サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

一人暮らしのインターネット通信費節約3パターン。新生活に格安SIMスマホ、光回線、WiMAX

新生活一人暮らしの通信費節約3パターン。スマホ、光回線、WiMAX比較。インターネット回線契約比較


新入学、就職、転職の新生活で、一人暮らしを始める方へ、一人暮らしの通信費節約3パターンです。

スマホの回線と、自宅のネットト回線で光回線と無線高速通信のWiMAXを通信費節約の観点で比較してみます。

コレを知っていると知らないとでは、毎月支払う通信費が違ってきます。

ネット回線、スマホの通信費節約について安くする方法をまとめました。

新生活、一人暮らしのネット回線とスマホ通信の3パターンでお話します。

  1. ライトユーザー・ほとんど自室でパソコンを使わない。スマホもほとんど使わない。
  2. ミドルユーザー・レポートや仕事で情報収集程度。スマホはそこそこ使う。
  3. ヘビーユーザー・ゲーム、動画中心。

一人暮らしのアパート探しをする時、気になること。

部屋までテレビのアンテナ線が引いてあるかというのは、少し昔の話。

今は、インターネットの光回線が引かれているか?

これが、気になるところです。

スマホやタブレットにパソコンと、現代では、ネット回線無しでは生活が成り立たなくなっています。

一人暮らしのインターネット光回線の比較検討はメンドウ


一人暮らしでもインターネットにつながる何らかの回線を必要とします。でも、インターネット回線契約を比較検討するのは、面倒な作業です。

2月、3月には、大学進学や就職、転職、転勤などで一人暮らしを始める人は多いと思います。

実家や自宅とは別にアパート、マンションでの一人暮らしを始める時には、引っ越し費用、電気代、ガス代、水道代など多くの費用がかかります。

その中に、インターネット回線の費用も加わり大変です。

大学進学の場合は、大学への入学金から、前期、後期の授業料も納めなければなりません。大学生活の費用は、初年度が莫大な金額です。

ネット回線をアパートやマンション共同で無料提供しているところも最近では、出てきています。

一人暮らしの物件選びでは、こういった点も見ていく必要があります。

テレビ離れでネット動画人気


テレビを見ない若者が増えています。

その分、YouTubeやニコニコ動画などのネット動画を見る時間が増えています。

一人暮らしの生活にもネット回線を初めから設置することが欠かせません。

新生活を始めるときには多くの費用がかかります。

今回は、一人暮らしを始める場合にインターネット回線をなるべく安く設置する方法を探っていきたいと思います。

一人暮らしのネット回線と通信をパターン分けして検討すると

一人暮らしのネット回線通信費節約


一人暮らしを始める場合のネット回線は、データ利用量によってパターン分けすることができます。

一人暮らしをしているアパートやマンションの自室で、インターネットをどれだけ利用するかということです。

ほとんど自室では、パソコンなどでインターネットを使わないライトユーザー。

大学のレポート提出の資料集めや、仕事でのネット利用など情報収集中心の使い方をするくらいで、動画もほとんど見ないミドルユーザー。

ゲームをバリバリにやる人、YouTubeやニコニコ動画などを毎日長時間見ている人、光テレビやネットでの映画、ビデオをよく見る人など、ヘビーユーザー。

といったパターンがあります。

  • ライトユーザー・ほとんど自室でパソコンを使わない。スマホもほとんど使わない。
  • ミドルユーザー・レポートや仕事で情報収集程度。スマホはそこそこ使う。
  • ヘビーユーザー・ゲーム、動画中心。

自室でのインターネット契約回線のパターンです。これに加えてスマホ料金、携帯料金などが加わります。

スマホや携帯電話の通信費節約については、格安SIMと格安スマホの組み合わせで驚異的な通信料金節約が可能です。

それらの節約術はこちらをじっくりと読んで頂ければわかると思います。

このページでは、一人暮らしのアパートやマンションなどでの自室でのネット回線に焦点を当てます。

ネット利用のパターンに大ざっぱに当てはまるネット回線の種類をまとめてみます。

あまりネットを使わない・ライトユーザー・スマホのテザリング


思いきって固定のネット回線無し、スマホのテザリングで済ませる


ほとんど自室でパソコンを使わない、スマホもLINEとメールくらいでほとんど使わないというライトユーザーは、思いきって固定のネット回線無しにします。

パソコンやタブレットをネットにつなげる必要に迫られたときは、スマホのテザリングで済ませる節約方法があります。

テザリングとは、スマホをネット回線のルーターにして、スマホを通してパソコンやタブレットをインターネットに繋げる方法です。

テザリング機能のあるスマホでコレが可能です。最近のスマートフォンにはだいたいこの機能があります。

スマホのテザリングを主体にするときには、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのパケット定額では、バカ高いスマホ通信料金になってしまいます。

