600
ビッグローブ光 4980 3980
@nifty光 5200 3980
Softbank Air

4880円ターミナル買取
5370円レンタル

4880円ターミナル買取
5370円レンタル


金額だけ比較しても、似たようなもので、なかなか何処が、おすすめなのか分かりません。

 

光回線を販売している各社の特徴などを分類しながらおすすめを比較してみます。

 

光回線のおすすめ比較のパターンと注意点

 

光回線のおすすめパターンはこれね!

 

光回線を比較する時に、月額料金が安くて、通信速度が速ければいいわけです。

 

光回線を安く契約するときのおすすめパターン

  • ドコモユのスマホユーザー→ドコモ光
  • ソフトバンクのスマホユーザー→ソフトバンク光、NURO光
  • auのスマホユーザー→auひかり、auスマホの割引適用光回線会社
  • 格安SIMのプロバイダー→同じ会社の光コラボレーション
  • 高速データ通信と安さを求めるなら、関東、関西、中部東海、北海道限定→NURO光

 

光回線をスマホと同系列で選ぶと安くなる

スマホの同系列で光回線を選ぶ

 

現在もっているスマホの同系列で光回線を選ぶと、スマホの通信費が大きく割引になるセット割引が、いくつかあります。

 

一家で光回線とスマホを同じ会社で固めると、うまくいくと光回線分をタダにできたりします。

 

そういう観点で、インターネットの光回線を比較検討すると上手な通信費の節約が可能です。

 

光コラボレーション、NTTフレッツ光は夜間の通信が遅い!おすすめはIPv6対応光回線

 

従来の光回線はIPv4の光回線でした。

 

NTTフレッツ光や光コラボの場合は、Ipv4回線で夜間のネット通信が遅くなったりします。

 

NTTフレッツ・ネクスト隼もそうです。

 

光ファイバー回線そのものが速くなっても、プロバイダーが追い付いていない場合や地域差があります。

 

IPv6対応光回線がおすすめ

 

IPv6対応光回線がおすすめ

 

IPv6対応の光回線は、Ipv4よりも大容量で高速な光回線になります。

 

IPv6とは、新しい光回線でデータの通るパイプが太くなったイメージです。

 

現在主流のIPv4は、古いパイプで細く、そこが混雑しているというイメージで考えるとわかりやすいと思います。

 

プロバイダーのところでIpv6対応のコースがたくさんでてきました。

 

NTTフレッツ光のプロバイダーや光コラボを選ぶ時は、IPv6対応のコースを選ぶと高速通信が利用できます。

 

高速ネットしかも安さなら、おすすめはNURO光

 

通信費を抑えるのと、インターネット回線を高速に快適にするという両面を求めるなら、

 

ネット回線のおすすめは速い安いのNURO光がいいと思うわ

 

一番のおすすめは、スマホを格安SIMにして、自宅のネット回線を超高速のNURO光の組み合わせにすることです。

 

NURO光は特に高速インターネット回線で、金額的にも4734円と安い月額料金です。

 

関東、関西、東海、北海道地方、九州地方の一部に住んでいるなら、NURO光が最有力候補です。

 

NURO光はソフトバンクのスマホとの組み合わせが電話料金などの点で有利です。

 

NURO光の公式ページ→NURO光

 

 

光回線を料金・速度で比較するとNTTフレッツ光単独契約+プロバイダーは、おすすめしない

 

NTTフレッツ光を単独で申し込んで、別途プロバイダーを自分で申し込むパターンが一番高くつきます。

 

しかも、夜間の混み合っている時間帯のデータ速度が遅い傾向があります。

 

それでは、具体的に光回線を分類して比較してみたいと思います。

 

以上のパターンと注意点を踏まえて、次は、光回線の種類からおすすめ比較してみます。

 

インターネットの光回線を分類しておすすめ比較

 

インターネットを比較、光回線の分類

 

現状では、光回線を比較して選ぶ時、主に次の4つに分けるとわかりやすいかと思います。

 

光回線の分類、特徴など比較してみます。

  • NTTフレッツ光と割引サービスとの組み合わせ、NTT光コラボ
  • KDDI系列のauひかりとスマートバリューの組み合わせ
  • 電力会社やケーブルテレビ会社(CATV)光サービスでテレビとの組み合わせ
  • 関東、関西、中部東海、北海道圏、九州地方の一部のNURO光

