サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

格安SIMカードが使えるスマホはどれ、どこで売っている?

格安SIMカードが使えるスマホはどれ

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)の提供する格安SIMは、大手携帯電話会社のSIMロックのかかっていない、SIMフリー端末で使う事が出来ます。

 

SIMフリースマホ、SIMロックについては、こちらで詳しく解説しています。「SIMフリースマホってなに?」「SIMロックってなんのこと?そもそもSIMって何?SIMロックがなぜダメなの?

 

簡単に言うと、au、ドコモ、ソフトバンクの大手携帯電話会社キャリアの携帯は、通信回線の契約と同時にスマホや携帯端末も購入するのが普通になっています。

 

各社のスマホ、携帯端末は、その会社のSIMカードしか使えないようにSIMロックという鍵をかけています。

 

他社のSIMカードを挿入しても通信が出来ないようになっています。その端末に格安SIMを入れても使えないわけです。

 

 

ドコモ、au、ソフトバンク、Emobile端末は一部が格安SIMカードが使える

 

ドコモの端末については、格安SIMを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)のほとんどが、ドコモの通信回線を借り受けてつかっているので、ドコモ製品のスマホや携帯の場合は、ほとんどが使う事が可能です。

 

また、auもmineoのSIMカードは使うことが出来ます。mineoはKDDIのau回線を利用しているMVNO(仮想移動体通信事業者)なので、通信規格が合っているので使う事が出来ます。
しかし、auの通信回線でも4GLTEの回線に対応している機種のみなので注意が必要です。同格安SIMで利用できるのはLTE通信だけであり、3G通信では利用できません。auのLTEがつながらない非接続地域に住んでいる場合は、利用できません。

 

ソフトバンクの販売している機種については、古い機種の一部端末のみ有料ですがSIMロックの解除に応じています。

 

現在のYmobileの前身であるEmobileで販売されていた端末は、ほとんどがSIMフリー端末なのでSIMフリー端末として市場に出回っています。

 

通常はSIMフリー端末

 

格安SIMを使うためには、通常は、SIMロックのかかっていないSIMフリー端末を準備することになります。

 

通常のMVNO(仮想移動体通信事業者)では、SIMカードのみを販売して、スマホや携帯端末との抱き合わせ販売を行っていません。

 

最近では、イオンやビッグローブなどでは、端末本体と格安SIMとの抱き合わせ販売も初心者向けに行っています。

 

通常は、SIMフリー端末を自分で準備して、MVNO(仮想移動体通信事業者)から、格安SIMを購入し、通信回線の契約をWEB上でおこないます。

 

このへんの手順や実践記録は、「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録」にしっかりとまとめてあります。

 

 

SIMフリー端末はどこで売っているのか

 

それで、SIMフリーのスマートフォン本体をどこで手に入れればいいかです。

 

今までは、通信回線と通信機器本体を携帯ショップで買うのが当たり前でしたが、格安SIMカードを入れるSIMフリーのスマホ本体は、携帯ショップでは売っていません。

 

このSIMフリー端末ですが、最近では、一部の家電ショップなどでも売り出しています。ドコモやEmobileの中古端末などでMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMカードを使う事の出来る端末も家電店やパソコンショップなどで販売されています。

 

一番入手が楽で、品揃えがいいのがやはり、ネットを利用した通販店です。

 

私の知る限りで一番品揃えが良くて対応もいいところが、イオシスという通販店です。先日、妻のNexus5を買いました。ショップの案内もわかりやすく、対応も良かったです。SIMフリー端末を販売しているお店では通常、保証がないところが多いのですが、イオシスは保証もあったりして安心です。

 

AmazonでもSIMフリースマホが販売されていますが、スマホのスペックがはっきりしなかったり、Amazonが直接販売している物ではなく、Amazonのマーケットプレイスといって、Amazonに参加しているネットショップが販売しているところがほとんどで、保証が不明だったり送料がまちまちだったりと不安が残ります。

 

今のところ、いいと思うのはイオシスという通販店です。

 

値段も安いものが多くそろっています。中古品から新品までいろいろとあってほとんどの機種はここで見つかります。

 

イオシス

 

 

中古のパソコンもここは沢山あつかっているので助かります。業務用のWindows7PCなどは、中古でよければ2万円~3万円で販売されてます。

 

 

「格安SIMカードが使えるスマホはどれ、どこで売っている?」まとめ

 

格安SIMカードを挿入して通信の出来る端末は、SIMフリー端末ということになります。

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)の提供する格安SIMは、大手携帯電話会社のSIMロックのかかっていない、SIMフリー端末で使う事が出来るということをまとめました。

 

例外として、ドコモ、au、ソフトバンク、Emobile端末は一部が格安SIMカードが使えるものがあります。
通常はSIMフリー端末を自分で準備して格安SIMカードを入手して自分でセッティングすることになるということです。

 

格安SIMカードが使えるスマホはネットで探すのが便利ということなどをまとめました。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ




このエントリーをはてなブックマークに追加                

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、ポケットWi-Fiでネット契約見直しパターン集

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

TOPへ