パケット節約に格安SIMを


このサイトでくどいほど申し上げていることですが、スマホの通信料金節約には、格安SIMを導入して下さい。

MVNO(仮想移動体通信事業者)の提供する格安SIMで、月間1GB~10GBといった高速通信の出来るパケット容量のコースが500円~4000円くらいの金額で手に入ります。au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリア通信料金の半額以下です。

自室でのパソコンやタブレットのパケット利用量がこの範囲に入る場合は、スマホのテザリングで済ませるのが一番節約になります。

例えば、7GBの高速通信パケット量のコースをどこかのMVNO(仮想移動体通信事業者)で契約した場合、月間で7GBの高速通信パケットを使えます。

当たり前です。

しかし、落とし穴があります。

高速パケット通信利用の落とし穴「3日間の縛り」


「3日間の縛り」と言って、高速通信網がパンクしないように、直近の3日間で300MBとか400MBなどのパケット量を使った場合に、通信速度を200Kbpsなどの低速回線に強制減速される縛りがあります。

この「3日間の縛り」も事業者ごと、コースごとで、制限量がまちまちですが、ほとんどの契約で但し書きされています。

つまり、みんながいっぺんにネットを使い出すと回線がパンクするので、いっぺんに使わないで、7GBを1ヶ月かけてまんべんなく使ってね!ということです。

この「3日間の縛り」がなかなか不便です。YouTubeやニコニコ動画などを見ているとすぐに数百MBは使ってしまいます。

テザリングでも少しはYouTubeなどでニュース動画など見たりする場合には、この制限に引っかかる可能性があります。

「3日間の縛り」に引っかかると、この制限に引っかからないパケット容量になるまで数日低速回線で我慢することになります。

「3日間の縛り」がない格安SIMのMVNO


この制限のないMVNO(仮想移動体通信事業者)は、「OCN モバイル ONE」がいち早く、これを始めました。

「OCN モバイル ONE」の詳しい記事はこちらです。→「OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

最近では、この「3日間の縛り」をなくすMVNO(仮想移動体通信事業者)が増えてきました。「OCN モバイル ONE」が初めてから、他社も追随するようになりました。

格安SIMを申し込むときに、「速度制限」といったところを探してみるといいかと思います。

インターネットの固定回線なしで、スマホのテザリングで節約する場合は、スマホだけの料金で済みます。

最近では、パソコンを持たない人も多いですし、パソコンがあってもちょっとレポートの提出に使うなどの超ライトユーザーにはコレでいいでしょう。

ネットでの情報収集は、ほとんどスマホで済ませる場合や、パソコンを使う時でも、ワードやエクセルなどの操作だけで、ネットに繋げる必要の無い場合もあります。

格安SIMでのテザリングでも、高速通信パケットを使い切ってしまった場合も、低速通信は使い放題ですから、ゆっくりの通信で良ければ、とりあえずは、ネットに繋げることは可能です。

メールのやり取りやSNS、ちょっとしたレポートを送信する程度であれば、低速通信でも可能です。

ほとんどパソコンはネットに繋げる必要はない、スマホもあまり使わない。

時々、使えればいいという人には、格安SIMでのスマホとテザリングと言ったパターンが格安になります。

契約する月間の高速通信のできるデータ量によって。500円~4000円といった料金になります。

  • パソコンもスマホもあまり使わない。
  • 少しだけネットを必要とする。
  • スマホのテザリングでネットに繋げる。
  • 月1GB~10GB高速通信で500円~4000円。
  • 通信制限が無くて安い格安SIMを探す。

格安SIMの種類は各社いっぱい出てきました。こちらに特集を組んでいますので比較して下さい。→「MVNO格安SIMの徹底比較

ネットは情報収集程度、動画は少しだけのミドルユーザー

  • スマホのテザリングだけでは、不便。
  • スマホもそこそこ外で使う。
  • 自室でもスマホを使う。
  • パソコンもそこそこネットサーフィンなどをする。
  • テザリングはいちいちスマホの設定が面倒だ。
  • テザリングだけでは、データ量が足りない。
  • 動画をバンバン見るわけではないが、たまには見る。