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤのインターネット回線はNTTのフレッツ光を使って、それに光電話をつけていました。

 

現在は、NURO光に乗り換えています。

 

現在では、NTTが光回線の「卸し」をはじめて、NTT以外の会社が自社のサービスとのセット販売をはじめています。

 

これを光コラボレーションといいます。

 

光回線のネット・インフラでの分類では、上記のNTT系列とKDDI au系列、そして電力会社やケーブルテレビの系列に分類するとわかりやすいかと思います。

 

NTTフレッツ光と割引サービスとの組み合わせで比較

 

NTTは電話でもネットでも、昔は独占状態でしたが、電話回線もインターネットもいろいろな会社が参入しています。

 

NTTフレッツ光は長く使っている人には割引がある

 

ですから価格競争の時代に突入しています。

 

そんななかで、NTTも既存客の他社への流出を防ぐべく、割引を始めました。

 

NTT東日本の「にねん割」とNTT西日本の「どーんと割「もっともっと割」などがあります。

 

NTT東日本は「おもいっきり割」は2014年1月31日に終了しました。

 

携帯電話みたいに2年縛りや3年縛りで割り引きをするものや長く契約していると割引をするものなど光回線を維持するのに月額5千円前後といったレベルになっています。

 

固定電話も光電話で安くなった

 

固定電話が必要な場合は、これに光電話を加えます。

 

従来の電話回線は基本料金に月額1700円かかりましたが、光電話の基本料金は500円です。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、自宅用の電話番号以外に会社用の電話番号とファクス番号をオプションで追加して使ってた時期がありました。

 

それでも主回線と追加の2ナンバーの合計3つの電話番号で200円の追加料金です。

 

光電話の月額維持費が700円です。

 

月額6000円程度で光回線と固定電話を持つことが可能です。

 

NTTフレッツ光本家と契約する要望としては、個人事業のSOHOとか会社などでは、光電話の電話番号を複数もちたいとか、ビル用の電話回線をしっかり設置したいのなどの要望もあります。

 

その場合は、やはりNTT本家のものを申し込むことになります。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤもこのパターンでした。

 

その後、050番のIP電話を使って、電話とファックスを仕事用に2回線の固定電話を設置しています。

 

基本料金無料でコスト削減しています。

 

その記事はこちらです。

 

固定電話の基本料金を無料にする裏ワザ

 

NTTフレッツ光本家の光回線なら

 

通信費の節約という観点では、あまりおススメしませんが、NTTフレッツ光の本家を申し込むなら、キャッシュバックキャンペーンをやっているところがいいですね。

 

NTTフレッツ光・NTT東日本、NTT西日本

NTT光回線の本家です。今では、NTTフレッツ光回線をプロバイダーなどの通信業者にインフラを卸て、プロバイダー名で販売を強化しています。これを光コラボレーションと言います。


しかし、光回線はNTTフレッツ光を直接契約して、プロバイダーをいろいろと変更してみたい方、会社組織で電話回線などNTT独自のサービスを必要としている場合、NTTフレッツ光の直接契約が必要です。


下記が月額基本料金で、ここから2年契約の割引を利用すると1000円ほど安くなります。

  • NTT東日本・・・戸建てタイプ5700円、マンションタイプ4350円
  • NTT西日本・・・戸建てタイプ5400円、マンションタイプ4500円

NTTフレッツ光の本家直接契約については、こちらで詳しく記事にしました。申し込み先も特典の多いところです。

NTTフレッツ光の詳しい記事NTTフレッツ光の申し込みページ

 

光コラボの方が安い!光コラボレーションのおすすめ

 

光コラボレーションはプロバイダー込みで安い

 

写真の吹出が「コミモミ」になっちゃった!まあいいや!

