サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

インターネット接続契約の相談増と新聞に出ていました。

インターネット接続契約の相談増と新聞に出ていました。

先日、スマホ契約の相談計数が増えているという記事を書きました。「スマートフォンに関係する相談件数が増えている。やっぱりね。」。

 

そしたら、今朝の朝刊(中日新聞)に「インターネット接続契約 相談増」という見出しで報道されていました。ネットの接続契約でも似たような感じナンですね。

 

愛知県内の話ですが、インターネットの接続を販売している代理店とかが、虚偽の説明でトラブルを起こしていると言う報道です。

 

だいたいが、通信回線の契約というのは携帯電話やスマホもそうですが、ネット全般に言えることは、名称がカタカナ用語で会社ごとにそれぞれ変なサービス名をつけたりしたわかりにくいんです。

 

 

料金と契約内容の関係が、わかりにくい、いろいろあって、結局、いくらかかるのか、何ができるのかがよく分かりづらいところがあります。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの自宅にも「ネット回線が安くなります」とか「電話料金が安くなります」とかしょっちゅう勧誘電話がかかってきます。

 

私は、その辺の知識は人よりありますので、全部断って、自分で判断して最良のコースでネット回線も携帯スマホ回線も整えています。しかも、格安でベストな通信状態です。一家で固定電話、光回線、スマホ全部合わせて月1万円で済ませています。普通のご家庭では、3万円~5万円といったところでしょう。

 

ここに至るまでに相当研究しました。

 

そうなんです。

 

研究しないと分からないんです。

 

携帯、スマホ、インターネットの回線は、どこを、そうすれば良いのかを知るには、「研究」しないと分からないんです。

 

こういう世界は、ルールを作っている側が得するようにできています。ですから「研究」して立ち向かわなければ消費者は無駄なお金を払い続けるような仕組みになっています。

 

是非、是非、このサイトをちょくちょくご覧になって、賢い消費者になって下さい。

 

話をもどして、新聞記事の話です。

 

2014年6月14日付けの中日新聞によると

 

今年三月に相談した六十代女性は、自宅を訪ねてきた業者から「ネット回線のお得なプランを案内している。明日までがキャンペーン期間中」と契約をせかされた。女性は既に契約している回線のプラン変更の話だと思い込んで契約したが、後に別の業者だと気付いた。

 

とか、

 

四月に相談した三十代の男性は、大手電話会社のサポートセンターを名乗る業者から「契約中のプロバイダーの名称が変わる。料金も安くなるので切り替えを」と電話で勧誘され、契約した。

 ところが料金は安くなっておらず、不審に思って窓口に相談。結局、業者は大手電話会社ではなく、料金などの説明も事実と食い違っていたという。

 

とか書いてありました。

 

私の自宅にかかってくる電話と似たような感じですね。

 

時々、時間のあるときにこういった電話がかかってきたときに、ちょっと相手をしてやろうと思って話をしてみると、だいたいがこちらの契約内容を掌握していないで、単純に一律にNTTの光回線から乗り換えると安くなりますよといった内容です。だいたいが、全部嘘をつく電話は少ないですがね。

 

NTTのフレッツ光でも2年縛りの割引をはじめているので、今となっては、他社との違いはたいしたことはありません。

 

ネット情報弱者に大げさな口調で嘘をいうのはだめですね。本当のことならいいのですが、技術的な事は、普通の主婦やお年寄りには分からないことばかりです。

 

ですから、電話で「安くなるから」「安くなるから」と言われると中には、契約する人が出てきます。しかし、その中身を理解していないので、あとから不満が出てきます。

 

あまり理解していない状況で、実は、そんなに安くなっていないといった結果になると不満になります。電話では、勧誘員が本当のことをただ「大げさ」にいっていただけで、嘘ではないケースでも、トラブルの元になります。

 

私のところにも、迷惑なほど毎日のように何らかの勧誘電話がかかってきますので、通信回線については、わかりにくいところを、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの「研究」成果をまとめて、わかりやすく公開しようと、このサイトを立ち上げた次第です。

 

今は、一人一台の携帯やスマホの時代ですから、自宅の固定電話は、ほとんどこういった勧誘電話の受信機になっています。

 

もう固定電話は必要ないですね。

 

インターネット接続契約の相談増と新聞に出ていたので、思うところをまとめました。勧誘電話受信機と化した固定電話回線は不要になってしまったという結論です。

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