・・・と言う場合です。

こういった場合には、スマホとは別のネット回線が必要になります。


どこでもインターネットにつながる無線のポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi、WiMAX


スマホとは別のネット回線となると、一人暮らしのネット回線では、回線工事のいらない無線のポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi、WiMAXがあります。

WiMAXは、「ワイマックス」と読みます。

ポケットWi-FiとモバイルWi-Fiは同じ定義です。ポケットWi-FiはY!mobileの登録商標ですが、一般名称化しています。

高速無線ネット回線のことです。

光回線並の高速通信が、ほぼ速度制限なしでネットに繋げることができます。

一人暮らしでのWiMAXについては、こちらで詳しくまとめてあります。


概略をまとめておくと、工事無しで、無線ルーターが届くと直ぐにネットにつながります。

ルータの周りでは、Wi-Fi網ができて、パソコン、タブレット、スマホも全部ネットにつながります。

スマホのパケット節約にもなります。この場合は、スマホの高速通信パケット量の契約を外で使う分だけの低料金のコースにします。

自室では、ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi、WiMAXでパケットを使えば通信料金の節約になります。

ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi、WiMAXのルータは小型で持ち運びも出来ますので、スマホと一緒に持ち歩けば、スマホのSIMカードすらいらなくなります。

  • 回線工事がいらない。
  • ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi、WiMAXルータがあればどこでもネットにつながる。
  • スマホは最低料金か、SIMカード無しでWi-Fiのみで運用可能。

しかし、WiMAXの場合は、利用者の状況によっては、速度制限をします。

2015年4月からは、下記のような速度制限が設けられました。が・・・・


混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)


多くのお客様に快適にWiMAX 2+をご利用いただくために、前日までの3日間のデータ通信量が10GB以上となった場合、通信速度に制限がかかります。
(前日までの3日間の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」のデータ通信量の合計が10GB以上となった場合、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を翌日にかけて制限します。)


UQ-WiMAX公式ページより


このような速度制限が設けられてしまいました。


どこでも無線で高速通信が使い放題というところにWiMAXのいいところがあったんですが、これでは一人暮らしのネット回線としては、オススメすることができなくなりました。


と思ってたんですが・・・・・・


2015年春のこの速度制限がはっきりしてから、利用者から「使い放題」、「高速無線通信」が売りのWiMAXが、それでは約束が違うということで、なにやら、訴訟騒ぎがあったようです。


それで、WiMAXさんも、さすがにそんなつもりはありませんよということで、直近3日間の10GBという速度制限についてはっきりとわかりやすくして、制限速度も緩和するようになりました。


結論をはっきりさせると、3日間の間に10GBをこえても高速データは使い放題です。それで3日間に10GBをこえても20GBつかっても、30GBつかっても、50GB使ってもいいんです。


直近3日間で10GBをこえたら、その次の日の18時頃から翌々日2時頃まで速度制限をしますということになりました。WiMAXを使う人が増える時間帯ですね。


速度制限をしても動画がスムーズに観ることのできる程度の速度になるということです。動画がスムーズに見れる程度の速度というのは、だいたい1MB程度になります。


UQ-WiMAXの公式サイトでも1Mbpsと表記しています。しかし、実際のところは、時間帯と地域にもよるでしょうが、5Mbpsくらい出てます。


速度制限がかかる日でも、その日の2時頃~18時頃までは、速度制限がないんです。


要するに、3日間で10GB以上使ったら、次の日の混雑する夜の時間帯に速度制限して、昼間は普通に使えますよ、ということです。


詳しくは、こちらのページで解説しています。→「WiMAXに速度制限!3日間10GB!でも、訂正版WiMAXは使えるぞ!


動画を毎日いっぱい観る人は、毎日、夜間帯に速度制限がかかると思いますが、1Mbps以上でれば、なんとかネットを使うことが可能です。


スマホとパソコンをつなげても十分に使える速度です。


いっぱい動画を毎日観る人は、ずうっと1Mbpsの通信ということです。夜間帯だけ!1Mbps出れば、一応、使い放題のWiMAXといってもいいのではないかと、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には考えます。


ビジネス向けや、一人暮らしのネット回線としての用途で使えるレベルにはなったと思います。


ネットゲームとかバリバリやる人には、向きませんけどね。


通常の使い方で、毎日の情報検索と時々動画を見ると言った場合にはWiMAXは、便利です。

4G LTE回線のポケットWi-Fi、モバイルWi-Fiの場合は、無制限で使えるサービスがたくさん出てきました。

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、今では、WiMAXよりも無制限ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fiをおすすめします。

ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi、WiMAXは、金額的には固定回線より少し安い程度ですので、金額的な事よりも自室でも外でもパソコンを使いたい場合や、アパートやマンショでの回線工事をしたくないと言った場合にポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi、WiMAXは最適です。

自室でじっくりとデータ容量を全く気にせずに使い放題にしたい場合には、やはり固定回線の光回線にした方がいいでしょう。

高速無線インターネットのモバイルWi-Fi関連各社比較表を載せておきます。

モバイル回線おすすめトップ10表【2020年1月調査】
プロバイダのリンク 開始月料金・37カ月~料金・3年間支払い総額 契約期間、速度制限など
どんなときもWiFi
softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア広い
通信制限無しおすすめ
初月3480円
37ケ月~3980円
3年総額134760円
2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し、海外利用もOK。
詳細記事こちら
【限界突破WiFi】
softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア広い
通信制限無しおすすめ
初月3500円日割り
以後ずーと3500円
3年総額129500円
安い!
2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し、海外利用もOK。
BroadWiMAX
2年以上利用で安い、乗り換え補助ありWiMAXならおススメ
初月2726円
37ケ月~4011円
3年総額131352円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
DTI WiMAX2+
3年目から安い長期契約で安い
初月0円
37ケ月~3760円
3年総額130430円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
カシモWIMAX
長期利用で安いが旧端末
初月0円
37ケ月~4079円
3年総額130368円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックなしで月額安いコース
3年までは安い4年から高くなる
初月2170円
37ケ月~4263円
3年総額124830円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
So-net モバイル WiMAX 2+
若干高めだがサポート充実2年10カ月~最新機種へ無料変更あり
初月0円
37ケ月~4379円
3年総額145656円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+
37100円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう
初月3609円
37ケ月~4263円
3年総額155769円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
BIGLOBE WiMAX 2+
23000円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう
初月0円
37ケ月~4380円
3年総額156310円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
UQ WiMAX
WiMAX本家で料金高い、13000円キャッシュバックあるが、キャッシュバックメンドウ
初月3696円
37ケ月~4380円
3年総額160008円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら

モバイル回線おすすめ表の詳しい解説はこちらです。

モバイルWi-Fi安さ無制限で比較おすすめ・WiMAX、4G LTEのモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi

2019年からは、どんなときもWiFiのような速度制限なし、使い放題の完全無制限のモバイルWi-Fiが多数出来てきました。

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

ゲームも動画もバリバリやっている・ヘビーユーザー


一人暮らしのネット回線通信費節約・光回線


ゲームも動画もバリバリやっているヘビーユーザーは、これはもうインターネット回線の契約は、光ファイバーでの高速回線しかないですね。

光回線は、最近では安くなってきました。NTTにKDDI au、地域ごとの電力会社やケーブルテレビ会社などがやっている光回線などいろいろあります。

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、NURO光を使ってます。

光回線の料金もこなれてきて、だいたい月に5000円くらいで光回線が引けるようになってきました。

光回線のいいところは、高速なのと、WiMAXやテザリングのように速度制限は一切ありません。インターネット回線の契約としては最強です。

本当のつなぎ放題、使い放題です。回線が混雑してネットがつながらないと言ったトラブルは、私の経験ではありません。

自室のネット回線では、光回線が一番安定しています。

高速通信の速度は100Mbpsからあります。最近では2Gbps、10Gbpsと言った超高速をうたっているNORU光というインターネット光回線まであります。

プロバイダ料金やルーター代金までコミコミです。

NURO光は、関東、関西、中部東海、九州の一部、北海道圏限定のサービスなので、この地域で一人暮らしをするのなら、「超高速インターネットNURO 光」はいいと思います。

超高速でプロバイダー料金やルーター機器までセットのコミコミで安く提供されています。

だいたい光回線を選んだ時の相場として、料金的には光回線で5000円、スマホの格安SIM代金で1000円~3000円で、合計6000円~8000円といったところで、一人暮らしの通信費がまかなえるでしょう。

この場合は、一人暮らしでなくても家族持ちでも同じです。

この料金に、スマホの人数分の費用が加わるだけです。通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ一家では、4人家族で1万円の通信費です。

光回線と格安SIMを上手に組み合わせれば、どこのご家庭でも可能です。

光回線についてはこちらのページで詳しく解説しています。



光回線を提供している先をまとめて紹介しておきます。


関東、関西、中部東海、九州、北海道地方で速い!安い!うまい!的な光回線はNURO光でしょ!

NURO(ニューロといいます。)

NURO光の特徴
  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。
  • これデメリット→エリアが関東、関西、中部東海、九州、北海道限定。

NURO光のサービスエリア
  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 九州2県:福岡、佐賀
  • 北海道

NURO光の詳しい記事はこちら

NURO光 世界最速2Gbps
NURO光本社取材記録・インターネット契約比較、工事内容など


NURO光の申し込みはこちら

NURO 光 今なら3万5千円キャッシュバック



通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋在住です。NURO光にしました。日本の光回線のなかでNURO光が、一番いいんじゃないかと思います。


NURO光を引いてみて実際の速度は、調子のいい時で1Gbps超えます。夜間の混み合う時でも100Gbpsは出ます。データ速度で困ることなくなりました。


NURO 光 今なら3万5千円キャッシュバック!


auスマホ持ちにはauひかりの組み合わせでメチャ節約

auスマートバリューでスマホと光回線をauに統一するとめちゃ安くなります。auひかりは、特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

  • 戸建て・5100円
  • マンション・3800円
  • auスマートバリューでauスマホ持ちには最大2000円割引で家族で10回線までOK

auひかりは代理店が乱立気味でキャッシュバックとか特典とかが、入り乱れています。比較したい方は、詳細ページへ、イチ押しのauひかりは、下記の申し込み先です。

auひかりの詳しい記事auひかりの申し込みページ

auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちらにもあります。

光コラボレーション・NTTフレッツ光とのコラボの選定方法
  • 光コラボレーションの方がプロバイダー料金コミで安い
  • 回線はNTTフレッツ光なので同じ
  • プロバイダー独自の特典サービスあり
  • 現在NTTフレッツ光の人は転用で光コラボへ
  • スマホとのセット割引で安くなるところを選ぶ
  • 高速ネットならIPv6に対応を選ぶ

NTTフレッツ光の光回線を直接契約するよりもプロバイダー経由の光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。


今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。


光コラボレーションを選ぶ判断は、スマホとのセット割引があるか、高速ネット回線が欲しい場合は、IPv6が使えるかです。


光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引があるかで、契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。


光コラボの中でauスマホとのセット割引が適用できるところ

So-net光コラボ、割引が多い

月額基本料金高そうだが、各種の割引が多いので安い。auスマホ持ちには光コラボなのにメチャ安くなる。

  • 戸建て・5700円
  • マンション・4600円
  • auスマートバリュー最大2000円10回線まで
  • 長割り30ヶ月契約約束で500円割引、さらに戸建て400円・マンション600円割引
  • IPv6に無料対応なので夜間も高速ネット

So-net光コラボの詳しい記事So-net光コラボの申し込みページ

ビッグローブ光・auスマートバリュー、au セット割、格安SIMとの割引

  • 戸建て・4980円
  • マンション・3980円
  • auスマートバリューOK、最大2000円の10回線まで割引
  • ビッグローブ光×au セット割1200円1回線のみ
  • BIGLOBEモバイル同時契約で300円割引
  • IPv6対応

ビッグローブ光の詳しい記事ビッグローブ光の申し込みページ


@nifty光・auスマホ割・ニフモ割引

  • 戸建て・5200円
  • マンション・3980円
  • auスマホセット割・1200円割引1回線分のみ(auスマートバリューではない)
  • 格安SIMのニフモとの割引・200円割引

@nifty光の詳しい記事@nifty光の申し込みページ


ソフトバンクスマホと光コラボのセット割引のあるところ

ソフトバンク光・ソフトバンクおうち割

  • 戸建て・5200円
  • マンション・3800円
  • キャッシュバックあり28000円など代理店多いので詳細ページを
  • ソフバンスマホおうち割1000円最大10回線までOK

ソフトバンク光の詳しい記事ソフトバンク光の申し込みページ


ドコモのスマホと光コラボのセット割引があるところ

ドコモ光・ドコモスマホとセット割引

  • 戸建て・5200Aタイプ、5400円Bタイプ
  • マンション・4000Aタイプ、4200円Bタイプ
  • ドコモセット割主回線のみでスマホ回線により金額まちまち
  • IPv6対応のプロバイダーを選ぶべし