 

ほんとは「コミコミ」です。修正面倒なので、ごめんなさい。

 

光コラボレーションとは

 

光コラボレーションとは、NTTの光回線をプロバイダーなどに卸して、プロバイダーが独自のサービスを加えたネット回線のサービス名です。

 

NTTフレッツ光と契約するなら、光コラボサービスの方がサービスが良くて安くなっています。

 

光回線とプロバイダー料金コミコミ

 

プロバイダーとのセットですから、光回線の料金のなかにプロバイダー料金が含まれているものばかりです。

 

プロバイダー料金分が安くなっている場合がほとんどです。

 

それに加えて、いろいろな特典がありNTTに直接フレッツ光などを契約するよりも条件のいいものばかりでおすすめです。

 

光コラボレーション・NTTフレッツ光とのコラボの選定方法
  • 光コラボレーションの方がプロバイダー料金コミで安い
  • 回線はNTTフレッツ光なので同じ
  • プロバイダー独自の特典サービスあり
  • 現在NTTフレッツ光の人は転用で光コラボへ
  • スマホとのセット割引で安くなるところを選ぶ
  • 高速ネットならIPv6に対応を選ぶ

NTTフレッツ光の光回線を直接契約するよりもプロバイダー経由の光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。


今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。


光コラボレーションを選ぶ判断は、スマホとのセット割引があるか、高速ネット回線が欲しい場合は、IPv6が使えるかです。


光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引があるかで、契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。


光コラボの中でauスマホとのセット割引が適用できるところ

So-net光コラボ、割引が多い

月額基本料金高そうだが、各種の割引が多いので安い。auスマホ持ちには光コラボなのにメチャ安くなる。

  • 戸建て・5700円
  • マンション・4600円
  • auスマートバリュー最大2000円10回線まで
  • 長割り30ヶ月契約約束で500円割引、さらに戸建て400円・マンション600円割引
  • IPv6に無料対応なので夜間も高速ネット

So-net光コラボの詳しい記事So-net光コラボの申し込みページ

ビッグローブ光・auスマートバリュー、au セット割、格安SIMとの割引

  • 戸建て・4980円
  • マンション・3980円
  • auスマートバリューOK、最大2000円の10回線まで割引
  • ビッグローブ光×au セット割1200円1回線のみ
  • BIGLOBEモバイル同時契約で300円割引
  • IPv6対応

ビッグローブ光の詳しい記事ビッグローブ光の申し込みページ


@nifty光・auスマホ割・ニフモ割引

  • 戸建て・5200円
  • マンション・3980円
  • auスマホセット割・1200円割引1回線分のみ(auスマートバリューではない)
  • 格安SIMのニフモとの割引・200円割引

@nifty光の詳しい記事@nifty光の申し込みページ


ソフトバンクスマホと光コラボのセット割引のあるところ

ソフトバンク光・ソフトバンクおうち割

  • 戸建て・5200円
  • マンション・3800円
  • キャッシュバックあり28000円など代理店多いので詳細ページを
  • ソフバンスマホおうち割1000円最大10回線までOK

ソフトバンク光の詳しい記事ソフトバンク光の申し込みページ


ドコモのスマホと光コラボのセット割引があるところ

ドコモ光・ドコモスマホとセット割引

  • 戸建て・5200Aタイプ、5400円Bタイプ
  • マンション・4000Aタイプ、4200円Bタイプ
  • ドコモセット割主回線のみでスマホ回線により金額まちまち
  • IPv6対応のプロバイダーを選ぶべし

下記申し込み先はIPv6対応。

ドコモ光の詳しい記事ドコモ光の申し込みページ


格安SIMと光コラボとのセット割引のできるところ

OCN光・OCNモバイル割引

  • 戸建て・5100円
  • マンション・3600円
  • 格安SIMのOCNモバイルとの割引・200円割引、5回線まで

OCN光の詳しい記事OCN光の申し込みページ


 

 

NURO光エリア内なら一番おすすめ。比較必要なし!

 

え!関東、関西、中部東海、北海道地域、九州の一部地域にお住まい?NURO光で決まりよ!あ、ハイ。

 

関東、関西、中部東海、北海道地域、九州の一部地域ならNURO光です。

 

So-netが独自の技術で超高速なネット回線に仕上げています

 

超高速の2Gbps光回線です。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、関東圏に住んでいたら絶対に乗り換えたいと思っているサービスです。

 

その後、私が住んでいる名古屋にもエリアが拡大したので、申し込みました。NURO光の体験談などこちらで記事にしてます。

 

NURO光評判口コミ乗り換え体験談

 

関東、関西、中部東海、九州、北海道地方で速い!安い!うまい!的な光回線はNURO光でしょ!

