サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

IIJmioみおふぉん・ドコモ系au系の格安SIMあり相互シェアも可能というのは他社にないね

IIJmio高速モバイル/Dサービス

 

iiJmioです。

 

iiJmio本家のサイトはこちらです。→IIJmio

 

IIJとは、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)のことです。設立20年以上の通信関連会社としてしっかりした会社です。

 

IIJmioの格安SIM(低価格SIM)サービスは、基本のデータ専用SIMカードと携帯電話網で電話のできる音声通話付SIMカードの2種類になります。

 

データ専用SIMカードは高速データ通信の月容量別にわかれて、さらにSMS機能付きか、無しかに分かれます。

 

音声通話付SIMは、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアが発行するSIMカードと基本機能は同じなので、SMS機能も付いています。

 

 

IIJmioの料金詳細

データ通信SIM料金
iijmioのデータ通信SIMプラン料金詳細

データ通信SIM、SMS付き料金
iijmioのデータ通信SIMプラン、SMS付き料金詳細

音声通話SIM料金
iijmioの音声通話SIMプラン料金詳細

 

コース別に、ミニマムスタートプランで3GB、ライトスタートプランで5GB、ファミリーシェアプランで10GBのコースがあります。

 

SMS付きはデータ通信SIMの値段に月額140円上乗せになります。

 

音声通話付きSIMが3GBのミニマムスタートプランで1600円からあります。プランそれぞれにデータ通信SIMの料金に月額700円プラスです。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの料金コースでは、5000円程度はかかります。

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)の提供する格安SIM(低価格SIM)では、音声通話付を選べば、同程度の機能で半額以下の金額になります。

 

どこのMVNO(仮想移動体通信事業者)でも1600円~2000円程度の金額で音声通話付SIMカードを提供しています。

 

高速通信についても、日本人の平均的な高速通信利用量は月に1.6GBですから、2GBもあれば十分です。

 

IIJmioの特徴、ドコモ網とau網を選ぶことができる

 

格安SIMは、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの通信網インフラを借りて運営しているスマホ携帯のSIMカードになります。

 

一番多いのが、ドコモ系列の格安SIMです。

 

IIJmioの場合は、ドコモ網とau網の通信インフラを利用することができます。手持ちのスマホが、対応しているSIMカードを選ぶことができます。

 

IIJmioはドコモ網とau網の相互でシェアできる

 

しかも、ファミリーシェアのプランで、家族で一つの契約を分け合ってデータ容量と使う場合でも、ドコモ網とau網を同一プラン内でシェアできるようになっています。

 

通信制限について

 

しかし、注意も必要です。ほとんどのMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する音声通話付SIMカードやデータ通信専用のSIMカードも、3日間の縛りがあります。

 

これは、たとえば高速通信のできる容量が3GBあるといっても、いっぺんにそれを使うことができなくなっています。

 

普通のMVNOの場合は、直近の三日間で366MBを超える高速通信を行うと、低速回線に切り替わってしまいます。

 

しかしIIJmioの場合は、データ通信の容量が残っている状態の通信(いわゆる高速通信)ではこのようなことはありません。

 

その点は3日縛りのないOCN モバイル ONEと同じです。

 

ですが、IIJmioは、ちょっと特殊で、低速回線での通信時(SIMカード毎に、データ通信残量がない、または高速通信をOFFにしている状態(最大200kbpsでの通信時))に直近3日間で366MBを超えると更に速度が制限されるみたいです。

 

これはどれくらい制限されるのかは正直わかりません。

 

なぜこのようなことをするかというと、おそらくは低速回線の容量上限が無いことをいいことにネットを1日中使いまくる人を防止するためだと思います。

 

IIJmioにはありがたいことに低速回線の時もページの読み込みの際、最初の数秒間だけ高速回線で読み込んでくれる「バースト機能」というものがあります。

 

これがあれば低速回線でもWebサイトの閲覧がけっこうスムーズなのです。

 

そんな便利機能が標準搭載されているために、低速回線での使いすぎを防止する低速回線時の3日の縛りがあるのだと思います。

 

これはIIJmio系列の「DMMモバイル」でも全く同じです。

 

DMM mobileの解説→DMM mobile・SIM480円業界最安値に挑戦してるけど

 

低速回線時も制限のないMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTコミュニケーションズのOCN モバイル ONEもそうです。

 