下記申し込み先はIPv6対応。

ドコモ光の詳しい記事ドコモ光の申し込みページ


格安SIMと光コラボとのセット割引のできるところ

OCN光・OCNモバイル割引

  • 戸建て・5100円
  • マンション・3600円
  • 格安SIMのOCNモバイルとの割引・200円割引、5回線まで

OCN光の詳しい記事OCN光の申し込みページ


光コラボにポイントつくところ

楽天コミュニケーションズ光・楽天ポイント貯まる

  • 戸建て・4800円
  • マンション・3800円
  • 楽天スーパーポイントを毎月200 ポイント付与

楽天コミュニケーションズ光の詳しい記事楽天コミュニケーションズ光の申し込みページ


私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持


光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に

東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)

So-net コミュファ光


愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。


So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり。


auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。

関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応

価格もリーズナブルで1年間2953円~で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!

大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。

スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。
四国地方は、【ピカラ光】

愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。

インターネット申込みなら【ピカラ光.com】
NTTフレッツ光・NTT東日本、NTT西日本

NTT光回線の本家です。今では、NTTフレッツ光回線をプロバイダーなどの通信業者にインフラを卸て、プロバイダー名で販売を強化しています。これを光コラボレーションと言います。


しかし、光回線はNTTフレッツ光を直接契約して、プロバイダーをいろいろと変更してみたい方、会社組織で電話回線などNTT独自のサービスを必要としている場合、NTTフレッツ光の直接契約が必要です。


下記が月額基本料金で、ここから2年契約の割引を利用すると1000円ほど安くなります。

  • NTT東日本・・・戸建てタイプ5700円、マンションタイプ4350円
  • NTT西日本・・・戸建てタイプ5400円、マンションタイプ4500円

NTTフレッツ光の本家直接契約については、こちらで詳しく記事にしました。申し込み先も特典の多いところです。

NTTフレッツ光の詳しい記事NTTフレッツ光の申し込みページ

NTTフレッツ光で速度が出ないで悩んでいる人は、プロバイダーを変更しよう
Softbank Airは工事不要で無線高速ネット容量無制限

光回線ではありませんが、無線での高速インターネット回線です。Airターミナルに電源入れるだけで工事不要でネット使えます。WiMAXとの違いは、無線ですが、登録住所でしか使えません。

  • 月額4880円
  • ソフトバンクスマホとセット割で1000円割引、10回線までOK
  • 他社ネット回線や他社携帯会社からの乗り換え解約金還元制度あり
  • キャッシュバッあり

Softbank Airの詳しい記事Softbank Airの申し込みページ


まとめ


一人暮らしのインターネット回線の契約を見てみました。インターネット回線とスマホの組み合わせで、パターン別に通信料金の違いをまとめてみました。

大学進学、就職、転職といった場面での新生活で一人暮らしを始める人が多いでしょう。

テレビよりもネットで動画を見たり、新聞も読まなくなり、ネットでニュースを読んだりする人が増えています。

ニュースもエンターテイメントもネットが主要な媒体になってきました。現代では、ネット回線無しでは生活が成り立たなくなっています。

ですから、一人暮らしの生活にもインターネットの契約をして、ネット回線を初めから設置することが欠かせません。

新生活での一人暮らしを始める場合にインターネット回線をなるべく安く設置する方法を探ってみました。

自室に設置するインターネット契約回線のパターン再掲です。
  • ライトユーザー・ほとんど自室でパソコンを使わない。スマホもほとんど使わない。
  • ミドルユーザー・ネットはレポートや仕事での情報収集程度。スマホはそこそこ使う。
  • ヘビーユーザー・ゲーム、動画中心。

スマホや携帯電話の通信費節約については、格安SIMと格安スマホの組み合わせで驚異的な通信料金節約が可能です。

それらの節約術はこちらにまとめてあります。


このページでは、一人暮らしのアパートやマンションなど、自室でのネット回線に焦点を当てて、ネット利用のパターンに大ざっぱに当てはまるネット回線の種類をまとめてみました。

私も息子や娘の大学進学で、子ども達に一人暮らしをさせるためにいろいろと工夫をして節約をした経験があります。

そんな経験から、これから大学進学、就職などで新生活の一人暮らしをする人の、ご本人やご家族のために、お役に立てればと思いこのページをまとめました。

ご紹介したページなどをさらりと読んで頂ければ、格安スマホやWiMAX、光回線などの相場や組み合わせでどうすればいいかは、おわかりになれると思います。

一人暮らしの通信費節約のご参考になれば幸いです。

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ



このエントリーをはてなブックマークに追加                

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、ポケットWi-Fiでネット契約見直しパターン集

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

TOPへ