NURO(ニューロといいます。)

NURO光の特徴
  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月5217円(税込)ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。
  • これデメリット→エリアが関東、関西、中部東海、九州、北海道限定。

NURO光のサービスエリア
  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 九州2県:福岡、佐賀
  • 北海道

NURO光の詳しい記事はこちら

NURO光 世界最速2Gbps
NURO光本社取材記録・インターネット契約比較、工事内容など


NURO光の申し込みはこちら

NURO 光 今なら4万5千円キャッシュバック



通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋在住です。NURO光にしました。日本の光回線のなかでNURO光が、一番いいんじゃないかと思います。


NURO光を引いてみて実際の速度は、調子のいい時で1Gbps超えます。夜間の混み合う時でも100Gbpsは出ます。データ速度で困ることなくなりました。


NURO 光 今なら4万5千円キャッシュバック!


 

NURO光が関西、中部東海、九州、北海道圏にエリア拡大


関東圏限定の超高速インターネット光回線だったNURO光が、関西、中部東海、九州北海道圏にエリア拡大。


提供エリア

  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 九州2県:福岡、佐賀
  • 北海道

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。


こちらでNURO光の提供エリアの確認ができます。


超高速インターネットNURO 光

 

NURO光の弱点デメリット・エリアと工事期間

 

NURO光の弱点は、関東、関西、中部東海、北海道地方、九州地方の一部だけのサービスだということなんです。

 

もう一つ、工事に時間がかかることです。

 

NURO光はNTTの回線のダークファイバ―というのを借りているので、NURO光の宅内工事とNTTの外での工事の2回必要なんです。

 

NURO光の宅内工事はすぐに終わりますが、NTTの工事が待たされます。

 

通常1~2ヶ月ですが、混み合ってると3ヶ月から半年くらい待たされます。

 

時期と地域で運が悪いと1年くらい待たされます。

 

待たされるとだんだん嫌になってきて、NURO光の評判を落とすようなSNSなどネットの口コミを見かけます。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが名古屋でNURU光を使っている限りでは、メチャメチャ高速ネット使えてます。

 

だいたい、NURO光の無線ルーターからノートパソコンで測定すると300Mbps程度は常時速度が出ています。

 

有線のパソコンなら1Gbpsは出ます。

 

光回線を比較して、何をおすすめするかといえば、高速通信と安さでこだわるNURO光なんですが

 

 

 

安くて高速なネット通信を求めるなら、工事期間についての覚悟が必要です。

 

そこで、NURO光が開通するまでは、WiMAXや契約期間の縛りのないモバイルwifiを契約しておくといいと思います。

 

 

NURO光の公式ページ→NURO光

 

 

KDDI系列auひかりとスマートバリューの組み合わせでのおすすめ

 

auスマホもちはauスマートバリューのauひかり

 

次は、もう一つの系列KDDI系列の「auひかり」です。「auひかり」を安くする方法の割引があります。

 

auユーザーの第一候補

 

インターネットを比較して光回線を選ぶときに、NURO光のエリア外でauユーザーなら、これは第一候補のおすすめとして検討して下さい。

 

auスマートバリュー

 

auひかりとauスマホとのセットで割引で、auのスマートフォンを持っている場合は、auスマートバリューで毎月1410円割引きがあります。

 

auのスマートフォンユーザーで、auスマホを使い続ける考えなら、自宅の光回線を「auひかり」にすると得するパターンです。

 

ほんとは格安SIMをおススメしますけどね

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には大手の携帯会社からきっぱりと縁を切り、格安SIMのスマホとNTTの安めの光回線(NUOR光がダメな場合)というパターンがオススメです。

 

しかし、諸々の事情がおありでしょうから、auで生きていくぞ!というかたには最強の光回線になると思います。

 

auスマホ持ちにはauスマートバリューとauひかりの組み合わせでメチャ節約

auひかりもプロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。時期によって特典とかいろいろです。
  1. 【So-net 光 (auひかり)】auスマホとの割引もあり、キャッシュバックも高いし、ソネットが一番安心かな。
  2. ★auひかり オプション無しでも必ずキャッシュバック33000円★

 

電力会社やケーブルテレビ会社(CATV)光サービスでテレビとの組み合わせ

 

インターネットを比較して光回線を選ぶ時、3番めの光回線の系列です。電力会社、ケーブルテレビ系列です。

 

CATVケーブルテレビ局がインターネットの回線も同時にサービスをしているところがほとんどです。

 

ケーブルテレビの光回線化が行われていますので、それに乗せて光回線のインターネットもサービスが販売されています。

 

ケーブルテレビは、地方ごとで狭い範囲の会社ですので、それぞれにサービス内容が異なります。

 

auスマートバリューが適応できるところが多い

 

自局のケーブルテレビの契約と同時に光回線も契約すると割引されるものや、近頃では携帯電話会社のauとの提携で、割引をおこなったりしています。

 

ケーブルテレビも光回線は高速なところが多いですから、より安定したネット環境とたくさんのテレビ番組を見たい場合は、いいかもしれません。

 

ケーブルテレビのネット回線を単独で契約するとおおむね月額6000円前後です。

 

それに、テレビの視聴料金基本料がおおむね5000円前後とケーブテレビでの電話回線が1500円前後です。

 

それぞれを個別で契約してしまうと1万円以上になりますが、だいたいセット料金で1万円程度といったサービスになっています。

 

高速ネット回線とたくさんのテレビ局と電話というセットでは案外狙い目かもしれません。

 

電力会社系列でインターネット回線おすすめ比較

 

電力会社では、地方ごとでいろいろですが、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが住んでいる名古屋の例で言うと中部電力がやっているコミファ光というのがあります。

 

中部電力系

 

KDDI auとの連携でスマートバリューも使うことができます。中部地方にお住まいの方は検討の余地があります。

 

auスマホから変更したくない場合は、スマートバリューを利用して電力会社の光ファイバーという組み合わせもありかと思います。

 

東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)


コミュファ光

愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり、auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。

 

関西電力系

 

こちらは大阪中心の関西地域でのサービスです。大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域が対象です。

 

全国シェアで言うとNTT、KDDIに次ぐ3番目になります。関西電力子会社のケイ・オプティコムが提供している光回線になります。

 

価格は割と安いですね。最初の1年間が2953円から始まるコースがあります。初期工事費が無料とか商品券最大15,000円もらえるキャンペーンなどやってます。

 

光回線を使ったテレビや光電話などのオプションもあります。スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかいろいろとやってますね。

 

au携帯を使っている人なら、スマートバリューでセット割もあります。

 

関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応

価格もリーズナブルで1年間2953円~で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!

大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。

スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。

 

四国電力系

 

こちらは、四国地域の電力会社系の光ファイバー回線です。

 

四国電力グループのSTNetが、提供する光ファイバー回線を使って、大容量で高速のインターネットサービスです。

 

株式会社STNet(エスティネット)は、四国電力の連結子会社で香川県高松市に本社があります。

 

四国では、有名な会社だそうです。そこがやっている光回線サービスで「ピカラ光」です。

 

ここも、いろいろとキャンペーンやってて、工事費無料と25,000円のキャッシュバックがあります。時期によってキャンペーンは、かわってるかと思いますが、だいたい、同程度のキャンペーンやってます。

 

四国地方は、【ピカラ光】

愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。

インターネット申込みなら【ピカラ光.com】

 

光回線おすすめ比較まとめると

 

光回線を比較検討して選ぶ時、NTTフレッツ光と割引サービスとの組み合わせ。

 

光コラボ。

 

関東、関西、中部東海、北海道、九州の一部地域に住んでいる人は、NURO光が一番。

 

auひかりとスマートバリューの組み合わせ。ケーブルテレビ会社(CATV)光サービスでテレビとの組み合わせ。

 

電力会社系列という分類でインターネットの光回線のおすすめを比較してみました。

 

最近では、NTTやKDDIのインフラを利用したプロバダー系の光回線サービスが数多く誕生しています。

 

NTTの光回線をプロバイダーや通信事業者への卸しが始まっています。

 

利用者からすると価格競争に突入して、ありがたいのですが、サービスの種類が増えすぎて訳がわからない状態です。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的にそれらも含めて光回線の比較分類をしてみました。

 

光回線を比較資料としておすすめの契約先を再度まとめておきます。

関東、関西、中部東海、九州、北海道地方で速い!安い!うまい!的な光回線はNURO光でしょ!

NURO(ニューロといいます。)

NURO光の特徴
  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月5217円(税込)ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。
  • これデメリット→エリアが関東、関西、中部東海、九州、北海道限定。

NURO光のサービスエリア
  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 九州2県:福岡、佐賀
  • 北海道

NURO光の詳しい記事はこちら

NURO光 世界最速2Gbps
NURO光本社取材記録・インターネット契約比較、工事内容など


NURO光の申し込みはこちら

NURO 光 今なら4万5千円キャッシュバック



通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋在住です。NURO光にしました。日本の光回線のなかでNURO光が、一番いいんじゃないかと思います。


NURO光を引いてみて実際の速度は、調子のいい時で1Gbps超えます。夜間の混み合う時でも100Gbpsは出ます。データ速度で困ることなくなりました。


NURO 光 今なら4万5千円キャッシュバック!


auスマホ持ちにはauひかりの組み合わせでメチャ節約

auスマートバリューでスマホと光回線をauに統一するとめちゃ安くなります。auひかりは、特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

  • 戸建て・5100円
  • マンション・3800円
  • auスマートバリューでauスマホ持ちには最大2000円割引で家族で10回線までOK

auひかりは代理店が乱立気味でキャッシュバックとか特典とかが、入り乱れています。比較したい方は、詳細ページへ、イチ押しのauひかりは、下記の申し込み先です。

auひかりの詳しい記事auひかりの申し込みページ

auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちらにもあります。

光コラボレーション・NTTフレッツ光とのコラボの選定方法
  • 光コラボレーションの方がプロバイダー料金コミで安い
  • 回線はNTTフレッツ光なので同じ
  • プロバイダー独自の特典サービスあり
  • 現在NTTフレッツ光の人は転用で光コラボへ
  • スマホとのセット割引で安くなるところを選ぶ
  • 高速ネットならIPv6に対応を選ぶ

NTTフレッツ光の光回線を直接契約するよりもプロバイダー経由の光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。


今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。


光コラボレーションを選ぶ判断は、スマホとのセット割引があるか、高速ネット回線が欲しい場合は、IPv6が使えるかです。


光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引があるかで、契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。


光コラボの中でauスマホとのセット割引が適用できるところ

So-net光コラボ、割引が多い

月額基本料金高そうだが、各種の割引が多いので安い。auスマホ持ちには光コラボなのにメチャ安くなる。

  • 戸建て・5700円
  • マンション・4600円
  • auスマートバリュー最大2000円10回線まで
  • 長割り30ヶ月契約約束で500円割引、さらに戸建て400円・マンション600円割引
  • IPv6に無料対応なので夜間も高速ネット

So-net光コラボの詳しい記事So-net光コラボの申し込みページ

ビッグローブ光・auスマートバリュー、au セット割、格安SIMとの割引

  • 戸建て・4980円
  • マンション・3980円
  • auスマートバリューOK、最大2000円の10回線まで割引
  • ビッグローブ光×au セット割1200円1回線のみ
  • BIGLOBEモバイル同時契約で300円割引
  • IPv6対応

ビッグローブ光の詳しい記事ビッグローブ光の申し込みページ


@nifty光・auスマホ割・ニフモ割引

  • 戸建て・5200円
  • マンション・3980円
  • auスマホセット割・1200円割引1回線分のみ(auスマートバリューではない)
  • 格安SIMのニフモとの割引・200円割引

@nifty光の詳しい記事@nifty光の申し込みページ


ソフトバンクスマホと光コラボのセット割引のあるところ

ソフトバンク光・ソフトバンクおうち割

  • 戸建て・5200円
  • マンション・3800円
  • キャッシュバックあり28000円など代理店多いので詳細ページを
  • ソフバンスマホおうち割1000円最大10回線までOK

ソフトバンク光の詳しい記事ソフトバンク光の申し込みページ


ドコモのスマホと光コラボのセット割引があるところ

ドコモ光・ドコモスマホとセット割引

  • 戸建て・5200Aタイプ、5400円Bタイプ
  • マンション・4000Aタイプ、4200円Bタイプ
  • ドコモセット割主回線のみでスマホ回線により金額まちまち
  • IPv6対応のプロバイダーを選ぶべし

下記申し込み先はIPv6対応。

ドコモ光の詳しい記事ドコモ光の申し込みページ


格安SIMと光コラボとのセット割引のできるところ

OCN光・OCNモバイル割引

  • 戸建て・5100円
  • マンション・3600円
  • 格安SIMのOCNモバイルとの割引・200円割引、5回線まで

OCN光の詳しい記事OCN光の申し込みページ


東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)

So-net コミュファ光


愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。


So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり。


auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。

関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応

価格もリーズナブルで1年間2953円~で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!

