サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

iPhone6買いました。

iPhone6

 

現在のiPhone市場は、iPhone6あたりが、中古、新古品市場でたくさん出回っています。

 

 

ここで探せば新古品でも安いです。

 

イオシス

 

以下の記事は、2014年9月19日に全世界同時発売したiPhone 6の当時の購入日記です。

 

SIMフリー版iPhone 6で色はゴールド、容量は64GBです。

 

 

 

iPhone 6購入、そして届いて開封まで

 

そして待つこと、2週間ほど(iPhone 6が発売した19日からだと一週間ほど)。

 

ついに念願のiPhone 6が家に届きました!
ヤマト運輸で届きました。
iPhone 6の入った宅急便の箱

 

 

中を開けてみるとこんな感じ
iPhone 6の入った宅急便の箱を開けたところ

 

 

この白い箱のなかにiPhone 6が入っています。
iPhone 6の外箱 iPhone 6の外箱の底

 

 

開けてみます。
蓋を持つだけです~と抜けていきます。
iPhone 6の外箱を開けるところ

 

 

開きました。
iPhone 6の外箱を開けたところ

 

 

おおおかっこいいですね!
箱に入ったiPhone 6

 

 

裏はこんな感じ。
iPhone 6の裏側(ゴールド)

 

 

更に蓋をあけるとこんな感じ。

 

SIMスロットを開けるピンとアップル製のイヤホン、PCとiPhoneをつなぐための片方がライトニング端子でもう片方がUSB端子になっているケーブル、そして電源アダプタ。

 

電源アダプタは先程のケーブルのUSB端子をつなげるところがあって、電源アダプタとケーブルをつなげることによって充電するためのケーブルになることができます。
iPhone 6ひとセット

 

 

全部出してみました。いいですね!眺めているだけでも満足感があります。
iPhone 6ひとセットを取り出したところ

 

 

さて、こんな感じでiPhone 6を購入したボクですが、まだ使い方についてよく知らないので、これから使い方についていろいろ調べなければなりません。
これからは、ボクが調べて実際にiPhone 6を使った記録をすべてこのサイトに記していこうと思っています。iPhone 6買ったけど使い方がよくわからないとか、iPhone 6買おうか悩んでいる人にボクの書いた記事が参考になればと思います。
ボクの購入したiPhone 6はSIMフリー版なので、SIMフリーでiPhone 6を運用していく実践記録も記していきたいと思います。
それではごきげんよう。シム・ヒカリでした。

 

ネットでのiPhone 6入手先

 

現在SIMフリー版のiPhone 6を購入することができるサイトを紹介しておきます。

 

 

Apple Store

ひとつはボクと同じようにApple Storeで購入する方法。
Apple Store : http://store.apple.com/jp

 

Amazon

もう一つは少々割高にはなりますが、Amazonで購入する方法。

 

普段Amazonを利用している方なら、問題なく購入することができるので安心です。

 

 

 

イオシス(iosys)

 

安くスマホを手に入れたいのなら、このお店もおすすめです。中古といってもほぼ新品に近いものがそろっています。

 

イオシスのモットーが「けっこう安い」というキャッチフレーズがなかなかいい感じですね。

 


 

 

 

iPhone 6購入、そして開封の体験談のまとめ

 

iPhone 6が世に出てから2週間ほどたちました。

 

先日やっと届きましたので、iPhone 6の開封するところを写真とともにお届けしました。

 

iPhone 6は値段も少し高いですが、実際に届いたものを見てみるとネット上の商品写真で見るよりもずっと高級感があって満足です。

 

持った感触も、手のひらにひんやりとアルミの温度が伝わってきて、iPhone 6を持っているという実感がはっきりと分かります。

 

初スマートフォンのボクにとっては少々高い買い物ですが、普段の生活でずっと使うものなので、これからしばらくはiPhone 6と一緒に生活できると思うと胸が高鳴ります。いい買い物ができたと思います。

 

これから、iPhone 6を実際に運用していくわけですが、ボクはSIMフリーで運用しようと考えています。
大手のキャリアは最低でも月額通信費が6000円以上になってしまい、高すぎます。
格安SIMで運用することによって1000~2000円程度で運用して、快適なスマホライフを堪能しようと思います。

 

格安SIMなら月額の通信費を格段に抑えることができるので、ボクのように少々高めの機種に手をだすことができると思います。

 

みなさんもぜひ気に入った機種を手に入れてください!

 

ネット上でiPhone 6を手にいれられるサイトとして、Apple Store、Amazon、EXPANSYS、イオシス(iosys)を紹介しておきましたのでぜひご活用ください。

 

EXPANSYS、イオシス(iosys)についてはどこよりも豊富な種類のスマホ機種を取り扱っているので、いろんな機種を比較検討するのに便利です。オススメです。

 

 

シム ヒカリ




このエントリーをはてなブックマークに追加        

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  1. SIMフリースマホを安く手に入れる
  2. 安く高速な光回線で無線Wi-Fi環境構築パケット節約
  3. そして、外でのスマホの通信費を安くする
  4. モバイル回線で究極の通信費節約(独り暮らし向き)
通信費節約4つの戦略・光回線、格安SIM、ポケットWi-Fiでネット契約見直しパターン集

こちらのページでは、完全無制限のモバイルWi-Fiのみを調査して比較した表をまとめました。

TOPへ