サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

格安SIMカードとは、格安スマホへの道・MVNOと格安SIM講座第2回

格安SIMカードとは、格安スマホへの道・MVNOと格安SIM講座第2回

 

毎月払っているスマホ、携帯電話の料金、安くなってきたとは言え、

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの場合、

 

なんだかんだと一人当たり5000円から1万円くらいかかります。

 

一家4、5人で2万円~4万円程度の家計支出が普通ではないですか?

 

自宅の光回線や固定電話などを入れると5万円ほども払っている家庭も多いでしょう。

 

まだまだ、通信費は、高額です。

 

これを何とかしたいと思いませんか?

 

ネット環境や通信の利用頻度と通信量によりますが、自分の通信の使用頻度を客観的につかめば、通信費用を劇的に安くする方法があります。

 

通信費節約の決め手は、格安SIMカードの導入

 

そのひとつが、格安SIMカードの導入です。

 

月額400円~3000円前後でいろいろな格安SIMカードがあります。

 

通信費節約で必要なものは、MVNO(仮想移動体通信事業者)というサービス会社と契約して、格安SIMカード手に入れること。

 

そして、格安SIMカードを使えるSIMフリー・スマートフォン本体が必要です。

 

  • MVNO(仮想移動体通信事業者)との契約
  • 格安SIMカード
  • SIMスリー・スマートフォン本体

 

まず、その仕組みです。

 

 

 

SIMカードとは

SIMカードはこれ

 

SIMカードとは、携帯電話やスマートフォンに内蔵されていて、通信契約者の情報が記録されているものです。

 

電話番号や契約情報などです。

 

これを使って通信局から出ている電波のなかから、端末を識別し通信網につなげる役目があります。

 

このSIMカードは、ドコモやソフトバンク、auなどの大手通信会社で携帯やスマホを契約すると、その端末機器にあなたの情報が記録されたものが差し込んであります。

 

MVNOの格安SIMカードへ

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのものとは別に、格安で通信サービスを販売している通信事業者のものに変更することで劇的に安くスマホを使うことができるようになります。

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)

 

格安通信サービス業者は、MVNO(仮想移動体通信事業者、Mobile Virtual Network Operator)といいます。

 

MVNO事業者が格安SIMカードを提供できる仕組みは、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの通信ネットワークをMVNO事業者が借り受けて、それを格安の条件で再販売するという形になります。

 

なんで、大手キャリアが、通信回線のネットワークを安く貸し出しているんだ!という質問は、ここではなしです。

 

説明がメンドウですから、ここではスルーしてください。

 

自分の通信網を外部にレンタルしているのはNTTドコモの携帯電話網だけでしたが、最近は、KDDI auとソフトバンクもMVNO(仮想移動体通信事業者)向けに回線を提供し始めました。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの通信網を使うので、それぞれの通信規格にあったスマホの機種しか使うことができません。

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)の仕組み

 

このへんのことは、携帯やスマホの通信をするには、SIMカードが必要で、MVNOという事業者が格安のSIMカードを販売していると理解すれば十分です。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの通信規格にあったスマホを準備

 

MVNO事業者がau、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの通信ネットワークをレンタルして格安SIMカードを販売し、

 

それぞれの通信規格にあったスマートフォン本体にそのSIMカードを射し込んで通信を行うというかたちになります。

 

つまり、MVNO(仮想移動体通信事業者)は格安SIMカードのみを販売している業者で、スマホ本体は自分で用意する必要があります。

 

SIMカードとスマホのセット販売も多くなった。

 

しかし、最近では、各MVNO(仮想移動体通信事業者)が、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのようにSIMカードとスマホ本体のセット販売を始めています。

 

スマホ本体については、ドコモのものをいままで使用していた人は、そのままそれを活用できます。

 

auのスマホは、au系のMVNOの格安SIMが使えます。

 

softbankのスマホは、softbank系の格安SIMがつかえます。

 

それ以外の方でも、SIMフリーと言われるスマホや中古や新古品のau、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリア系スマホがたくさん流通しています。

 

そららを自分で入手するという手もあります。

 

スマホの中古や新古品ならこちらのネットショップでたくさん扱われています。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤもよく使っているお店です。

 

 

格安SIMカードはなぜ安い?

 

格安SIMをなぜ安く提供できるのかというと、格安にするかわりに通信速度に制限があったり、

 

高速に通信ができても月や日にち単位で通信量の上限に制限を設けていたり、なんらかの制限を設けているために安い価格を実現できています。

 

しかし、動画を1日中みたり、ゲームをバリバリやっているようなヘビーユーザー以外は、普通に使えるデータ通信の品質です。

 

スマホの使用条件に自分の利用状況が合致すれば、格安でのスマホ運用が可能というわけです。

 

もともとデータ通信専用でMVNOが誕生した。

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)が、提供するサービスの格安SIMは、もともとデータ通信専用のもので、音声通話は含まれていませんでした。

 

スマホでネット環境を作るだけでした。

 

データ通信専用で電話機能をつけるには、IP電話という050番で始まる電話回線アプリを利用する必要があります。

 

Lineとかスカイプなどはこれにあたります。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアが提供している携帯電話網を利用した電話とは違います。

 

 

音声通話付きの格安SIMカードの誕生

 

しかし、現在では、MVNO(仮想移動体通信事業者)のサービスには、データ通信に加えて携帯電話網を使った通信品質の良い音声通話付きの電話機能が加わったサービスも標準になりました。

 

音声通話付き格安SIMカードとう呼び方で販売されています。

 

音声通話付きになると、オプション料金で700円程度の月額料金が増えます。

 

LINEやスカイプ、IP電話でデータ通信専用の格安SIMでも電話はできる。

 

また、データ通信だけの格安SIMでも、基本料金無料のスカイプやLineなどの音声通話アプリを利用しての通話機能を利用してその代用にすることもできます。

 

データ通信回線を使うIP電話では、電話番号も050番で始まる番号を割り振りネットのデータ通信を利用した電話番号も手に入れることができます。

 

050番での電話も、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの070、080、090で始まる電話番号や固定電話との相互通信も普通にできます。

 

通信速度と通信量や音声通話のサービスの組み合わせはMVNO事業者の種類で様々なサービスが提供されるようになっています。

 

それらのサービスを上手に組み合わせて、月額400円程度からのスマホ運用が可能です。

 

MNPナンバーポータビリティーも可能になった。

 

さらに、いままで使っていた携帯電話番号もMNPナンバーポータビリティーで引き継ぐことのできる「音声通話付きSIMカード」も各社から発売され始めました。

 

音声通話付きSIMカードとは、大手携帯会社の携帯電話網を使うので、音声品質が、データ通信網を使うIP電話より格段に良くなっています。

 

ますます、通信費節約の条件が整いつつあります。

 

利用状況に合わせて格安プランを選ぶことができる

 

通信速度とデータ量の制限をもう少し詳しくみてみると、MVNO事業者の格安SIMに対応したものは、データ通信速度が、最低のところで150kbpsから250kbps前後の速度になっています。

 

これは低速回線になりますが、少しネットで調べ物をしたりメールを送る程度なら大丈夫な速度です。

 

LTEの高速回線を使った通信については、利用できるデータ量よって月額が違います。

 

1GBで500円程度、3GBで900円程度、5GBで1200円程度の相場になっています。

 

このへんの通信速度やデータ容量に関しては別ページで解説します。

 

低速でのネット環境は使い放題というサービスがほとんどです。

 

これにプラスして、150Mbpsクラスの高速通信ができるかわりに通信量を制限して1ヶ月に1GB~50GBと容量を決めて高速通信ができるようにしているコースがあります。

 

そのデータ量を使い切った以降は、低速の150kbpsから250kbpsとなる通信量制限タイプなどに分かれています。

 

通常、外で動画や音楽などをバンバンダウンロードしなければ、1GB~2GBもあれば十分なデータ量です。

 

今では、ほぼ全てのMVNO(仮想移動体通信事業者)が、番号ポータビリティーに対応したMNPのできる格安SIMを販売しています。

 

通信速度制限、通信量制限が自分の使用状況で許容できて、音声通話をどのような方法で行うかを選び、格安でのスマホ運用を始めることができます。

 

総務省の発表では、スマホの高速通信パケット利用量の調査では、日本人の平均的な利用量が月間1.6GBだそうです。

 

ですから、1GB~2GB程度の高速パケットオプションがあれば、ほとんどの人は十分と言うことです。

 

まとめ

 

  • SIMカードが必要
  • MVNOという事業者が格安のSIMカードを販売している
  • SIMスリースマホ本体を準備する必要あり
  • 格安にするかわりに通信速度と量に制限がある
  • スカイプやLineなどの音声通話アプリを利用しての通話機能可能
  • 050番で始まる番号を割り振りネットのデータ通信を利用した電話番号も可能
  • MNPナンバーポータビリティー可能な音声通話付きSIMカードもあり
  • SIMフリースマホと格安SIMカードとのセット販売もあり

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのバカ高いスマホ通信料金をなんとか節約したい場合には、

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)が、提供している格安SIM(低価格SIM)で、SIMフリースマホを持つと言う道があります。

 

携帯電話としての機能は、データ通信網を使ったIP電話やLINE、Skypeなどを活用した電話料金を節約する方法と、

 

音声通話付きSIMを導入して、今まで使っていた携帯電話番号をMNPナンバーポータビリティーで移動して使う方法があります。

 

音声通話付きSIMカードでは、新規での090番や080番で始まる携帯電話網を使った電話番号も入手することが可能です。

 

SIMフリースマホを選ぶ知識が無かったり、面倒な場合は、SIMフリースマートフォン本体とSIMカードとのセット販売もあり、便利になってきました。

 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 




このエントリーをはてなブックマークに追加        

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、モバイルWi-Fiでネット契約見直しパターン集

TOPへ