大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。

スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。
四国地方は、【ピカラ光】

愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。

インターネット申込みなら【ピカラ光.com】
NTTフレッツ光・NTT東日本、NTT西日本

NTT光回線の本家です。今では、NTTフレッツ光回線をプロバイダーなどの通信業者にインフラを卸て、プロバイダー名で販売を強化しています。これを光コラボレーションと言います。


しかし、光回線はNTTフレッツ光を直接契約して、プロバイダーをいろいろと変更してみたい方、会社組織で電話回線などNTT独自のサービスを必要としている場合、NTTフレッツ光の直接契約が必要です。


下記が月額基本料金で、ここから2年契約の割引を利用すると1000円ほど安くなります。

  • NTT東日本・・・戸建てタイプ5700円、マンションタイプ4350円
  • NTT西日本・・・戸建てタイプ5400円、マンションタイプ4500円

NTTフレッツ光の本家直接契約については、こちらで詳しく記事にしました。申し込み先も特典の多いところです。

NTTフレッツ光の詳しい記事NTTフレッツ光の申し込みページ

NTTフレッツ光で速度が出ないで悩んでいる人は、プロバイダーを変更しよう
Softbank Airは工事不要で無線高速ネット容量無制限

光回線ではありませんが、無線での高速インターネット回線です。Airターミナルに電源入れるだけで工事不要でネット使えます。WiMAXとの違いは、無線ですが、登録住所でしか使えません。

  • 月額4880円
  • ソフトバンクスマホとセット割で1000円割引、10回線までOK
  • 他社ネット回線や他社携帯会社からの乗り換え解約金還元制度あり
  • キャッシュバッあり

Softbank Airの詳しい記事Softbank Airの申し込みページ

 

この中から選べばいいと思いますが、固定の回線だけではなく、一人暮らしで回線工事もしたくない場合などには、WiMAXやモバイルWi-Fiという選択もあります。

 

一人暮らしにはWiMAX、モバイルWi-Fiという選択もあり

 

WiMAXやモバイルWi-Fiは、高速無線通信が使い放題か大容量であります。

 

実測でもだいたい30Mbps程度出ています。

 

引越しをよくする一人暮らし向きに回線工事不要の無線高速通信のWiMAXやモバイルWi-Fiはオススメです。

 

 

WiMAXは、山間部や海岸部で電波が届かないところがあります。

 

ほとんどの都会では大丈夫です。

 

しかし、ドライブや旅行の多い方や、どうしても3日間10GBの制限が嫌な場合は、モバイルWi-Fiをおすすめします。

 

インターネット回線は、業者ごとで違うところはあります。

 

オススメのインターネット回線はこれだと言い切れないところがあります。

 

評判や口コミもいろいろですが、大手のところがいいと言い切れないものです。

 

相場としては、戸建てで5000円程度です。

 

引っ越しのシーズンなどの状況では、業界をあげてインターネット回線顧客の獲得合戦でキャッシュバックや特典がたくさんついたりします。

 

しかし、そういった時期は、注意事項として非常に工事日程がいっぱいになっていて開通まで待たされたりします。

 

住宅の構造のチェックも必要です。

 

集合住宅では、工事に来てもらったけど、現場を見ると工事のできないと言われることもあります。

 

工事に来てもらってもキャンセルということもあり得ます。

 

光回線は、月額的には、定額で使い放題ですが、初期費用とキャッシュバックや値引き、ポイントなどでどこと契約すればいいのかが複雑です。

 

エリア的には、NTTの回線が全国規模です。

 

au、ソフトバンク系は提供していないところもあります。

 

販売プランもいろいろな名称があり分かりにくいところです。

 

公式サイトをみてもよくわからないのが現状です。

 

今回は、インターネットを比較して光回線を選ぶ時、NTTフレッツ、NURO光、auひかり、CATV、電力会社系の特徴や通信料金の相場、WiMAX、モバイルWi-Fiなどを比較検討して、まとめてみました。

 

おすすめのネット回線を選ぶご参考になれば幸いです。

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ一家の通信費節約体験談はトップページでまとめています。→トップページ

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


このエントリーをはてなブックマークに追加        
TOPへ