OCN モバイル ONEについて→OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのバカ高いスマホ通信料金を払い続けることに疲れた人たちは、これからますます、音声通話付きの格安SIMへ移動をしていくと思われます。

 

それに合わせて、MVNO(仮想移動体通信事業者)のサービスも充実していくことになると予想しています。

 

料金的には、音声通話付SIMが1600円から、データ通信専用のSIMカードが900円からというところに落ち着いています。

 

SIMフリースマホと格安SIM(低価格SIM)の組み合わせで、スマホの通信費節約が劇的に安くなります。

 

格安SIMの上記の相場より、業界最安値を追求しているのは、DMMmobileです。480円からのコースを設定しています。

 

LINEモバイルも500円でLINEの通信費は別で使い放題というコースがあります。

 

 

まとめ

 

今回は、iiJmio・mio高速モバイル/Dについて音声通話付きSIMカードについてみてみました。

 

iiJmioは、高速データ通信容量もはやくから、3GBや5GBを打ち出して人気がありました。

 

格安SIM業界の老舗と言ったところでしょうか。

 

SIMカードを3枚発行できるファミリシェアプランもあります。

 

格安SIMのスマホは、あまり電話はしない人で、友人や家族間での電話は、LINE通話で済ませているといった場合には、スマホ料金の節約に使えるSIMカードになります。

 

多くのMVNO(仮想移動体通信事業者)が誕生してきました。iiJmioの料金体系も、他社のMVNOとそんなに変わりません。

 

データ専用SIMカードで900円から、音声通話付SIMで1600円からというのが相場になってきました。

 

あとは、高速データ通信の容量や、手続のしやすさ、管理サイトの使いやすさなど選択する点はいろいろありますが、だいたいのサービスがこなれてきた感じはします。

 

音声通話付の格安SIMカードが沢山出てきましたので、今後も見逃せない格安SIM(低価格SIM)です。

 

iijmioの詳細はこちらです。→IIJmio

 

 

格安SIMを導入して通信費節約の詳しい記事


最後に毎度書きますが、通信料金の節約全般を理解したいときは、こちらに詳しくまとめてあります。


他社の格安SIMも一覧で比較検討できるようにまとめておきます。

格安SIMのMVNO比較一覧

とにかく安くしたいというライトユーザー、初心者向け

公式ページ

詳しい記事

DMMモバイル

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM

b-mobile

b-mobileはソフトバンク系格安SIM、990円から音声通話付きあり、ソフバンスマホ持ちの通信費節約に

携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの格安SIMは低価格で5枚発行家族シェア、低速でもバースト機能で速くブラウジング快適

DMMモバイル

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。au系

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

楽天モバイル

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ最低速度1Mbps、電話かけ放題

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioみおふぉん・ドコモ系au系の格安SIMあり、相互シェアも可能

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

NifMo

NifMo(ニフモ)の格安SIM

イオンモバイル

イオンスマホはサポートがあって初心者向き格安スマホ・格安SIM

nuro mobile

nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも

今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け。新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEモバイル500円で子供にスマホを持たせる方法・SNS放題Music放題

格安スマホ「TONE」

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話オプションでMNP

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの格安SIMは低価格で5枚発行家族シェア、低速でもバースト機能で速くブラウジング快適

DMMモバイル

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。au系

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

楽天モバイル

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる、スーパーホウダイ最低速度1Mbps、電話かけ放題

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioみおふぉん・ドコモ系au系の格安SIMあり、相互シェアも可能

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

NifMo

NifMo(ニフモ)の格安SIM

イオンモバイル

イオンスマホはサポートがあって初心者向き格安スマホ・格安SIM

nuro mobile

nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも

b-mobile

b-mobileはソフトバンク系格安SIM、990円から音声通話付きあり、ソフバンスマホ持ちの通信費節約に

U-mobile

U-mobileは大容量データ通信SIMが安いです。

外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け

公式ページ

詳しい記事

LINEモバイル

LINEと他SNS使い放題、LINEMUSIC放題で音声通話SIM大容量もありなら安い

格安スマホ「TONE」

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話オプションでMNP

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)ってどうよ?ほんとに安いか?通信品質は?格安SIMとの違いは?

U-mobile

U-mobileは大容量データ通信SIMが安いです。

nuro mobile

nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも

UQ mobile

UQmobileは5分かけ放題が安くて家族割引もあるね。500Kbpsで使い放題あり。au系

一人暮らし向きにはWiMAXとの併用で固定回線並みに→WiMAXを比較

 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPへ