サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

ASUSTek ZenFone 5国内正規品買いました。

2014年11月8日ついにASUSTek ZenFone 5を手に入れました。

 

しばらく前から、国内版のASUSTek ZenFone 5が、日本国内LTE高速回線に対応して技適マークをとって発売されるといううわさを聞いていました。

 

予約注文を入れていたら、日本発売当日にちゃんと我家へ届きました。

 

こんな箱で届きました。

 

ASUSTek ZenFone 5外箱写真

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、もともとfreetel FT132Aという1万円くらいの格安スマホを使っていました。

 

freetel FT132Aは、安くてよかったんですが、やっぱり安いだけあってショボイスマホでした。

 

アプリは入らないし、データ通信は遅いし、時々切れるしで、まあ、家族間くらいで使うにはいいのですが、仕事で音声通話が切れるのは困るので、とうとう、機種変をすることにしました。

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIM(低価格SIM)の場合は、SIMフリーのスマホなら、いつでも機種を変更することが出来ます。

 

今回は、日本初上陸のZenFone 5です。値段が安いわりには、高機能、高性能、iPhoneを思わせるような外観と高級感ということで期待して注文しました。

 

現物が届いてみると、噂どうりの外観で気に入りました。これから、いろいろと、いじり回して、外観だけでなく性能の評価をしていきたいと思います。

 

 

ZenFone 5をとりあえず外観の写真だけ

 

ASUSTek ZenFone 5外箱のふたを開けたところ
ASUSTek ZenFone 5外箱のふたを開けたところ

 

ASUSTek ZenFone 5箱を空け内容物を確認です。
ASUSTek ZenFone 5箱を空け内容物を確認です。

 

マイク付きイヤフォンです。ASUSTek ZenFone 5箱を空け内容物を確認です。
マイク付きイヤフォンです。ASUSTek ZenFone 5箱を空け内容物を確認です。

 

電源アダプター。ASUSマーク入りです。
電源アダプター。ASUSマーク入りです。ASUSTek ZenFone 5箱を空け内容物を確認です。

 

USBコネクター。これもASUSマーク入りです。
USBコネクター。これもASUSマーク入りです。ASUSTek ZenFone 5箱を空け内容物を確認です。

 

耳に合わせてスペアーのイヤフォンクッションの予備です。
耳に合わせてスペアーのイヤフォンクッションです。ASUSTek ZenFone 5箱を空け内容物を確認です。

 

ZenFone 5の背面です。ゴールドですが、ややシルバーがかったつや消し光沢です。
ZenFone 5の背面です。ゴールドですが、ややシルバーがかったつや消し光沢です。

 

ZenFone 5の前面です。ゴリラガラスが光ってます。
ZenFone 5の前面です。ゴリラガラスが光ってます。

 

ZenFone 5の背面カバーを開けるとっかかりがあります。
ZenFone 5の背面カバーを開けるとっかかりがあります。

 

ZenFone 5の背面カバーを開けたところです。
ZenFone 5の背面カバーを開けたところです。

 

SIMカードを入れるところ。
ZenFone 5の背面カバーを開けたところです。SIMカードを入れるところ。

 

カメラとSDカードを入れるところ。
カメラとSDカードを入れるところ。ZenFone 5の背面カバーを開けたところです。

 

側面の電源スイッチとボリュームスイッチのカバーを外したところ。
側面の電源スイッチとボリュームスイッチのカバーを外したところ。ZenFone 5の背面カバーを開けたところです。

 

ZenFone 5の背面です。深みのあるゴールドでいい感じです。
ZenFone 5の背面です。深みのあるゴールドでいい感じです。

 

ZenFone 5のスペックとか詳しい紹介はこちらでやってます。→「ASUS_Zenfone5スマホSIMフリー

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には、特にメーカーとかデザインとかこだわりはないんです。

 

普通にスマホとして使えて、携帯電話の代わりになればそれでいいんですが、今まで使っていたfreetel FT132Aが、安くてよかったんですが、やっぱり半年ほど使ってダメだと思いました。

 

freetel FT132Aも使えないことはないんですよ。安いわりに頑張ってます。機能を限定して、家族間のIP電話やLINE、メールだけくらいにしておけば、まあ、使えます。が、やっぱり使えません。が、使えます。でもやっぱり、もうちょっと素直に動いてくれるスマホがいいです。

 

そんな、わけで格安スマホといっても3万円くらいは出して、このZenFone 5か、もうすこし奮発してNexus5くらいのスマホにした方がいいと思います。

 

ZenFone 5もNexus5も値段のわりには、高機能です。人気の機種です。今回はZenFone 5に挑戦です。

 

これから基本設定やなにやらやりますので、その都度記事にまとめていきたいと思います。

 

実は、妻のスマホも先日買い換えました。Nexus5です。もともとは、夫婦でfreetel FT132Aを2台買って、私が使い方を教えて過ごしていましたが、やっぱりショボイスマホということで、二人とも機種変です。

 

それにしても、やっぱり格安SIMでの機種変は簡単です。大手キャリアのように面倒な機種変手続きなんかいりません。

 

SIMカードを入れ替えるだけです。簡単です。

 

初期設定とかは、次回です。

 

ZenFone 5のスペックとか詳しい紹介はこちらでやってます。→「ASUS_Zenfone5スマホSIMフリー

 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ



このエントリーをはてなブックマークに追加                

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、ポケットWi-Fiでネット契約見直しパターン集

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

TOPへ